林桂とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 林桂の意味・解説 

林桂

林桂の俳句

いまだ序曲/鞄の中の/鏡の/宿曜
いもうとの平凡赦す謝肉祭
かの日かの浜昼顔の翳りかな
きさらぎの林檎に夜の浮力くる
この恋に生きなば麦の金の禾
ガラス器の藍色深く恋ひにけり
クレヨンの黄を麦秋のために折る
ボーイソプラノ以後の歳月月見草
今日のムギュー!/朝日の/ムギュー/木霊父さん
今は昔/父在り/母在り/蚕時雨あり
僕が主人公の童話を語る冬薔薇
初恋もカンブリア紀も遠くなる
制服に林檎を磨き飽かぬかな
受話器からしやぼんの如き母の声
右翼手は雲になりたき春の風
唄ふ唇が/夜空に/老いて/老いゆく世紀
土明かり朝の/綿蟲/昼の泣き虫
夜桜にひとりでゐると耳が散る
字童子沢の/蟹の/背渡る/赤光よ
学帽でさくらを散らす遊びせり
山河ひとつに父母ひとり花慈姑
放課後のポプラの幹を笑ひあふ
月光や海の匂ひの花田兄
桃に/続いて/山流れくる/どんぶらこ
水槽の海月の翳が顔にある
水芭蕉昼の銀河はみづいろに
水に濡れつつ/水に/水浮く/秋の暮
水より高きに/肉を/量りて/暮春かな
海に遠く/海に/向く坂/風しぐれ
焼野匂へり/遠く//性慾花のごとし
父母がゐて嬉しき昔よ大旦
真昼間の夏草のなか海へ行く
真昼間の/ 中也の/友の/短靴よ
筆の花/空の/十五歳を浦霞
純愛の友よ下宿にシャツを吊る
腹に/臍/赦して以後の/記憶術
自転車を落花のもとに集めけり
葉渡りの/風の/命を/産む茎茎立
薔薇園の/白鳥へ/舵/われら海賊
薔薇に優るセナの憂愁 無帽の日
薔薇の暗部の/父てふ/母てふ/開脚よ
藻の花も桃もやはらか妹よ
蟬も/蜻蛉も/乾いて生きる/風の暮
金箔師/鯉師の//深雪暮かな
銀製の蟬を/埋めて//父とは忘却
雪渡りせむとて生まれ出でたるに
雪降るや影を消しつつ父ひとり
風花は額の花よ母の國
鬼てふ/現の/涯が来てゐる/秋の暮
鳩も椿も/海も/真水も/濡れてゐる
 

林桂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/25 02:39 UTC 版)

林 桂(はやし けい、1953年4月8日 - )は、俳人。本名・政美。群馬県利根郡生。新潟大学法文学部卒。中学時代より作句、高校時代「歯車」「寒雷」に入会。高柳重信選の『俳句研究』50句競作に登場し注目される。1978年、澤好摩夏石番矢らと「未定」創刊。1998年、「吟遊」創刊に参加。2001年、水野眞由美らと「鬣TATEGAMI」創刊。




「林桂」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「林桂」の関連用語

林桂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



林桂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林桂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS