樫尾忠雄 樫尾忠雄の概要

樫尾忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 01:40 UTC 版)

かしお ただお
樫尾 忠雄
生誕1917年11月26日
日本 高知県長岡郡久礼田村(現・南国市
死没 (1993-03-04) 1993年3月4日(75歳没)
出身校早稲田工手学校機械科
職業実業家
受賞藍綬褒章(1980年)
勲二等瑞宝章(1990年)

経歴

高知県長岡郡久礼田村(現・南国市)出身[1]1923年に一家で東京に移り、旋盤工を皮切りに機械・道具製作の道に進む[2]。その間に早稲田工手学校(現・早稲田大学)にも在籍した[2]

1946年東京都三鷹市に樫尾製作所を創業[2]。すぐ下の弟である俊雄逓信省を退官して参加[2][3]。俊雄の考案した「指輪パイプ」(喫煙補助具)がヒットしてできた資金を元に電気式計算機の開発を開始、俊雄の弟である和雄幸雄も加わって1957年に商品化に成功し、同年カシオ計算機が設立される(初代社長は忠雄ら兄弟の父である樫尾茂(1898〜1986))[2][3]。1960年5月に社長に就任[2]

カシオ計算機は電子式計算機の導入には後れを取ったが巻き返し、1960年代後半には日本国外にも販路を広げた[2]1972年、世界初のパーソナル電卓「カシオミニ」を当時としては革命的な1万円台で発売しスマッシュヒットを記録。電卓メーカーとしての地位を不動のものにした[4]

カシオ計算機はその後もG-SHOCKカシオトーンカシオトロン、ペラなどの製品を次々と世に送り出した。

1988年に相談役となる[1]日本経済新聞に兄弟との日々をつづった私の履歴書を連載、のちに「兄弟がいて」の題名で単行本化された。

1993年3月4日死去[1]

親族

長兄の忠雄を含めた4人の兄弟でカシオ計算機を創業。他の3人は俊雄(元名誉会長)・和雄(元会長)・幸雄(特別顧問)である[3][4]

2015年よりカシオ社長を務める樫尾和宏は和雄の子息で[5]、忠雄の甥に当たる。

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク


  1. ^ a b c d 樫尾忠雄 - 20世紀日本人名事典(コトバンク
  2. ^ a b c d e f g カシオの歴史 - カシオ計算機
  3. ^ a b c 樫尾俊雄 人とその生涯 - 樫尾俊雄発明記念館
  4. ^ a b “樫尾和雄氏死去=カシオ創業4兄弟の3男、89歳”. 時事通信. (2018年6月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061900809&g=obt 2018年6月19日閲覧。 
  5. ^ カシオ、27年ぶり社長交代 長男の和宏氏が昇格 和雄氏は会長に 日本経済新聞 2015年5月13日付


「樫尾忠雄」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

樫尾忠雄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



樫尾忠雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樫尾忠雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS