九頭竜川とは?

九頭竜川

伝説生きている青き川
九頭竜川は、福井県岐阜県境の油坂峠標高717m)に発し、九頭竜峡谷を経て大野盆地北流し、大野市勝山市との境付近左支真名川合わせ永平寺町鳴鹿にて福井平野入り、そこから西流します。そして、福井市高屋において左支日野川合流し、流れ北西に転じ三国町日本海に注いでいます。途中支川合わせる流域面積2,930.0km2流路延長116.0kmの北陸地方屈指の大河川となります。

九頭竜川・日野川に囲まれた福井市街地
九頭竜川・日野川に囲まれた福井市街地

河川概要
水系九頭竜川水系
河川九頭竜川
幹川流路延長116.0km
流域面積2,930.0km2
流域内人666,225
流域関係都県福井県岐阜県

九頭竜川流域図
○拡大図
1.九頭竜川の歴史
"九頭竜川は北陸地方屈指の大河川であるとともに、この地域を代表する「母なる川」として縄文弥生時代から現代まで、人々の生活と密接な関わり持ち親しまれています。"

 
九頭竜川流域は、本州日本海側のほぼ中央にあり、福井県嶺北地方位置しています。流域主流である九頭竜川は幹川流路延長116kmを有し、北陸地方屈指の大河川であるとともに、この地域を代表する「母なる川」として古くから人々の生活と密接な関わり持ち親しまれてきました。
恐竜の足跡の化石(勝山市)
恐竜足跡化石勝山市
九頭竜川がもたらす、みのり豊かな自然環境の中で生活していた古代人の足跡は、出土した縄文弥生時代土器石器あるいはそして古墳など様々な遺跡として、今に伝えられています。珍しいものとしては、昭和57年勝山市北谷町杉山の手層群で、約1億2千年前の恐竜化石発見されたことが挙げられます。この地は大和京の都近く北陸玄関口であったため、都の影響を受けつつも、風土調和した文化を育み、人を育て歴史を刻んできました。

また、九頭竜川は交通路としても利用され、山間部物資下流部、さらには河口三国湊集積されて東北蝦夷北海道)、あるいは大坂などにも運ばれました。一方東北蝦夷大坂などから物資三国湊集まり、川を上って方々越前の里へと運ばれました。こうして、流域の町やは川を軸に深い結びつきを持つようになり、遠く地域とも関わり持ち文化交流なされるようになっていきました。
紫式部の像(武生市)
紫式部の像(武生市
そして、流域からは娘時代武生で過ごした紫式部などを輩出する一方近松門左衛門松尾芭蕉など多く文人歌人がこの地を訪れ、この地方文化全国広めていったのです。
このように流域内には九頭竜川、日野川足羽川三大河川はじめとする河川人々との関わりを示す歴史文化などが、様々な形態で川にまつわる文化遺産として残されています。
2.地域の中の九頭竜川
"九頭竜川の豊かで良質は、コシヒカリに代表される福井平野米作り利用され、またお盆時期になると河原では精霊迎え灯籠流しといった信仰行事が行われ、地域社会と密接につながっています。"


灯籠流し (永平寺町 九頭竜川河原)
灯籠流し (永平寺町 九頭竜川河原
永平寺町の九頭竜川河原武生市では、毎年お盆祖先の霊を迎え供養し、幾日か家族とともに過ごすものとして精霊迎え行いお盆が過ぎればお送りするという信仰行事が行われます。精霊迎えには、川を通ってこの世へ来る霊もあり、川端に出て祖先の霊を迎えたり、山に行って祖霊を背に乗り移し、家の盆棚なり仏壇にこれを迎え入れたりします。そして、精霊送りには、灯籠流し精霊舟流しを行って、祖霊死者世界送り返します。
また、九頭竜川の名前の由来一つ伝えられている黒龍大明神伝説や、真名川名前の由来になった真名姫の伝説などの、流域河川まつわる民話伝説数多く残っています。

毛谷黒龍神社 (福井市毛谷)舟橋黒龍神社 (福井市舟橋)
毛谷黒龍神社 (福井市毛谷舟橋黒龍神社 (福井市舟橋


真名姫立像(大野市)
真名立像大野市
そして、干ばつ苦し人々雨乞い祭りや、また、大雨の時は川が氾濫被害が出ないように、が止むよう祈りをこめて伏せが行われていました。 このように、九頭竜川流域には、禊ぎ水神祭りや雨乞い祭りなど水や川・まつわる祭り数多く伝承されています。

福井が生んだ「コシヒカリ」
福井が生んだ「コシヒカリ
また、九頭竜川の豊かで良質コシヒカリに代表される福井平野米作りに、伏流した地下水豆腐、そば、地酒醤油作りにと、密接に地域社会とつながっています。
こうした事から、九頭竜川は古くから現在に至るまで、地域社会人々精神社会物質社会において非常に大切な役割を担っています。
3.九頭竜川の自然環境
"九頭竜川の中流域は、「アラレガコの生息地」として天然記念物指定を受けています。絶滅危惧種希少種危急種多く見られこうした事からも九頭竜川が豊かな自然に溢れている事がうかがえます。"

九頭竜川流域平成6年度に行われ植生調査結果によると、101638種の植物植生し、河川敷代表的植物種としては、上流水際ではツルヨシ・タチヤナギ・カワヤナギがみられ、下流部の水辺ではヨシ・ヒメガマ・マコモ、高水敷ではオギ・ススキ・ヨモギ・チガヤなどがあげられます。
確認された特定種としては、絶滅危惧種フジバカマ危急種のタコノアシ・ツクシガヤ・ミクリ・キンガヤツリ・ミズネコノオです。
動物環境では、平成5年度に行われ調査で、1434122種の鳥類確認されました。
代表的鳥類としては、冬季カモ類・カイツブリ類・カモメ類などが水面利用しています。また、ガン類・ワシタカ類が採食地・休息地として中州高水敷利用しています。
確認された特定種としては、国指定天然記念物でかつ希少種のコクガン・マガン・ヒシクイの3種希少種のチュウサギ・コハクチョウ・オシドリ・コアジサシ・オオジシギの5種、危急種としては、カンムリカイツブリ・チュウヒ・ミサゴ・オオタカの4種で、このうちオオタカ絶滅指定種です。
獣類水生ほ乳類モグラ目コウモリ目およびネズミ目のうち、ネズミ科を除くと1118種の分布確認されています。
昆虫類平成9年水辺国勢調査で、2綱17231科1,578種が確認され、春季および夏季にはコウチュウ目秋季にはチョウ目占め割合が高くなります。
九頭竜川・日野川足羽川など九頭竜川流域生息する魚種は、平成5年度の調査では58種が確認されました。
上流域には、イワナアマゴニジマスアユアブラハヤアジメドジョウカジカなどが生息しており、中流域には、フナヤツメ、カワヤツメアユタビラヤリタナゴニゴイカマツカシマドジョウヨシノボリカマキリカジカなどが生息しています。カマキリ福井では「アラレガコ」と呼ばれ、九頭竜川中流域の代表種であり、カジカ科属する頭の大きハゼに似た底生魚です。九頭竜川の大野市花房町から福井市舟橋新までの区間は「アラレガコの生息地」として天然記念物指定を受けています。


アラレガコ
アラレガコ

下流域には、カワヤツメナマズニゴイヒガイなどのほか、ボラスズキヌマガレイコノシロなどの汽水性の魚類がみられ種類も豊富です。
このように多く動植物豊かな九頭竜川の恩恵を受けて生命を育んでいます。
4.九頭竜川の主な災害

発生発生原因被害状況
昭和28年9月23日25台風13号前線をともなった台風13号による暴風雨で、九頭竜川流域日野川及び嶺南地方南川北川大災害となり、4市7町38災害救助法発動された。日野川では各所で破堤、越水したが特に日野川右岸三郎丸地先の破堤によって福井市西北部一部泥海化した。
昭和36年9月14日16日台風18号第二室戸台風台風18号)によって、水源山間部豪雨見舞われ、九頭竜川本川下流布施田および中角日野川深谷計画高水位越え大洪水となった。福井敦賀では明治30年以来の最低気圧観測し、台風接近時の強風によっても大きな被害発生した。
流失損壊家屋125棟、床上浸水家屋1740棟、床下浸水家屋2621棟。
平成10年9月22日台風7号台風7号による豪雨朝日町織田町宮崎村で、46棟が床上浸水し、60棟が床下浸水被害を受けた。日野川深谷地点警戒水位越えた。天王川越水した。

(注:この情報2008年2月現在のものです)

九頭竜川

読み方:クズリュウガワ(kuzuryuugawa)

所在 埼玉県

水系 荒川(東京都埼玉県)水系

等級 1級


九頭竜川

読み方:クズリュウガワ(kuzuryuugawa)

所在 福井県

水系 九頭竜川水系

等級 1級


九頭竜川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/12 15:15 UTC 版)

九頭竜川(くずりゅうがわ)は、日本福井県嶺北地方を流れる一級河川。九頭竜川水系の本流。流域面積2,930km²は福井県の面積の約70%にあたり、県のシンボルの一つとされている[1]




  1. ^ 福井の野菜と鮮魚がおいしい理由(『旬の里ふくい』Vol.32)


「九頭竜川」の続きの解説一覧





九頭竜川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「九頭竜川」の関連用語

九頭竜川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

肱川

姫川

江戸川

阿賀野川

石狩川

重信川

猪名川

川内川





九頭竜川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの九頭竜川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS