レファレンス協同データベースとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > レファレンス協同データベースの意味・解説 

レファレンス協同データベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/22 16:30 UTC 版)

レファレンス協同データベース(レファレンスきょうどうデータベース、略称:レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、レファレンスサービス支援のためのデータベースである。2013年8月31日現在で、593館が参加している[1]


  1. ^ レファレンス協同データベース事業 参加館一覧 国立国会図書館
  2. ^ レファレンス協同データベースとは? 国立国会図書館
  3. ^ レファレンス協同データベース事業平成17年度事業報告 (PDF) 国立国会図書館関西館事業部 図書館協力課協力ネットワーク係
  4. ^ レファレンス協同データベース事業 事業に参加するには 国立国会図書館
  5. ^ 「れはっち」くん(?)さん(?)はどうして「れはっち」という名前なのですか?(教員・児童・保護者)”. 国立国会図書館レファレンス協同データベース (2014年12月5日). 2015年1月15日閲覧。
  6. ^ 国立国会図書館レファレンス協同データベース”. 国立国会図書館レファレンス協同データベース (2012年10月30日). 2015年1月15日閲覧。
  7. ^ レファレンス協同データベース事業 刊行物等”. 2015年1月15日閲覧。
  8. ^ れはっちのおでかけレポート 第1回 ~伊万里市民図書館~”. 2015年1月15日閲覧。
  9. ^ れはっちのおでかけレポート 第2回 ~京都女子大学附属小学校図書館~”. 2015年1月15日閲覧。
  10. ^ れはっちのおでかけレポート 第3回 ~三重県立図書館~”. 2015年1月15日閲覧。
  11. ^ れはっちのおでかけレポート 第4回 ~ 国立国会図書館国際子ども図書館~”. 2015年1月15日閲覧。
  12. ^ レファレンス協同データベース事業 主な活動記録・予定”. 2015年1月15日閲覧。
  13. ^ 2014年11月5日のツイート(国立国会図書館関西館図書館協力課)


「レファレンス協同データベース」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

レファレンス協同データベースに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レファレンス協同データベース」の関連用語

レファレンス協同データベースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

縦棒グラフ

大内宿の自然用水

なぎなた

ポット

みかん運搬籠

アラバスタ

モノラル標準プラグ

アイカワタケ





レファレンス協同データベースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレファレンス協同データベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS