松尾芭蕉とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 俳人 > 松尾芭蕉の意味・解説 

まつおばしょう まつをばせう 【松尾芭蕉】 ○

1644~1694江戸前期の俳人伊賀上野生まれ。名を宗房。別号青・泊船堂・風羅坊など。仮名書き署名は「はせを」。藤堂伊賀侍大将家の嫡子藤堂良忠俳号蟬吟)の近習となり,その感化俳諧を学ぶ。良忠病没後,京都北村季吟師事。のち江戸下り俳壇内に地盤形成深川芭蕉庵に移った頃から独自の蕉風開拓した。「おくのほそ道」の旅の体験から,不易(ふえき)流行理念確立し,以後その実践を「細み」に求め晩年には俳諧本来の庶民性に立ち戻った「軽み」の俳風達した。俳諧文芸として高めた功は大きい。後世代表作を「俳諧七部集」に収める主な紀行日記に「野ざらし紀行」「笈(おい)小文」「更科紀行」「おくのほそ道」「幻住庵記」「嵯峨日記」などがある。

松尾芭蕉

読み方まつおばしょう(1644~1694)

江戸前期の俳人寛永21年(1644)伊賀国上野(現、三重県上野市)に生まれる。生涯を旅に過ごし、『奥の細道』『更科紀行』など俳文学の名作生む大津初め訪れたのは『野ざらし紀行』の途次貞享2年(1685)。そのとき千那・尚白など大津最初蕉門誕生した。芭蕉幾度となく大津訪れ名文として知られる『幻住庵記』や、「行く春近江の人と惜しみける」「唐崎の松は花より朧にて」など多数の句を残した。また芭蕉膳所門人宛て手紙で「旧里ふるさと)」の言葉を使っており、いかに芭蕉大津愛していたかが理解できる。元禄7年(1694)大坂で没。遺言により義仲寺に葬られた。



松尾芭蕉

読み方まつお ばしょう

江戸中期俳人伊賀生。名は宗房、別号青・泊船堂・芭蕉庵等。北村季吟貞門派学び江戸下って談林派感化を受ける。のち、数度の旅を通して俳諧に高い文芸性を加え蕉風確立する。元禄7年(1694)旅先大坂にて歿、51才。

松尾芭蕉

松尾芭蕉の俳句

古池や蛙飛びこむ水の音
旅に病で夢は枯野をかけ廻る
海くれて鴨のこゑほのかに白し
雲の峰いくつ崩れて月の山
 

松尾芭蕉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/16 09:05 UTC 版)

松尾 芭蕉(まつお ばしょう、寛永21年(1644年) - 元禄7年10月12日1694年11月28日[1])は、江戸時代前期の俳諧師。現在の三重県伊賀市出身。幼名は金作[2]。通称は甚七郎、甚四郎[2]。名は忠右衛門宗房[2]俳号としては初め実名宗房を、次いで桃青、芭蕉(はせを)と改めた。北村季吟門下。




[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤編(2011)、p.248-249、松尾芭蕉関係年表
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 佐藤編(2011)、p.30-34、芭蕉の生涯 伊賀上野時代(寛永~寛文期)
  3. ^ a b 東明雅『芭蕉の連句』(岩波新書
  4. ^ 東聖子 『蕉風俳諧における〈季語 ・季題〉の研究』(明治書院、2003年)、ISBN 4-625-44300-8-山本健吉文学賞(第4回)受賞
  5. ^ 佐藤編(2011)、p.247、あとがき
  6. ^ a b c d e f 饗庭(2001)、p.16-21、1.芭蕉、伊賀上野の頃
  7. ^ a b c d e f g h i j 佐藤編(2011)、p.34-37、芭蕉の生涯 江戸下向(延宝期)
  8. ^ 饗庭(2001)、p.30-42、3.談林風と江戸下向
  9. ^ a b c d e f 佐藤編(2011)、p.38-41、芭蕉の生涯 深川移居(延宝末~天和期)
  10. ^ a b c d 饗庭(2001)、p.43-54、4.隠者への道
  11. ^ a b c d e f g 佐藤編(2011)、p.14-17、俳諧の歴史と芭蕉 芭蕉における貞門・談林・天和調
  12. ^ a b c d e 佐藤編(2011)、p.41-44、芭蕉の生涯 『野ざらし紀行』の旅
  13. ^ a b c 佐藤編(2011)、p.44-47、芭蕉の生涯 草庵生活と『鹿島詣』『笈の小文』『更科紀行』の旅
  14. ^ a b c d 佐藤編(2011)、p.47-48、芭蕉の生涯 『おくのほそ道』の旅
  15. ^ a b c d e f g 佐藤編(2011)、p.49-50、芭蕉の生涯 『猿蓑』の成立
  16. ^ a b c 佐藤編(2011)、p.50-52、芭蕉の生涯 『おくのほそ道』の成立と「かるみ」への志向
  17. ^ a b c d e f g 佐藤編(2011)、p.52-54、芭蕉の生涯 最後の旅へ
  18. ^ a b 饗庭(2001)、p.206-216、17.晩年の芭蕉
  19. ^ a b c 佐藤編(2011)、p.61-66、蕉門を彩る人々 最初期から没後まで蕉門であり続けた人々
  20. ^ a b c d e 佐藤編(2011)、p.66-71、蕉門を彩る人々 晩年に入門し「俳諧の心」を受け継いだ人々
  21. ^ a b 佐藤編(2011)、p.72-73、蕉門を彩る人々 『猿蓑』を編集した対照的な二人
  22. ^ a b c 佐藤編(2011)、p.74、蕉門を彩る人々 おわりに
  23. ^ a b c d 佐藤編(2011)、p.190-192、芭蕉と蕉門の俳論 芭蕉と俳論
  24. ^ a b c 佐藤編(2011)、p.17-18、俳諧の歴史と芭蕉 芭蕉発句の成果
  25. ^ a b 佐藤編(2011)、p.216-223、芭蕉と蕉門の俳論 芭蕉と「かるみ」‐『別座舗』の場合
  26. ^ 饗庭(2001)、p.217-252、18.芭蕉の芸術論
  27. ^ a b 佐藤編(2011)、p.223-226、芭蕉と芭門の俳論 元禄俳諧における名句
  28. ^ a b c 佐藤編(2011)、p.192-195、芭蕉と芭門の俳論 俳諧文芸の本質・俳諧精神論‐「俗語を正す」「風雅の誠」
  29. ^ a b c 佐藤編(2011)、p.195-198、芭蕉と芭門の俳論 対象把握の方法‐物我一如と本情論
  30. ^ 「つげさんぽう」と読む。日置氏、北村氏、福地氏から成る。平宗清の子孫を称したが、仮冒とされる。
  31. ^ 『歴史読本 決定版「忍者」のすべて』新人物往来社平成3年(1991年
  32. ^ 中名生正昭『奥の細道の謎を読む』南雲堂、平成10年(1998年)、ISBN 978-4-523-26326-5
  33. ^ 村松友次『謎の旅人 曽良』大修館書店、平成14年(2002年)、ISBN 978-4-469-22156-5
  34. ^ NHK衛星ハイビジョン2009年1月11日16:00『地球特派員スペシャル』にて岡本行夫ウクライナから持ち帰った中学2年生の教科書を示して
  35. ^ 大修館書店『社会人のための英語百科』(監修 大谷泰照、堀内克明)181頁


「松尾芭蕉」の続きの解説一覧





松尾芭蕉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

松尾芭蕉に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松尾芭蕉」の関連用語

松尾芭蕉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小野道風神社

大津宿本陣跡

山中越

真野の入江

山王祭

新知恩院

琵琶湖大橋

崇福寺跡





松尾芭蕉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2016 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松尾芭蕉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS