モスラの歌 モスラの歌の概要

モスラの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/02 15:37 UTC 版)

モスラの歌
ザ・ピーナッツシングル
B面 インファントの娘
リリース
規格 シングルレコード(EP)
録音 1961年
ジャンル J-POP
映画挿入歌
レーベル キングレコード
作詞・作曲 由起こうじ、大槻秀樹、古関裕而
ザ・ピーナッツ シングル 年表
浮気なあいつ
1975年
モスラの歌
1978年
テンプレートを表示

映画『モスラ』をはじめとする映画に登場する怪獣モスラのテーマソングとして、広く知られる。

概要

映画『モスラ』の中で小美人が歌う、モスラを呼び出すための歌。作中では架空の島「インファント島」で発見された石碑に書かれた碑文と言う設定である。

「モスラ」といえばこの歌ということもあり、モスラが登場する映画にはそれぞれにアレンジされたバージョンが劇中歌として流れるが、第一作目の主題歌は「インファントの娘」という別の楽曲であった。

作詞者の由起こうじ田中友幸本多猪四郎関沢新一の3人の共同ペンネームで、本多監督によると、歌詞は日本語で書かれ、大槻秀樹によってインドネシア語へ翻訳され、完成歌詞となる。歌詞の原稿は古関裕而記念館に展示されているほか、内容は新潟大学の公式サイトで解説されている[1]

上記の話が最も有力ではあるが、実在する言葉なのか、意味のある詩なのかなどの疑問に対して、ネット上でも、

インドネシアの留学生に日本語の歌詞を見せて作らせた
「ゴジラ 見る人/創る人」より、中野昭慶特技監督の話によると、助監督たちが仏語で原詩を作り、それを英語読みにし、さらにエスペラント語にし、それを歌ったものを逆再生して文字に起こしたもの

などと、今でも諸説が語られている。

オリジナルバージョン

  • 作詞:由起こうじ
  • インドネシア語訳詞:大槻秀樹
  • 作曲:古関裕而
  • 編曲:古関裕而
  • 歌:ザ・ピーナッツ伊藤エミ伊藤ユミ
  • 使用作:『モスラ』、『モスラ対ゴジラ』(曲なし)
  • 1978年5月にキングレコードからシングルレコードとしてモノラル音源で発売された後、ステレオ録音の音源が発見され、1995年発売の『「モスラ」オリジナル・サウンドトラック完全盤』に初収録された。

高田弘アレンジバージョン

渡辺俊幸アレンジバージョン






「モスラの歌」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モスラの歌」の関連用語

モスラの歌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ワモンキセワタ

Wind NetBook U100 Vogue

橈骨

ヘルツ

松樹図鐔

グランディス

膳所城跡公園

3Pプラグ





モスラの歌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモスラの歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS