澁谷道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 澁谷道の意味・解説 

澁谷道

澁谷道の俳句

いつまでも留守の鳥の巣あわき比良
うしろ手に花野夕山旅を閉じ
うれしさは老いて春着る臙脂墨
えんとつに雌雄のありし花野末
かなかなの澄みて雌雄のあるあわれ
こおどりして餠花くらき部屋通る
こがらしの紙の折目に花の種子
さくら散るうねりの下の淡水魚
さるすべり亡父と亡母逢う妬まし
ちる木槿ナイフフォークに軽いむらさき
つゆくさと瞬きあえばちいさき身
ひき返すべき風景や西行忌
ひと解きに砂落つごとし夏の帯
ふっと刃を当つる西瓜の赤道や
ほのぐらき電流曳けり大揚羽
また独り加賀は白萩より眩し
みえていて来ぬ夏鴨の青あたま
やすむ間も足長蜂の足ぢから
わたくしは辶に首萱野を分け
シャボン玉なかの歯車いそがしく
メス沈め湯が労働者として沸る
一茶忌や窪みもどらぬ旅しとね
三尊に広き四隅のさくら冷え
人去れば藤のむらさき力ぬく
伊賀こえて猿に小蓑をおとしだま
具足煮に梁ひくくしぐれけり
冬山中に天窓ありし甘美かな
冬最上あらあらしくも岐れずに
凌霄咲く絆はなくて深き空
凌霄濃し孤独にさとき鳥がいて
出羽薄墨めざめて人は爪を噛む
初春をのせ天秤の静止せる
初蟬のふと銀箔を皺にせる
初鰹はるかな沖の縞を着て
右手つめたし凍蝶左手へ移す
合歓ごしに鳥海うかぶいつかゆく
唄なくて最上川鳴る雪のまえ
嘴熱きおうむを肩に心太
回転扉ひらりひらりと黒炎天
坂それて六波羅密寺木の実降る
塔を攀じ見知らぬ鷹を抱くごとし
夏桔梗口すぼめしは針を吹く
夢見茣蓙巻きかかえねば失せやすき
大舞茸ごそりと採りしあとの風
婚礼や湖岸を通るだけの月
寒卵振ればちからのあるゆらぎ
山ゆるみ川あそぶなり郡上節
弛むとき厚着の麗子壁にいる
待つのみの夏の夜風にまじる砂
折鶴をひらけばいちまいの朧
 

澁谷道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 09:25 UTC 版)

澁谷 道(しぶや みち、1926年11月1日 - )は、俳人京都府京都市下京区麩屋町に生まれる。大阪女子高等医学専門学校に在学中、学生俳句会に参加し、精神科の教授であった平畑静塔の指導を受ける。1948年に同校卒業、のちに小児科内科澁谷医院を開設。この年に創刊された山口誓子の「天狼」に投句をはじめる。1949年、西東三鬼の雷光句会に参加。1952年「夜盗派」に同人参加。1959年「縄」創刊同人。1967年、橋閒石より連句の指導を受ける。1977年、金子兜太の「海程」同人。1978年、「白燕連句会」に入会し連句の実作を行う。1996年、俳句と連句の俳誌「紫薇」創刊同人代表となる。大阪市在住。




「澁谷道」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「澁谷道」の関連用語

澁谷道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



澁谷道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの澁谷道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS