鶏頭の十四五本もありぬべしとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 現代俳句一覧 > 鶏頭の十四五本もありぬべしの意味・解説 

鶏頭の十四五本もありぬべし

作 者
季 語
季 節
秋 
出 典
俳句稿 
前 書
 
評 言
 
評 者
 
備 考
 

鶏頭の十四五本もありぬべし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/25 02:44 UTC 版)

鶏頭の十四五本もありぬべし」(けいとうのじゅうしごほんもありぬべし)は、正岡子規俳句1900年9月に子規庵で行われた句会で出された句であり、新聞『日本』11月10日号に掲載、同年『俳句稿』に収録された[1]季語鶏頭(秋)。「鶏頭が十四、五本もあるに違いない」ほどの意味で[2]、一般に病に臥せていた子規が病床から庭先の鶏頭を詠んだ句だと考えられている。元来評価の分かれている句であり、昭和20年代にはこの句の評価をめぐって鶏頭論争と言われる論争が起こり[3]、以後も現代に至るまで俳人や歌人、文学者の間でしばしば論議の対象となっている。


  1. ^ 宮坂、401頁
  2. ^ 宮坂、405頁
  3. ^ a b c 金井景子 「鶏頭論争」『現代俳句ハンドブック』 187-188頁
  4. ^ 林、314頁
  5. ^ 林、317頁
  6. ^ 宮坂、402頁
  7. ^ 大岡、388頁
  8. ^ 林、317頁
  9. ^ a b 宮坂、403頁
  10. ^ a b 林、338頁
  11. ^ 林、322頁
  12. ^ 坪内、212頁
  13. ^ 林、338-339頁
  14. ^ 山本、108頁
  15. ^ 林、340頁
  16. ^ 林、340-341頁
  17. ^ 山本、109頁
  18. ^ 山本、109-111頁
  19. ^ 林、342頁
  20. ^ 大岡、388-391頁
  21. ^ 大岡、391頁
  22. ^ 林、346-368頁
  23. ^ 高山れおな 「鶏頭論争もちょっと」『―俳句空間―豈weekly』 2010年1月18日(2012年3月15日閲覧)
  24. ^ 山口優夢 「鶏頭論争もちょっと、にちょっと」『―俳句空間―豈weekly』 2010年1月31日(2012年3月15日閲覧)


「鶏頭の十四五本もありぬべし」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鶏頭の十四五本もありぬべし」の関連用語

鶏頭の十四五本もありぬべしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バーデン・バーデン

貼箱

U-125A

アフガン針

びなす

つづら淵

家入一真

木和田川一号流路工





鶏頭の十四五本もありぬべしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鶏頭の十四五本もありぬべし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS