横浜駅 タクシー乗り場

横浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 09:19 UTC 版)

タクシー乗り場

西口

西口バスターミナル(横浜駅西口駅前広場[注 24])の、高島屋側に設置されている。

横浜駅東口タクシープラザ

正式名称は横浜駅東口駅前第2交通広場。横浜駅きた東口から横浜新都市ビルの間、国道1号線の地下にあるタクシー乗り場。 横浜市が設置・管理する交通広場であり、横浜新都市ビルの施設ではない。乗降場所は横浜ポルタ側にある。

タクシープラザで待機するタクシー(右側が横浜ポルタ、奥が横浜新都市ビル

水上交通・航路

シーバス 横浜駅東口のりば

エキサイトよこはま22(横浜駅周辺大改造計画)

横浜駅周辺において、国際化や都市間競争への対応・環境問題・駅としての魅力向上・災害時の安全性確保などの課題を解消し、「国際都市の玄関口としてふさわしいまちづくり」を進めるための指針となる計画で、大規模ターミナル駅周辺の再生モデルとして、行政と民間が共有・協働して実現していくことを基本としている。開発プロジェクト名については2009年に一般公募され、2380件の名称案の中から「エキサイトよこはま22」に決まった[80]。計画対象エリアの「横浜駅周辺地区」は、都心部の機能強化を目的として2014年度に策定された「横浜市都心臨海部再生マスタープラン」においてその対象となる都心臨海部五地区のうちの一つとなっている[81]

計画の概要など

横浜駅周辺では西口(幸栄)地区、西口五番街地区、きた西口鶴屋地区、東口地区などが、「横浜都心・臨海地域」として特定都市再生緊急整備地域に指定されており[50][51][82][83]、今後再開発を行う計画となっている[83][84]。これらの地域において老朽化した建物を解体し、高層ビルなどによる横浜駅や駅周辺の一体再開発を目指す。当プロジェクトでは新たな枠組みとして再開発地区を5つのエリアに分けており、横浜駅を中心に西口周辺(五番街含む)および東口周辺の地区を合わせて「センターゾーン」とし、その周囲にある4つのエリアをそれぞれ「南幸地区」、「北幸地区」、「鶴屋町地区」、「平沼地区」としている[84][注 25]

建物の建て替えのみならず、現在は地下で結ばれている東口と西口方面を駅ホーム上空の2階部分で直線に結び(新たなペデストリアンデッキの整備)、駅前広場や待ち合わせ場所(ターミナルコア)の整備、中央通路と西口地下街(旧称:ザ・ダイヤモンド)の地下階層による接続(横浜駅西口改札跡地[85] にある、通称"馬の背"の解消[86])、駅周辺の遊歩道整備(東横線廃線跡〈横浜駅〜桜木町駅間〉の遊歩道整備を含む)、東口地区とみなとみらい地区の更なる接続強化(東口地区開発「ステーションオアシス」からのデッキレベルでの接続計画出島地区における再開発を含む)、首都高速道路壁面緑化、河川の有効活用や河川沿岸の整備(河川は治水対策をし、水上バスの運行やボードデッキを整備する)などを行い歩行者空間や交通の充実を図るというもので、横浜港開港150周年である2009年に計画がとりまとめられた。開発の期間を二期に分け、全体の完成は計画策定から20年後を目処にしている。

2010年1月に、「エキサイトよこはま22」の横浜市案による20年後の横浜駅周辺を表したイメージ映像が横浜市都市整備局のサイトなどで公開された。この映像は今後の計画検討の際などに利用される予定である。

関連する個別の開発計画

センターゾーン

西口周辺の再開発計画
横浜駅西口駅ビル計画(仮称)[83][87](駅前棟・鶴屋町棟)〈都市再生特別地区/駅前街区〉
建設中のJR横浜タワー(2018年11月23日)
2010年8月にJR東日本東急による共同開発計画が発表された。いずれも2011年3月末閉館したCIAL(初代横浜駅西口駅舎 横浜ステーションビル)と横浜エクセルホテル東急を取り壊して高層駅ビルへの建て替えを行うもので、メインとなる駅前棟の上層部はオフィス、下層部は商業施設などが入る。また、鶴屋町地区には駐車場保育所(当初計画)に加え、商業施設、ホテルスポーツ施設(2017年10月の計画変更により追加)からなる鶴屋町棟が建設される[JR東 13]。当初はJR線路の上部に8階部までの商業施設棟を建設するとしていたが、2014年3月に発表された計画で中止となった[88]
駅前棟は当初の計画では地上33階建て、高さ約195mの予定であったが、後に高さを少し抑えて約180mに変更すると発表。その後、東日本大震災を受けて安全性を重視するため更に規模縮小となる可能性が示唆され[新聞 9]、2014年3月に発表された計画では、駅前棟は地上26階地下3階・高さ約135m(最終的に高さ約132m)、延床面積約94,000m2、鶴屋町棟は地上9階・高さ約31m、延床面積約24,000m2(2017年10月の計画変更に伴い約31,500m2に増床[JR東 13])となっている[88][JR東 14]
一方、開発時期についても当初の発表では2011年に着工して2019年の完成を目指すとしていたが、JR東日本は「東日本大震災を受けて建設計画を見直す」として計画の遅れが示唆され、2014年3月に発表された計画では、駅前棟と鶴屋町棟共に当初2020年夏に開催する予定であった東京オリンピック開幕前の開業を目指すとしていた[JR東 14][新聞 10]。なお、実際に本着工したのは2016年4月1日起工式2015年10月19日[新聞 11])のことであり、着工が遅れることとなったCIALおよびエクセルホテル東急跡地では期間限定施設として、それぞれ商業施設の「西口ルミネ」や屋台村・仮設飲食店などが運営され、継続的に賑わいの創出が行われた[新聞 7]
2013年12月末には開発事業敷地内の東急所有地[注 26] をJR東日本に売却[注 27] し、開発主体を一元化すると発表(開発を加速するためのもので、東急は事業から完全撤退せずに「今後も様々な形で協力する」としている)。JR東日本を主体として鶴屋町棟から駅前棟に繋がる歩行者デッキなどを整備し、隣接する「横浜駅きた西口鶴屋地区再開発事業(仮称)」(後節参照)の再開発区域とも一体的に開発を進めていく[新聞 12][新聞 13]
2018年11月には横浜駅西口開発ビルの名称について駅前棟は「JR横浜タワー」、鶴屋町棟は「JR横浜鶴屋町ビル」にそれぞれ決定したとJR東日本が発表[JR東 15]。2020年1月には開業日について「JR横浜タワー」が同年5月30日、「JR横浜鶴屋町ビル」が同年6月5日と発表された(オフィスや保育所、駐車場など施設の一部は同年4月より順次稼働)[JR東 4]。さらに、同年3月には諸外国での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、家具の製作や納品遅延等の影響が出ているとして、ホテル「JR東日本ホテルメッツ 横浜」の開業日を同年6月27日に変更すると発表した[JR東 16]。その後、同年5月13日にはCOVID-19感染拡大に伴う国の緊急事態宣言の発令を受けて、「JR横浜タワー」と「JR横浜鶴屋町ビル」の開業を延期することを発表[JR東 5]。なお、「JR東日本ホテルメッツ 横浜」については予定通り同年6月27日に開業するとしている[JR東 5]
2020年6月には、JR横浜タワーでは商業施設「NEWoMan横浜」を同年6月18日、商業施設「CIAL横浜」、エンタテインメント・コンプレックスT・ジョイ横浜」を同年6月24日にそれぞれ開業することを発表[JR東 3]。また、JR横浜鶴屋町ビルでは商業施設「CIAL横浜 ANNEX」、ホテル「JR東日本ホテルメッツ 横浜」を同年6月27日(※CIAL横浜 ANNEX内の文化堂のみ同年6月18日開店)、スポーツ施設 「ジェクサー・フィットネス&スパ横浜」を同年8月7日にそれぞれ開業することを発表した[JR東 3][89]
両棟は以下の施設で構成される[JR東 15]。また、歩行者デッキ「はまレールウォーク」で接続している。
その他の再開発計画
西口周辺は、西口五番街地区や西口(幸栄)地区でも再開発が計画されている[90]。西口五番街地区は「横浜駅西口五番街地区第一種市街地再開発事業(仮称)」(敷地面積:0.8ha/1987年再開発準備組合設立)として、西口(幸栄)地区は「横浜駅西口地区第一種市街地再開発事業(仮称)」(敷地面積:1.1ha/1992年再開発準備組合設立)としてそれぞれ今後動き出す見込みで、いずれの再開発事業でも都市再生特別地区を想定している[83]
東口周辺の再開発計画

横浜中央郵便局などがあるみなみ東口の一帯は、「ステーションオアシス地区」として再開発(横浜駅東口地区開発〈仮称〉、地下より地上部・デッキレベルまで移動できるターミナルコアの整備も含む)が計画されている[53][83][90]。事業主体は日本郵政、JR東日本、京浜急行電鉄、横浜市の4者で[88]1996年に横浜駅東口地区開発(ステーションオアシス)推進協議会を設立している[83]。同市では2014年3月中に同地区の再開発(対象となるビルや駅前広場、歩行者デッキ、市道)に関する大まかな概要などを盛り込んだ基本構想をまとめる方針で、さらに都市再生特別措置法の申請期限が2017年3月31日までとなっているため、それまでに都市計画を制定する方針である[88]。なお、東口周辺の再開発が本格化するまでの暫定施設として、横浜中央郵便局別館(2015年3月まで集配業務を行っていた)の建物をリノベーション活用した、アカツキライブエンターテインメントによる複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」が2019年3月に開業している[91][92]

一方、前述のようにみなとみらい地区との接続を強化するため、東口の帷子川沿岸部(出島地区)からみなとみらい大橋に接続する道路「栄本町線支線1号」の整備およびその周辺部に位置する「出島地区」(横浜駅東口臨海地区)における再開発も検討されている[90][93](「栄本町線#整備計画」も参照)。

鶴屋町地区

当地区(きた西口周辺)では、前述の「横浜駅西口駅ビル計画」における鶴屋町棟の計画の他にも、鶴屋橋の架替事業(2010年度〜2017年度実施予定)[54][55] や以下の再開発が計画されている。

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業(仮称)[83](敷地面積:0.8ha)〈都市再生特別地区/国家戦略住宅整備事業〉
「横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合」(相鉄不動産東京急行電鉄JV)による最高部約190m(地上44階、軒高約180m)の複合ビルをメインとした再開発事業である。1階〜4階(低層棟、高さ約40m)は複合施設およびアトリウム、4階および7階〜13階は宿泊施設、5階および14階〜43階は住宅施設を配置する計画で、2018年度に着工し2021年度の竣工および2022年春の供用開始を目指している。「横浜駅西口駅ビル計画(仮称)」(前節参照)の鶴屋町棟と一体的に整備する方針で、同計画の駅前棟および鶴屋町棟と歩行者デッキで接続し、さらに当ビルの西側と北側に交通広場や道路も整備する計画となっている[新聞 14][94]

舞台となった作品

映画
書籍

記事本文

  1. ^ なお、大阪駅梅田地区の鉄道駅を1つの駅と見なした場合、大阪・梅田駅が4位となり、横浜駅は5位となる。
  2. ^ なお、2代目横浜駅は、現在も高島町交差点前のマンション敷地内に遺構の一部が残っている。
  3. ^ a b 当初は2020年5月30日の開業が予定されていた[JR東 4] が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に伴う国の緊急事態宣言が発令されたことを受けて、同施設の開業が延期された。ただし同ビルのオフィスフロアについては4月に先行開業している[JR東 5][JR東 3]
  4. ^ a b このうち、ワークスペース「STATION SWITCH」は、2020年7月1日より、一部の座席を「STATION WORK」として利用できるようになる予定[JR東 7]
  5. ^ 当初は2020年6月5日の開業が予定されていた[JR東 4]が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に伴う国の緊急事態宣言が発令されたことを受けて、同施設の開業が延期された[JR東 5][JR東 3]
  6. ^ 当初は2020年6月17日の開業が予定されていた[JR東 4]が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に伴う国の緊急事態宣言が発令されたことを受けて、同施設の開業が延期された[JR東 5][JR東 3]
  7. ^ 2021年(令和3年)3月改正時点では1826E(6時51分発)から1846E(9時09分発)までの列車が交互発着となる[18]
  8. ^ 下り列車については、特急「踊り子」「サフィール踊り子」および特急「湘南」の先を走っている普通列車の多くが当駅5番線にて待避を行う。また上り方面については、朝に4本設定されている旅客線経由の特急「湘南」の待避を当駅にて行う(平日のみ)。2020年ダイヤ改正以前は日中時間帯に上り「踊り子」「スーパービュー踊り子」の待避を当駅にて行っていたが、2021年現在は前述の1880Eが臨時「踊り子54号」(繁忙期のみ運行)の待避を行うのみとなっている。
  9. ^ この点、1964年の東海道新幹線開業時点は「ひかり」が全列車通過し、2008年に全列車停車駅となるまで「のぞみ」「ひかり」の通過列車が存在していた新横浜駅とは対照的である。
  10. ^ 2004年(平成16年)2月1日開業。
  11. ^ 2004年(平成16年)2月1日より営業開始。
  12. ^ 総工費200万円。鉄筋コンクリート造り、2階建て(一部地階あり)。
  13. ^ 横浜新興倶楽部の裏側、現在の横浜新都市ビルの中心付近。
  14. ^ もともとは駅の構内通路で、自由通路化に伴い12.5mに拡幅され、改札口も現在地に移転した。1981年(昭和55年)11月20日には、通路を36mまで拡幅した。
  15. ^ 初代横浜駅の駅舎から通算すると4代目である。
  16. ^ 1982年(昭和57年)10月に「YSCスポーツクラブ横浜」として平沼地区へ移転。
  17. ^ なお第一広場は、横浜駅前バス停周辺。
  18. ^ 最終便のみ大豆戸交差点止まり。
  19. ^ 最終便とその前の便のみ、八反橋止まり。
  20. ^ 「浜5」系統は、土曜休日のみ第2ターミナル着。また、一部、途中の洪福寺止まりの便が設定されている。
  21. ^ 富士山五合目夏季の登山シーズンの特定日に1往復延長運転
  22. ^ a b 季節運行
  23. ^ 土休日日中の便は、よこはま動物園北門まで運行。
  24. ^ 旧 横浜駅西口駅前第二交通広場。なお第一交通広場は、現在のみなみ西口(現在は相鉄ジョイナス・幸栄地区の一部)にあった。
  25. ^ 横浜駅周辺は西区であるが、鶴屋町地区のみ神奈川区となっている。
  26. ^ エクセルホテル東急跡地ときた西口鶴屋地区の旧東横線使用地。
  27. ^ 2015年9月引き渡し予定。

利用状況

  1. ^ パブリックアート「太陽とこども」(利根山光人)(日本交通文化協会)
  2. ^ ほこりだらけの「太陽とこども」のレリーフ、いつ掃除してるの?はまれぽ.com 2012年10月8日)
  3. ^ 横浜駅「太陽とこども」を再展示へ(日本交通文化協会 2020年5月29日)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 編集部「横浜の鉄道 : その歴史」『調査季報』第121巻、横浜市、1994年12月20日、 44-52頁、 NDLJP:10306151
  5. ^ 二代目横浜駅基礎等遺構(郷土文化財コレクション〔関東の文化財建造物と史跡〕)
  6. ^ 第二代横浜駅(横浜 近代遺跡地図情報)
  7. ^ “初代横浜駅はどこにあった?”. はまれぽ.com. (2011年4月21日). http://hamarepo.com/story.php?story_id=168 2018年1月27日閲覧。 
  8. ^ サンケイリビング新聞社、横浜市市民局広報課「ハマのギモン?聞いてみた! 横浜駅って、いつまで工事しているの?」『ハマジン』第17号、サンケイリビング新聞社横浜本部、神奈川、2010年7月、 29頁、2010年11月24日閲覧。
  9. ^ a b c d e 『JR時刻表』2010年8月号(交通新聞社刊)
  10. ^ 横浜駅の物語「初代横浜駅データ」 建設産業図書館
  11. ^ 【9/1関東大震災】【公式】日テレNEWS
  12. ^ 松信大助「昭和調査 番地入横浜市全図 訂正第48版」1928年5月、有隣堂本店
  13. ^ 松信太郎「昭和実測 大横浜市全図 改正番地入」 1929年6月、有隣堂本店
  14. ^ 「鉄道省告示第12号」『官報』1930年1月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ 交通年鑑昭和46年度内「交通日誌」
  16. ^ a b 東急東横線・みなとみらい線横浜駅でホームドアの使用開始”. 鉄道ファン〈railf.jp〉. 交友社 (2015年3月8日). 2015年3月9日閲覧。
  17. ^ “横浜駅西口はどう変わる? 神奈川のサグラダ・ファミリアの現状は?”. はまれぽ.com. (2019年8月26日). https://hamarepo.com/story.php?story_id=7313 2020年1月24日閲覧。 
  18. ^ JR東日本:駅の時刻表”. 2020年3月15日閲覧。
  19. ^ 東急線の取り組み”. 2015年2月24日閲覧。
  20. ^ 2017年3月25日(土)から「S-TRAIN」運行開始! 西武鉄道株式会社 2017年1月10日
  21. ^ “東急とJRの駅長が共同作業 伊豆観光列車「ザ ロイヤルエクスプレス」運転開始”. 乗りものニュース (乗りものニュース編集部). (2017年7月21日). https://trafficnews.jp/post/76808 2018年9月5日閲覧。 
  22. ^ みなとみらい線標準時刻表 横浜駅 元町・中華街方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  23. ^ 東横線標準時刻表 横浜駅 渋谷方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  24. ^ 平成18年度 鉄道安全報告書 (PDF)”. 2013年10月2日閲覧。
  25. ^ 横浜高速鉄道株式会社・有価証券報告書 第24期 第一部3.(3) 京浜急行・横浜駅の駅総合改善事業(北部改札と、みなみ通路への接続通路も補助対象)
  26. ^ “16駅の駅メロディ採用曲が決定いたしました!” (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2008年11月14日), オリジナルの2008年12月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20081201154848/http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/081114.shtml 2015年6月11日閲覧。 
  27. ^ 京急「駅メロ」に、EXILE、ゆず、ゴジラ”. ORICON STYLE. 2013年10月2日閲覧。
  28. ^ テレビ、出ちゃいました。” (日本語). ☆♪☆ 鉄のみゅーじしゃん ☆♪☆. 塩塚博. 2020年3月14日閲覧。
  29. ^ 横浜駅”. 相鉄グループ. 2014年3月24日閲覧。
  30. ^ 松宮史佳「日本一ってウワサは本当? 相鉄線横浜駅の多すぎる改札機の謎を徹底調査!」『はまれぽ.com』 アイ・テイ・エー、2014年12月20日
  31. ^ 相鉄線横浜駅デジタルサイネージのご案内です (PDF)”. 交通広告ナビ. 2013年10月2日閲覧。
  32. ^ 『横浜市高速鉄道建設史II』 横浜市交通局、2004年3月、72ページ
  33. ^ 横浜市交通局ブルーライン横浜駅時刻表<湘南台方面>(for Shonandai)”. 2013年10月2日閲覧。
  34. ^ 横浜市交通局ブルーライン横浜駅時刻表<あざみ野方面>(for Azamino)”. 2013年10月2日閲覧。
  35. ^ 横浜市交通局現業機関設置規程
  36. ^ 検索結果”. エキナカポータル. 2015年6月11日閲覧。
  37. ^ 検索結果”. エキナカポータル. 2015年6月11日閲覧。
  38. ^ 崎陽軒の店舗情報|神奈川県”. 崎陽軒. 2013年10月2日閲覧。
  39. ^ ローソン+toks店舗一覧”. 東急ステーションリテールサービス. 2016年3月26日閲覧。
  40. ^ ファミリーマート はまりんコンビニ”. 横浜市交通局協力会. 2013年10月2日閲覧。
  41. ^ 店舗検索結果”. 2013年10月2日閲覧。
  42. ^ TSUTAYA はまりん横浜駅店 神奈川県横浜市西区 - TSUTAYA 店舗情報 - 店舗検索”. 2013年10月2日閲覧。
  43. ^ ベックスコーヒーショップ|店舗情報”. 2013年10月2日閲覧。
  44. ^ 『JTB時刻表』2019年3月号、JTBパブリッシング、2019年、 148頁。
  45. ^ 駅別乗降者数総覧 ’08 エンタテイメントビジネス総合研究所
  46. ^ 再開発進む品川、渋谷抜き初の5位…JR利用客(読売新聞 2017年7月13日閲覧)
  47. ^ エキサイトよこはま22 横浜駅周辺大改造計画 概要版(改訂版) (PDF) 横浜市都市整備局都心再生部都心再生課、平成25年(2013年)6月発行。
  48. ^ 横浜市都市計画マスタープラン(全体構想) (PDF)”. 横浜市 (2013年3月). 2015年7月5日閲覧。
  49. ^ 西区役所・横浜市都市整備局「西区まちづくり方針【平成28年11月改定】」10ページ、横浜市、2019年1月18日、
  50. ^ a b 横浜市の都市再生(都市再生緊急整備地域)の取組について > 横浜都心・臨海地域 (PDF)”. 横浜市都市整備局. 2018年1月21日閲覧。
  51. ^ a b “浜都心臨海部が「特定都市再生緊急整備地域」に指定されました! 〜ヨコハマは、「環境未来都市」・「国際戦略総合特区」とあわせて全国唯一のトリプル指定!!〜” (PDF) (プレスリリース), 横浜市都市整備局, (2012年1月20日), http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201201/images/phpKpj4GV.pdf 2018年1月21日閲覧。 
  52. ^ 横浜市建築局「横浜市三千分一地形図 三ッ沢」(1954 - 1965年製作)の地図上の表記より。
  53. ^ a b c “横浜駅の「みなみ東口」はいつまで仮設通路なの?”. はまれぽ.com. (2017年3月8日). http://hamarepo.com/story.php?story_id=5910 2018年1月23日閲覧。 
  54. ^ a b 鶴屋橋架替事業について(横浜市道路局 2013年4月10日作成、2014年11月11日更新)
  55. ^ a b “横浜駅きた西口付近、鶴屋橋の工事はいつ終わる?”. はまれぽ.com. (2015年9月27日). http://hamarepo.com/story.php?story_id=4534 2018年1月23日閲覧。 
  56. ^ 神奈川サンケイ新聞社 編『ヨコハマ再開発物語』102-105ページ、日刊工業新聞社、1982年1月、ISBN 4-8191-0510-8
  57. ^ “横浜西口五番街の由来は?一番街から四番街まであるの?”. はまれぽ.com. (2012年2月8日). http://hamarepo.com/story.php?story_id=826 2018年1月23日閲覧。 
  58. ^ 『震災記念館陳列品説明書』横浜市震災記念館、30-31ページ(横浜市立中央図書館所蔵)
  59. ^ 神奈川サンケイ新聞社 編『ヨコハマ再開発物語』日刊工業新聞社、1982年1月、ISBN 4-8191-0510-8、99ページ
  60. ^ 「旧横浜駅(3代)の松杭撤去」『鉄道建築ニュース 369号』30-34ページ、鉄道建設協会、1980年9月。
  61. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、51-52・80-81ページ
  62. ^ 横浜駅西口はかつて資材置き場だったのか!? はまれぽ.com、2012年4月11日
  63. ^ 神奈川サンケイ新聞社 編『ヨコハマ再開発物語』 日刊工業新聞社、1982年1月、ISBN 4-8191-0510-8、99-102ページ
  64. ^ a b c d e f g h i j k 第3章 積極経営の展開[昭和31~41年]『相鉄グループ100年史』75-79頁・81-82頁、相鉄ホールディングス、2018年12月
  65. ^ 「横浜新都市センター30年史」30ページ
  66. ^ 崎陽軒の歩み「1955年(昭和30年)横浜駅前に「シウマイショップ」竣工。」株式会社崎陽軒
  67. ^ 神奈川サンケイ新聞社 編『ヨコハマ再開発物語』 日刊工業新聞社、1982年1月、ISBN 4-8191-0510-8、33-35ページ
  68. ^ 「横浜新都市センター30年史」42-44ページ
  69. ^ a b c d e 第4章 2大事業への意欲『相鉄グループ100年史』97-100頁、相鉄ホールディングス、2018年12月
  70. ^ 第3回企画展示 横浜駅の物語」「 横浜ターミナルビルデータ建設産業図書館、東日本建設業保証株式会社
  71. ^ 「資料編 1-2 地下街と一体とみなした防火対象物一覧(消防法施行令第9条の2)」『横浜市防災計画 -都市災害対策編- YOKOHAMA2017』 横浜市防災会議、2017年4月
  72. ^ 会社のあゆみ ~横浜駅東口開発の歴史とともに~」『横浜新都市センター』 横浜新都市センター株式会社、2019年3月
  73. ^ 「横浜新都市センター30年史」63-65・185ページ
  74. ^ 横浜博覧会で「そごう」の2階から出ていたゴンドラが道路脇に放置されているってホント? はまれぽ.com、2013年10月16日
  75. ^ 『横浜博覧会・会場計画と建設の記録』278・280頁、横浜博覧会協会、1990年3月(横浜市立中央図書館所蔵)
  76. ^ 「横浜新都市センター30年史」100ページ
  77. ^ “横浜エクセルホテル東急跡地に登場した屋台村の正体とは?”. はまれぽ.com. (2013年10月20日). http://hamarepo.com/story.php?story_id=2350 2018年1月23日閲覧。 
  78. ^ “神奈川県・横浜駅に、ルミネの期間限定新施設「西口ルミネ」がオープン”. マイナビニュース. (2013年12月22日). http://news.mynavi.jp/news/2013/12/22/013/ 2015年7月5日閲覧。 
  79. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、191ページ
  80. ^ 「横浜駅周辺大改造計画」の名称決定!!! 名称「エキサイトよこはま22」(横浜市都市整備局 2010年3月8日作成、2015年3月4日閲覧同日付のウェブ魚拓キャッシュ
  81. ^ 横浜市都心臨海部再生マスタープラン(横浜市都市整備局 2014年3月20日作成、2015年2月23日更新、2015年3月4日閲覧同日付のウェブ魚拓キャッシュ/横浜市都心臨海部再生マスタープランを策定しました(平成27年2月)(横浜市都市整備局 2019年3月14日))
  82. ^ 都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域の一覧(平成25年 (2013年) 7月12日時点) (PDF)”. 首相官邸地域活性化統合本部会合:都市再生. p. 2. 2015年7月5日閲覧。
  83. ^ a b c d e f g 都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域の一覧 > 横浜都心・臨海地域のプロフィール(平成29年 (2017年) 4月1日現在) (PDF)”. 内閣府地方創生推進事務局. 2018年1月21日閲覧。
  84. ^ a b エキサイトよこはま22”. 横浜市都市整備局. 2019年3月27日閲覧。
  85. ^ 「神奈川新聞アーカイブズ あの頃の横浜ステーション」『カナロコ』 神奈川新聞社
  86. ^ “横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?”. はまれぽ.com. (2015年4月22日). http://hamarepo.com/story.php?story_id=4051 2018年1月23日閲覧。 
  87. ^ 東日本旅客鉄道株式会社、東京急行電鉄株式会社. “(仮称)横浜駅西口駅ビル計画 -事業計画の概要- (PDF)”. 横浜市. 2015年7月5日閲覧。
  88. ^ a b c d “横浜駅大改造を縮小、線路上空には建てない”. ケンプラッツ〈日経アーキテクチュア〉 (日経BP). (2014年3月10日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140307/654349/ 2018年1月21日閲覧。 
  89. ^ 「CIAL横浜」「CIAL横浜ANNEX」開業日決定のお知らせ”. CIAL横浜. 株式会社横浜ステーションビル (2020年6月8日). 2020年7月2日閲覧。
  90. ^ a b c 第4回 エキサイトよこはま22懇談会(2013年6月14日開催) > 資料6:横浜駅周辺地区のまちづくり(横浜駅周辺開発想定エリア) (PDF) (横浜市都市整備局)
  91. ^ “横浜中央郵便局別館が「複合型体験エンターテインメント施設」に!? 2019年春開業予定”. はまれぽ.com. (2018年8月3日). https://hamarepo.com/story.php?story_id=6848 2018年9月27日閲覧。 
  92. ^ “横浜駅直通、複合型エンタメ施設の名称を「アソビル」に決定 最新VRからものづくりまで幅広い体験コンテンツを提供” (プレスリリース), 株式会社アカツキライブエンターテインメント〈PR TIMES〉, (2018年11月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000010379.html 2018年11月15日閲覧。 
  93. ^ エキサイトよこはま22:駅周辺施設・整備事業”. 横浜市都市整備局. 2019年3月27日閲覧。
  94. ^ 横浜市 地上44階、高さ約190mの「(仮称)横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」 計画段階配慮書の縦覧開始!(東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行 2015年7月5日)
  1. ^ a b “横浜駅 京浜東北・根岸線ホームのホームドア使用開始日について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社横浜支社, (2019年9月26日), オリジナルの2019年10月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191009073809/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190926_yokohama_1.pdf 2019年10月9日閲覧。 
  2. ^ “JR横浜駅の西口新設地下連絡通路が開通します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2019年11月19日), オリジナルの2019年11月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191119052815/https://www.jreast.co.jp/press/2019/yokohama/20191119_y01.pdf 2019年11月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j “JR横浜タワー・JR横浜鶴屋町ビル 開業日のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年6月8日), オリジナルの2020年6月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200608070528/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20200608_y01.pdf 2020年6月8日閲覧。 
  4. ^ a b c d “JR横浜駅直結 JR横浜タワーが2020年5月30日(土)開業 ~JR横浜鶴屋町ビルは、6月5日(金)に開業~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年1月23日), オリジナルの2020年1月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200123060813/https://www.jreast.co.jp/press/2019/yokohama/20200123_y01.pdf 2020年1月23日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “JR横浜タワー・JR横浜鶴屋町ビル 開業延期のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年5月13日), オリジナルの2020年5月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200514045607/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20200513_y01.pdf 2020年5月14日閲覧。 
  6. ^ “「ニュウマン横浜」開業日決定のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), ルミネ, (2020年6月8日), オリジナルの2021年1月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210112131651/https://www.lumine.ne.jp/newsrelease/pdf/release_200608.pdf 2021年1月12日閲覧。 
  7. ^ a b “駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」が横浜駅・川口駅へ拡大 ~全18箇所のネットワークへ拡がります~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年6月30日), オリジナルの2020年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200630052501/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200630_ho02.pdf 2020年6月30日閲覧。 
  8. ^ a b c d e “JR横浜駅中央南改札と南改札をつなぐ新たな改札内エリアが2020年8月10日(月・祝)に誕生します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年7月17日), オリジナルの2020年7月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200717141600/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20200717_y01.pdf 2020年7月17日閲覧。 
  9. ^ a b “首都圏エリアの新規開業エキナカ商業空間 開業日・出店ショップ決定のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR東日本リテールネット, (2020年7月9日), pp. 2 - 3, オリジナルの2020年7月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200709110147/https://corp.j-retail.jp/lib/pdf/press_release/9-61-966/200709_ecutenews26.pdf 2020年7月9日閲覧。 
  10. ^ “横浜駅の駅ナカシェアオフィス「STATION DESK 横浜」8月10日 (月)開業 ~バリアフリー対応席を含む、全席個室タイプのハイセキュリティ空間~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年7月27日), オリジナルの2020年7月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200727073452/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200727_ho01.pdf 2020年7月27日閲覧。 
  11. ^ “横浜駅に「駅ピアノ」を設置します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2021年3月19日), オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210319154521/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20210319_y2.pdf 2021年3月20日閲覧。 
  12. ^ “2021年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年12月18日), オリジナルの2020年12月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201218151644/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20201218_y01.pdf 2021年3月20日閲覧。 
  13. ^ a b (仮称)横浜駅西口開発ビル 鶴屋町棟の計画変更等について (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2017年10月23日). 2018年3月29日閲覧。
  14. ^ a b (仮称)横浜駅西口駅ビル計画について (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2014年3月4日). 2015年7月5日閲覧。
  15. ^ a b (仮称)横浜駅西口開発ビルの名称が 「JR 横浜タワー」 等に決定 (PDF)東日本旅客鉄道株式会社横浜支社 2018年11月22日)
  16. ^ “【2020年3月26日追記】JR横浜駅直結 JR横浜タワーが2020年5月30日(土)開業 ~JR横浜鶴屋町ビルは、6月5日(金)に開業~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年3月26日), オリジナルの2020年3月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200326061345/https://www.jreast.co.jp/press/2019/yokohama/20200326_y06.pdf 2020年3月26日閲覧。 
  17. ^ “シェアオフィス事業の拡大で働き方改革を加速します ~「STATION WORK」の1,000カ所展開を目指すとともに、ワーケーションの推進を行います~” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年9月3日), オリジナルの2020年9月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200905155129/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200903_ho04.pdf 2020年9月6日閲覧。 
  1. ^ a b お知らせ 2019年9月19日(木)始発より横浜駅1・2番線のホームドアの運用を開始いたします” (日本語). 京浜急行電鉄 (2019年9月13日). 2020年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月9日閲覧。
  2. ^ 京急 横浜駅に副駅名称を導入します”. 京浜急行電鉄 (2015年5月19日). 2015年5月21日閲覧。
  1. ^ “相鉄線全駅で「駅ナンバリング」を導入します” (PDF) (プレスリリース), 相模鉄道, (2014年2月25日), https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/140225_01.pdf 2015年6月11日閲覧。 
  2. ^ “相鉄ジョイナス地下1階と横浜駅中央通路をつなぐ横浜駅西口新設地下連絡通路が開通します 12月7日(土)から” (PDF) (プレスリリース), 相鉄アーバンクリエイツ、相鉄ビルマネジメント, (2019年11月26日), オリジナルの2020年12月7日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201207150014/https://www.sotetsu.co.jp/media/2019/pressrelease/pdf/r19-128-xun.pdf 2020年12月11日閲覧。 
  3. ^ 4月1日(日)から全駅に運行情報ディスプレイを設置 (PDF)”. 相模鉄道 (2012年3月1日). 2015年6月11日閲覧。
  4. ^ “3月から使用開始 横浜駅にホームドアを設置します” (PDF) (プレスリリース), 相模鉄道(株), (2015年12月7日), https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/151207_01.pdf 2016年1月18日閲覧。 
  5. ^ 横浜駅2番線ホームドア運用開始のご案内”. 相模鉄道. 2016年12月20日閲覧。
  6. ^ 横浜駅1番線ホームドア運用開始のご案内”. 相模鉄道. 2017年2月21日閲覧。
  1. ^ “東横線とみなとみらい21線との相互直通運転開始に伴う東横線横浜〜桜木町間の廃止について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京急行電鉄, (2003年1月30日), オリジナルの2015年4月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150414235412/http://www.tokyu.co.jp/file/030130.pdf 2020年5月1日閲覧。 
  2. ^ “みなとみらい線との相互直通運転開始に伴い2004年2月1日(日)、東横線のダイヤを改正します 渋谷〜横浜間の所要時間がさらに短縮、最短26分に” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京急行電鉄, (2003年11月27日), オリジナルの2015年4月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150414235310/http://www.tokyu.co.jp/file/031127-1.pdf 2020年5月1日閲覧。 
  3. ^ “みなとみらい21線の開業日・東急東横線との相互直通運転の開始日が決まりました!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 横浜高速鉄道/東京急行電鉄, (2003年7月9日), オリジナルの2020年12月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201217054958/https://www.tokyu.co.jp/file/030709.pdf 2021年1月15日閲覧。 
  1. ^ “いつ終着? 横浜駅工事”. 朝日新聞 (朝日新聞東京本社): p. 21 地域面 湘南版. (2015年11月24日). http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20151124150150001.html 2015年11月24日閲覧。 
  2. ^ 藤亮平 (2010年11月21日). “かながわ駅めぐり 横浜駅(横浜市西区) 工事は続くよ どこまでも”. 読売新聞 (株式会社読売新聞東京本社): p. 31 地域面 横浜版. オリジナルの2014年1月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140109044702/https://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/feature/yokohama1280766292480_02/news/20101205-OYT8T00186.htm 2010年11月24日閲覧。 
  3. ^ “「横浜駅バリアフリーマップ」配布へ-点字で駅の構造表示”. ヨコハマ経済新聞. (2008年3月31日). http://www.hamakei.com/headline/3109/ 2015年6月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d 「横浜駅の東西連絡通路 きょうオープン」『交通新聞』交通協力会、1980年11月7日、1面。
  5. ^ 「相鉄横浜駅のホーム柵完成」『交通新聞』交通新聞社、2001年5月11日、1面。
  6. ^ “京急線横浜駅に新規7店舗-「エキナカ」充実で集客狙う”. ヨコハマ経済新聞. http://www.hamakei.com/headline/3021/ 2013年10月2日閲覧。 
  7. ^ a b 期間限定の「ルミネ」オープンへ…横浜駅西口 読売新聞、2014年1月1日付[リンク切れ]
  8. ^ “横浜駅西口で貸し切りバス専用乗降場運用へ 混雑緩和狙う”. 神奈川新聞. (2017年7月22日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-16178.html 2019年5月17日閲覧。 
  9. ^ “横浜駅西口再開発ビル縮小 JR東、震災受け安全性重視”. 日本経済新聞. (2013年6月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO56212830U3A610C1L72000/ 2015年7月5日閲覧。 
  10. ^ “東京五輪に間に合う! 横浜駅西口に地上26階建てビル”. 産経ニュース. (2014年4月23日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140423/kng14042322510010-n1.htm 2015年7月5日閲覧。 
  11. ^ “横浜駅西口ビル、工事本格化 予定地で安全祈願祭”. 神奈川新聞〈カナロコ〉. (2015年10月20日). http://www.kanaloco.jp/article/128682 2018年3月29日閲覧。 
  12. ^ “横浜駅西口駅ビル計画、東急がホテル跡地をJR東へ売却/神奈川”. 神奈川新聞〈カナロコ〉. (2013年12月27日). http://www.kanaloco.jp/article/70239 2018年1月21日閲覧。 
  13. ^ “東急/JR東日本に横浜駅西口の用地を譲渡”. 流通ニュース. (2014年1月6日). http://ryutsuu.biz/store/g010629.html 2015年7月5日閲覧。 
  14. ^ “横浜駅きた西口鶴屋地区再開発/44階建て複合ビル、18年度着工へ/準備組合”. 日刊建設工業新聞. (2015年7月6日). http://www.decn.co.jp/?p=41945 2018年1月21日閲覧。 
  1. ^ 各駅の乗車人員 - JR東日本
  2. ^ 2020年度乗降人員 - 東急電鉄
  3. ^ 京急グループ会社要覧 2021 - 2022 (PDF)” (日本語). 京浜急行電鉄. p. 31. 2021年9月25日閲覧。
  4. ^ 1日平均各駅乗降人員 (PDF) - 相模鉄道
  5. ^ 1日あたりの各駅の乗降人員 - みなとみらい線






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「横浜駅」の関連用語

横浜駅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



横浜駅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの横浜駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS