大井恒行とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 大井恒行の意味・解説 

大井恒行

大井恒行の俳句

されど空の藍に病みけり秋の風
わが祖国愚直に桜散りゆくよ
千羽鶴のその眼幾万幾億や
吹雪たる地に足焼きし裸足の子
天皇も守れる朝の味噌加減
日晒しの紙のこよりやわが祖国
木の中の水をのぼれる大気かな
楠のくすと応えし 風か 木か
 

大井恒行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/07 18:03 UTC 版)

大井 恒行(おおい つねゆき、1948年12月15日 - )は、山口県山口市出身の俳人。1967年、立命館大学俳句会に入会。赤尾兜子に師事し「渦」に投句、また「俳句評論」句会にも出席。1980年、攝津幸彦らとともに「豈」創刊に参加。1988年、総合誌『俳句空間』(弘栄堂書店)の編集長に就任、1993年まで務める。代表句に「針は今夜かがやくことがあるだろうか」等。「豈」同人。現代俳句協会会員。




「大井恒行」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大井恒行」の関連用語

大井恒行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大井恒行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大井恒行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS