石橋秀野とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 石橋秀野の意味・解説 

石橋秀野

石橋秀野の俳句

あたたかやむかし一文菓子うまし
しまひ花火窓流行歌ぶちまけて
とびからす病者に啼いて梅雨寒し
ひとかゝへ濯ぐより蟬鳴きはじめ
ひるの蚊の打ち得ぬまでになりにけり
ゆく秋やふくみて水のやはらかき
下萌やあしたゆふべを端折着
傘さげて使ひあるきや曼珠沙華
卯の花腐し寢嵩うすれてゆくばかり
大夕燒惡寒に鳴らす齒二十枚
大夕燒消えなば夫の歸るべし
大寒の殘る夕日を市の中
妻なしに似て四十なる白絣
新じやがや子をすかす喉すでに嗄れ
春寒や燭にまむかふ顔三つ
春暁の我が吐くものの光り澄む
柳絮とぶや夜に日に咳いてあはれなり
梅雨じめり痩せ骨三月よこたへて
梅雨の雷子にタン壺をあてがはれ
梳る必死の指に梅雨晴間
汗と涙こも?黄黄こぼし合掌す
火のやうな月の出花火打ち終る
烏賊食めば隠岐や吹雪と暮るるらん
熱出しの廿日あまりに花了る
片よせて宵寢の雨戸夜の秋
病み呆けて泣けば卯の花腐しかな
短夜の看とり給ふも縁かな
立雛にすがるの腰のなかりけり
緑なす松や金欲し命欲し
芋煮えてひもじきままの子の寝顔
菊火照り英霊かへる街せはし
蟬時雨子は担送車に追ひつけず
蟬時雨子は擔送車に追ひつけず
衣更鼻たれ餓鬼のよく育つ
裸子をひとり得しのみ禮拜す
西日照りいのち無惨にありにけり
遠花火とりすがれるは夕布團
門柳鬼ごとあそび暮れて猶
風花や傘に澁刷く小手のさき
鮎打つや石見も果ての山幾つ
 

石橋秀野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/20 19:26 UTC 版)

石橋 秀野(いしばし ひでの、1909年2月19日-1947年9月26日)は、俳人。俳句評論家山本健吉の妻。


  1. ^ 久松潜一、他著「現代日本文学大辞典」明治書院。松井利彦編「俳句辞典・近代」桜楓社。「俳句増刊・現代俳句辞典」角川書店。


「石橋秀野」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

石橋秀野に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「石橋秀野」の関連用語

石橋秀野のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SH004

ロ-ルドアスファルト舗装

もち米

フォンティナ

シルバニアン

チュウシャクシギ

AT-401型

アワビ





石橋秀野のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石橋秀野 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS