八木三日女とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 八木三日女の意味・解説 

八木三日女

八木三日女の俳句

例ふれば恥の赤色雛の檀
満開の森の陰部の鰓呼吸
紅き茸礼賛しては蹴る女
赤い地図なお鮮血の絹を裂く
黄蝶ノ危機ノキ・ダム創ル鉄帽ノ黄
 

八木三日女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 01:23 UTC 版)

八木 三日女(やぎ みかじょ、1924年7月6日 - 2014年2月19日)は、大阪府出身の俳人、眼科医(医学博士)。堺市生まれ。本名・下山ミチ子。大阪女子高等医学専門学校(現・関西医科大学)卒。在学中、同医専に教授として在任していた平畑静塔に師事し俳句をはじめる。「激浪」「雷光」「梟」「夜盗派」「縄」を経て「海程」同人。1964年、同人誌「花」を創刊・代表を務める。




「八木三日女」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「八木三日女」の関連用語

八木三日女のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



八木三日女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの八木三日女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS