かしおただおとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 日本の創業者列伝 > かしおただおの意味・解説 

樫尾忠雄

読み方:かしおただお

樫尾忠雄とは、カシオ計算機株式会社創業メンバーひとりである。1917年大正6年)、高知県生まれ国内電子機器業界ではあまりに有名な「樫尾兄弟」の長兄として、創業当初からカシオ牽引してきた人物として知られている。

樫尾忠雄5歳の頃、樫尾家は、東京で働いていた叔父誘われて一家上京した。忠雄は高等小学校卒業したのち、家計助けるために見習い旋盤工として働き始める。そこで腕の良さ認められ、工場主の勧めもあって、働くかたわら早稲田工手学校(現在、早稲田大学)に通学するようになる。早稲田で修めた技術知識をもとに、軍需工場などの職場幾つか経験し、鍋、釜、自転車発電ランプなどの作製を営んでいた。そのうちに、卓越した技能創造性評判となって、周囲にすっかり知れ渡るようになる。

樫尾忠雄
※画像提供 / カシオ計算機株式会社

やがて部品加工下請け多く頼まれるようになった樫尾忠雄は、1946年東京都三鷹市に「樫尾製作所」を創業精密機械加工業として独立自営始める。当初精密機械加工営み、後に弟の俊雄の発案電気式計算機開発取り組み始める。1957年6月完成して商品化された小型電子計算機カシオ14-A型」は、リレー素子採用した、純粋に電子的な計算処理をする世界初量産型計算機だった。社名14A型計算機発売に際して現在のカシオ計算機改名され、株式会社改組して、全国販売を展開した。

樫尾兄弟は、主に長兄・忠雄が財務担当次兄・俊雄が開発担当三男・和雄を営業担当とし、四男・幸雄を生産担当として、カシオ運営ていった電子計算機の後も、電卓、デジタルウオッチ、電子楽器、ポケットテレビ、液晶モニター付きデジタルカメラなど、画期的製品素早くなおかつ低価格発表し、消費者ニーズ応え瞬く間急成長をとげた。樫尾忠雄は1988年社長から相設役へと退いた。そして1993年逝去した。


更新2006年1月
参照リンク
CASIO Japan


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かしおただお」の関連用語

1
樫尾忠雄 百科事典
36% |||||

かしおただおのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かしおただおのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ樫尾忠雄の記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS