松尾臣善とは?

松尾 臣善 (まつお しげよし)

松尾 臣善

氏 名
就 任
退 任
出身県:
松尾 臣善 (まつお しげよし
明治36.10.20
明治44. 6. 1
兵庫県

 6代目日本銀行総裁である松尾臣善は、天保14年1843年)、姫路郷士の子として生まれました。長じて任官した宇和島藩での直営事業管理功績により、明治2年大阪府国庫事務取扱いに推挙され、大阪府外国会計課長等を経て大蔵省入り出納局長、主計局長、理財局長等歴任しました。

 明治36年日本銀行総裁就任すると、日露戦争明治3738年)の戦費調達および正貨準備確保目的とする外債公募実現尽力しました。日露講和条約成立後は、戦後景気過熱反動憂慮し、明治39年高率適用制度公定歩合に最高・最低を設け担保種類等に応じた利率適用する制度)を新たに採用するなど金融調節手段多様化を図ったことでも知られています。

 このほか当時日本銀行条例定められた営業年限満了開業日から満30年営業継続には政府許可が必要)が迫っていたことから、明治43年臨時株主総会決議経て政府請願書提出しました。営業年限30年延長する許可を受けたのを見届け翌年2度目の任期半ば辞任し、大正5年73歳で亡くなっています。

出典広報誌にちぎんクオータリー2000年秋季号)』)

松尾臣善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/09 00:14 UTC 版)

松尾 臣善(まつお しげよし、天保14年2月6日1843年3月6日) - 1916年大正5年)4月7日)は、大蔵省理財局長などを務めた後、第6代日本銀行総裁を務めた。兵庫県出身。次女の乕は北里柴三郎の妻。




  1. ^ 『官報』第301号「叙任及辞令」1884年7月1日。
  2. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  3. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  4. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  5. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  6. ^ 『官報』第7273号「授爵・叙任及辞令」1907年9月25日。
  7. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。


「松尾臣善」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

松尾臣善に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松尾臣善」の関連用語

松尾臣善のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

川田小一郎

三島彌太郎

白川方明

福井俊彦

三重野康

松下康雄

一萬田尚登

宇佐美洵





松尾臣善のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本銀行日本銀行
Copyright 1996-2016 Bank of Japan All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松尾臣善 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS