樫尾俊雄とは?

樫尾俊雄

読み方かしおとしお

樫尾俊雄とは、カシオ計算機株式会社創業メンバーひとりである。世界初の、純粋に電子的な計算処理をする量産型計算機カシオ14-A型」の開発者として知られている。1925年元旦生まれ

技術者として早くから類まれな才能をしめしていた俊雄は、1940年逓信省入省勤務していた。そこでは電気通信技官拝命を受けている。しかし兄・樫尾忠雄運営していた「樫尾製作所」に入社することを決める。折しも製作所設立された1946年米国ではジョン・モークリージョン・プレスパー・エッカートの手によって本格的デジタル計算機ENIAC」の開発成功したところだった。この報せを聞いた樫尾俊雄は、今後世の中へ計算機必要性について確信を得たとされている。それから、卓越した技術者だった兄・忠雄とともに計算機開発取り組むようになる。俊雄は創造性において卓越しており、忠雄はそれを実現する十分な技術力持ち主だった。

樫尾俊雄
※画像提供 / カシオ計算機株式会社

1957年樫尾製作所は、リレー素子採用した、純粋に電子的な計算処理をする世界初量産型計算機カシオ14-A型」の開発成功商品化実現する。この功績称えられて、翌1958年に俊雄は東京発明協賛会長賞を受賞している。社名は14-A型計算機発売に際してカシオ計算機改名され、株式会社改組して、後に全国販売を展開した。

樫尾兄弟は、主に長兄・忠雄が財務担当次兄・俊雄が開発担当三男・和雄を営業担当とし、四男・幸雄を生産担当として、カシオ運営ていった電子計算機の後も、電卓、デジタルウオッチ、電子楽器、ポケットテレビ、液晶モニター付きデジタルカメラなど、画期的製品素早くなおかつ低価格発表し、消費者ニーズ応え瞬く間急成長をとげた。樫尾俊雄は、忠雄が社長から相談役へと退くのを受けて1988年代表取締役会長就任した。2000年には、米国家電協会より生涯業績賞を受賞している。


更新2006年1月
参照リンク
CASIO Japan

樫尾俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/08 05:22 UTC 版)

樫尾 俊雄(かしお としお、1925年大正14年) - 2012年平成24年)5月15日)は、日本実業家カシオ計算機創業メンバーの「樫尾四兄弟」の一人(次男)。四兄弟の役割分担では開発を担い、カシオミニなど数々のヒット商品の開発に貢献。カシオ計算機会長を務めた。


  1. ^ 樫尾俊雄 人とその生涯 樫尾俊雄発明記念館
  2. ^ a b “成城に「樫尾俊雄発明記念館」‐世界初の小型純電気式計算機など一般公開”. 二子玉川経済新聞. (2013年10月3日). https://nikotama.keizai.biz/headline/673/ 2018年7月7日閲覧。 
  3. ^ 市民緑地 - 一般財団法人世田谷トラストまちづくり
  4. ^ カシオ、27年ぶり社長交代 長男の和宏氏が昇格 和雄氏は会長に 日本経済新聞 2015年5月13日付


「樫尾俊雄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「樫尾俊雄」の関連用語

樫尾俊雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



樫尾俊雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ樫尾俊雄の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樫尾俊雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS