芥川龍之介とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 芥川龍之介の意味・解説 

あくたがわりゅうのすけ あくたがは- 【芥川竜之介】 ○

1892~1927) 小説家東京生まれ。号,澄江堂主人我鬼など。東大卒第三次・第四次「新思潮同人。「鼻」で夏目漱石激賞され,才気あふれるさまざまな作風短編小説書きつぐ。「何か僕の将来対する唯ぼんやりした不安」を抱いて服毒自殺作品羅生門」「芋粥」「地獄変」「河童」「歯車」など。

あくたがわりゅうのすけ 【芥川竜之介】

大正期小説家東京生まれ東大英文科卒。『今昔物語』に取材したり、切支丹物を作ったり、宗教とは無縁でなかった。自殺した床には『新約聖書』があったという。童話蜘蛛の糸』は、ポール-ケーラス仏教説話因果の小車』が典拠。(一八九二~一九二七)→ 宗教文学

芥川竜之介

作者小島政二郎

収載図書小島政二郎全集 第3巻
出版社日本図書センター
刊行年月2002.2


芥川龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/13 05:37 UTC 版)

川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年明治25年)3月1日 - 1927年昭和2年)7月24日)は、日本小説家。本名同じ、号は澄江堂主人ちょうこうどうしゅじん、俳号は我鬼。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 長女の急死が原因であったと推測されることがある。
  2. ^ 防衛省防衛研究所図書館史料閲覧室が所蔵する海軍記録『職員進退録』に、芥川の自筆履歴書が残る。2010年現在、複写した履歴書の写真が同室に展示されている。個人情報なので、アジア歴史資料センターでのネット公開の対象外である。
  3. ^ 西川は弁護士であったが偽証教唆の罪で失権し、刑務所に収監され、出所後に自宅が半焼した際に直前に多額の保険金をかけていたことや家屋の2階押入の二箇所からアルコール瓶が発見されたことから保険金詐欺目的の放火が疑われていた。

出典

  1. ^ 神の罠, 36頁
  2. ^ 神の罠, 38.178頁
  3. ^ 関口 1992, p. 213
  4. ^ 芥川龍之介 「入社の辞」、1919年3月。
  5. ^ 海軍兵学校物語, p. 73
  6. ^ 関口 2010, p. 52
  7. ^ 川端康成 「芥川龍之介氏と吉原」
  8. ^ 神の罠, 39頁
  9. ^ 山崎光夫 『藪の中の家』 中公文庫、2008年。(第四章六 - より)
  10. ^ {http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1172662/15 『侏儒の言葉』芥川龍之介「小兒」「武器」1939年版(検閲による削除あり)国立国会図書館所蔵}
  11. ^ {http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1180947/16 『侏儒の言葉』芥川龍之介「小兒」「武器」1927年版(検閲による削除なし)国立国会図書館所蔵}
  12. ^ 神の罠, 40.177頁
  13. ^ 神の罠, 178-179頁
  14. ^ 芥川龍之介 「或旧友へ送る手記」、1927年7月。
  15. ^ 久世番子『よちよち文藝部』文藝春秋、2012年10月、152-153頁
  16. ^ 菊池寛 「芥川の事ども」、『文藝春秋』1927年9月号。
  17. ^ a b 片野 2006, p. 15-16
  18. ^ 芥川龍之介 「わが俳諧修業
  19. ^ 吉野裕之緑いろの何か-あるいは、芥川を撃った赤い光」、『歌壇』1996年6月号。
  20. ^ 天満ふさこ 『「星座」になった人 芥川龍之介次男・多加志の青春新潮社2007年ISBN 978-4-10-304971-5
  21. ^ 2007年8月15日放送「世界バリバリ★バリュー」、2008年4月20日放送「大胆MAP」より


「芥川龍之介」の続きの解説一覧





芥川龍之介と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

芥川龍之介に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「芥川龍之介」の関連用語

芥川龍之介のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐久間象山

出羽重遠

桂太郎

長谷川好道

西周

黒岩涙香

夏目漱石

内村鑑三





芥川龍之介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芥川龍之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS