子規とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > ホトトギス > 子規の意味・解説 

し き [1] [2] 【子規】


しき 【子規】 ○

正岡まさおか子規

ほととぎす 【〈杜鵑〉・〈時鳥〉・〈子規〉・〈不如帰〉・〈杜宇〉・〈蜀魂〉・〈田鵑〉】

[3] ( 名 )
カッコウ目カッコウ科全長30センチメートル尾羽長い背面灰褐色腹面白色で黒い横斑があるウグイスなどの巣にチョコレート色の卵を産み抱卵子育て仮親託す鳴き声鋭く,「テッペンカケタカ」などと聞こえる。夏鳥として渡来し,山林繁殖して東南アジアに渡る。古来文学伝説多く登場し,卯月(うづき)早苗(さなえ)・あやめ橘鳥・時つ・いもせ・たま迎え・しでの田長(たおさ)などの異名がある。 [季] 夏。 《 -平安城筋違に /蕪村
(「時鳥草」「杜鵑草」「油点草の文字当てるユリ科多年草丘陵低山の湿った場所に生える。高さ約60センチメートル互生し,狭長楕円形基部を抱く。秋,葉腋白色紫斑がある花を一~三個ずつつける。花被片は六個。和名は花の斑をの胸の斑に見立てたもの。ほととぎすそう[季] 秋。
枕詞
が飛ぶ意から類音地名「飛幡(とばた)」にかかる。 「 -飛幡の浦にしく波のしくしく君を/万葉集 3165

ほととぎす 【時鳥・杜鵑・不如帰・子規】

カッコウ目カッコウ科。名は鳴き声からつけられ、スはを表す接尾語昼夜ともに鳴き、その声は悲痛聞こえるので種々の伝説を生んだ。飢饉の時、兄が盲目の弟に先に食物を食べさせ、自分粗末な物で我慢していたのに、弟は邪推して兄を殺して腹を裂き、腹中に少しの粗物よりなかったので驚き、化してホトトギスとなって悔い鳴くのだとの伝説もその一つ兄と弟逆になっている場合もあり、東欧中国日本にもある話。日本では、死出の山から来たともし、鳴き声をまねると死ぬなどとする。→ 死出の山

子規

読み方:ほととぎす

  1. 禿げ頭をいふ。子規の鳴く声は「てつぺん禿げたか」といふより、それにかけたる洒落
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

子規

読み方:ホトトギスhototogisu

ホトトギス科の

季節

分類 動物


子規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/11/17 07:38 UTC 版)

子規







子規と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「子規」の関連用語

子規のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プラティケリウム・ブルーミー

F-4くるみ機

リボンアオサ

600形

利尻礼文サロベツ国立公園

しまゆり

蓮野の棚田

ユミナリヤドカリ





子規のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子規 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS