正岡子規とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 正岡子規の意味・解説 

まさおかしき まさをか- 【正岡子規】 ○

1867~1902俳人歌人松山市生まれ本名常規別号獺祭(だつさい)書屋主人竹の里人など。新聞日本」・俳誌ホトトギス」によって写生による新し俳句指導,「歌よみに与ふる書」を著し万葉調を重んじ,根岸短歌会興す。また写生文による文章革新試みるなど,近代文学史上大きな足跡を残した。著「竹の里歌」「俳諧大要」「仰臥漫録」など。

正岡子規 まさおか しき

正岡子規の肖像 その1
正岡子規の肖像 その2
慶応3年9月17日明治35年9月19日1867~1902)

愛媛生まれ俳人歌人。父は松山藩士。帝国大学文科大学中退明治25年(1892)日本新聞社入社、「日本紙上中心に文学活動行い俳句短歌革新運動を進め写生論を提唱した。日清戦争従軍後に喀血病床生活を送るなか、『俳諧大要』(1895~連載、1899刊)を著し俳誌ホトトギス」を指導31年(1898)には「歌よみに与ふる書」を連載して短歌革新着手し、根岸短歌会主宰著作句集寒山落木』(1924)、歌集竹の里歌』(1904)などがある。門下高浜虚子伊藤左千夫らがいる。

キーワード 文学者
号・別称 獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん) , 竹の里人(たけのさとびと) , 常規(つねのり)
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 獺祭書屋俳話 / 獺祭書屋主人正岡常規, 1893 (日本叢書) <YDM87184>
  2. 獺祭書屋俳話 / 正岡子規著 . 2版 日本新聞社, 明28.8 (日本叢書) <YDM87185>
  3. 獺祭書屋俳話 / 正岡子規著 . 増補3版 弘文館, 明35.11 (日本叢書) <YDM87186>
  4. 行脚俳人芭蕉 / 正岡子規著 文淵堂, 〔明39〕 <YDM86900>
  5. 吾輩ハ猫デアル. [1], [2], [3] / 夏目漱石著 大書店, 明38-40 <YDM95777>
  6. 子規句集 / 瀬川疎山編 文山堂, 明41.10 <YDM87070>
  7. 俳諧三家集 秋,冬之部 / 堀野与七堀野与七, 明42.9 <YDM301421>
  8. 子規句選 / 千葉(保)編 内外出版協会, 明44.7 <YDM87071>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

正岡子規

読み方まさおか しき

俳人歌人。名は常規別号獺祭書屋主人・竹乃里人等。東大国文科中退初め政治を志したが、哲学次いで文学転じる俳諧新たな史的考察によって俳句革新を志し、次いで歌よみに与ふる書」を発表短歌革新にのり出し高浜虚子らの「ホトトギス刊行支援した。また写生文の必要を説いて優れた随筆発表するカリエスによる長い病床生活を送ったが、その精力的活動により、俳句短歌近代文学としての位置確立した。明治35年(1902)歿、34才。

正岡子規

正岡子規の俳句

あたたかな雨が降るなり枯葎
ある僧の月を待たずに帰りけり
いくたびも雪の深さを尋ねけり
この頃の蕣藍に定まりぬ
しぐるるや蒟蒻冷えて臍の上
しんとして牡丹崩るる夜中哉
つり鐘の蔕のところが渋かりき
のどかさやつついて見たる蟹の穴
みちのくへ涼みに行くや下駄はいて
をととひのへちまの水も取らざりき
イモウトノ帰リ遅サヨ五日月
一匙のアイスクリームや蘇る
一桶の藍流しけり春の川
三千の俳句を閲し柿二つ
五月雨や上野の山も見あきたり
何となく奈良なつかしや古暦
元日の人通りとはなりにけり
六月を奇麗な風の吹くことよ
四時に烏五時に雀夏の夜は明けぬ
夏嵐机上の白紙飛び尽す
夏瘦の骨にとどまる命かな
夕立や殺生石のあたりより
妻よりは妾の多し門涼み
小夜時雨上野を虚子の来つつあらん
市中や苗代時の鯰売
幾度も雪の深さを尋ねけり
我声の風になりけり茸狩
我宿は女ばかりのあつさ哉
押分けて行けは行かるる萩の原
春の夜や屏風の陰に物の息
春や昔十五万石の城下哉
春雨のわれまぼろしに近き身ぞ
春雨や傘さして見る絵草子屋
春風にこぼれて赤し歯磨粉
春風や阿波へ渡りの旅役者
朝霧の中に九段のともし哉
林檎くふて牡丹の前に死なん哉
枯薄ここらよ昔不破の関
柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
梨むくや甘き雫の刃を垂るる
毎年よ彼岸の入りに寒いのは
活きた目をつつきに来るか蠅の声
漱石が来て虚子が来て大三十日
牡丹画いて絵の具は皿に残りけり
痰一斗糸瓜の水も間に合はず
眠らんとす汝静かに蠅を打て
砂の如き雲流れ行く朝の秋
秋風や伊予へ流るる汐の音
稲妻や生血したたるつるし熊
糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
 

正岡子規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/19 04:38 UTC 版)

正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日慶応3年9月17日) - 1902年明治35年)9月19日)は、日本俳人歌人国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに(のぼる)と改めた。




[ヘルプ]
  1. ^ 森鴎外などとの交際は、「遼東五友の交わり」と称された。その五友とは、鴎外、『新聞 日本』の中村不折、『読売新聞』の河東銓(かわひがし せん。俳人河東碧梧桐の兄)、久松定謨、子規の5人である。佐谷眞木人『日清戦争』、54頁(講談社現代新書、2009年)。なお、子規と鴎外の交際は、没するまでつづいた
  2. ^ 中国の故事「杜鵑の吐血」にちなむ。長江流域に(秦以前にあった)という傾いた国があり、そこに杜宇という男が現れ、農耕を指導して蜀を再興し帝王となり「望帝」と呼ばれた。後に、長江の氾濫を治めるのを得意とする男に帝位を譲り、望帝のほうは山中に隠棲した。望帝杜宇は死ぬと、その霊魂はホトトギスに化身し、農耕を始める季節が来るとそれを民に告げるため、杜宇の化身のホトトギスは鋭く鳴くようになったと言う。また後に蜀がによって滅ぼされてしまったことを知った杜宇の化身のホトトギスは嘆き悲しみ、「不如帰去」(帰り去くに如かず。 =帰ることが出来ない)と鳴きながら血を吐いた、と言い、ホトトギスのくちばしが赤いのはそのためだ、と言われるようになった。
  3. ^ a b 『水戸紀行』国立国会図書館デジタルライブラリー等で閲覧可能
  4. ^ 正岡子規, 『墨汁一滴』, 春陽堂, 1932年.
  5. ^ 処女作追懐談 夏目漱石青空文庫
  6. ^ 漱石と自分 狩野亨吉青空文庫
  7. ^ 明治2年1月金沢生まれ。明治26年東京帝国大学卒業後大学院在学中の明治30年3月29日腹膜炎で死亡
  8. ^ 『「哲学雑誌」と漱石』 金沢大学文学部論集. 文学科篇, 8: 1-37金沢大学情報デポジトリー
  9. ^ 「哲学雑誌」124号、125号
  10. ^ 「それがどうした 男たちの流儀 第264回」伊集院静。週刊現代 2015年5月23日号 p68-69
  11. ^ 熱血!平成教育学院」(フジテレビ
  12. ^ 池井(1976年) p.37
  13. ^ 城井(1996年) pp.118-119
  14. ^ 城井(1996年) p.102
  15. ^ 君島(1972年) p.75
  16. ^ 殿堂入りリスト|公益財団法人野球殿堂博物館
  17. ^ 正岡子規, 『香雪紫雲』, 春陽堂, 1932年.
  18. ^ 子規記念博物館の展示でも確認できる。
  19. ^ 末延芳晴『従軍記者正岡子規』=12= 愛媛新聞 2010年2月7日付
  20. ^ a b c d e f g h 『差別用語』(汐文社、1975年)p.76-77
  21. ^ 『筆まかせ』 95頁
  22. ^ 『筆まかせ』 97頁







正岡子規と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「正岡子規」の関連用語

正岡子規のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三島通庸

井上良智

亀井英三郎

佐佐木信綱

三浦安

郡司成忠

小疇伝

前島密





正岡子規のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正岡子規 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS