岩波新書 岩波新書の概要

岩波新書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 06:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

古典を中心とした岩波文庫に対し、書き下ろし作品による一般啓蒙書を廉価で提供することを目的として、1938年(昭和13年)11月20日に創刊され、新書と呼ばれる出版形態の創始となった。

第二次世界大戦後、新書という出版形態が定着するに伴って創刊された中公新書1962年(昭和37年)創刊)、講談社現代新書1964年(昭和39年)創刊)とともに、教養新書御三家[1]新書の御三家[2]と称された。

サイズは縦173mm、横105mmである。縦・横の長さの比率は(1:1.6476)であり、黄金比(1:1.6180)に近い値になっている。

沿革

赤版として創刊

創刊の作業は、当時の編集部の吉野源三郎が担当し、吉野が目にしたイギリスペーパーバックであるペリカン・ブックスを参考に判型が決められた。装幀は吉野の依頼を受け、美学者美術史学者である児島喜久雄が担当。2006年(平成18年)まで長く用いられた表紙のランプや、部分の四隅でを吹きかけあうアネモイギリシャ神話風神)を描いた。また創刊当初の表紙の色を赤一色にしたのは岩波茂雄の指示による。

創刊の辞は「道義の精神に則らない日本の行動を深慮し、権勢に媚び偏狭に傾く風潮と他を排撃する驕慢な思想を戒め、批判的精神と良心的行動に拠る文化日本の躍進を求めての出発である」と、「岩波新書創刊50年、新版の発足に際して」(1998年1月)に引用されている。

この赤版は戦争による一時中断を経て、101点刊行された[3]

岩波新書創刊第一冊目は、矢内原忠雄リンカーンエレミヤ日蓮新渡戸稲造などの伝記を『余の尊敬する人物』と題して構想しており、岩波の了解も得ての予定だったが急遽変更となり、1938年(昭和13年)赤版1、2の上・下二冊としてクリスチーの『奉天三十年』(上・下)を翻訳で発刊した[4]。発刊の辞は「今茲に現代人の現代的教養を目的として岩波新書を刊行する」としている[5]

1944年、苛烈な戦時下にあって、岩波新書は刊行点数98点を以て中絶のやむなきにいたり、超えて1946年、3点を発行したのを最後に赤版新書は終結した[5]

青版として再出発

1949年(昭和24年)4月、出版点数が100を越えたのを機に[6]、装いを新たに表紙を青(いわゆる青版[注 1])に変更した。この青版は、「国民大衆に自立的精神の糧を提供すること」を願って再出発するという意味合いが込められている。

この叢書の果たすべき課題として、「世界の民衆的文化の伝統を継承し、科学的にしてかつ批判的な精神を鍛えること」「科学的な文化のくびれを投げ捨てるとともに、日本の進歩的文化遺産を蘇らせて国民的誇りを取りもどすこと」「在来の独善的装飾的教養を洗いおとし、民衆の生活と結びついた新鮮な文化を建設すること」の三つを設定している[7]

1950年代までは、小説作品が収められることもあった。(横光利一『薔薇』(赤版)、趙樹理『結婚登記』(青版)など)

1960年代まではひもしおりが貼付されていたが、岩波文庫と同様に、1970年代からは紙しおりのはさみこみ(片面が新刊案内になっている)に変えられた。

黄版への転換

1977年(昭和52年)4月に青版の刊行が1,000点を越え、岩波新書創立40周年を迎えるのを機に黄色に改められた(黄版)。時代の様相は「戦争直後とは全く一変し、国際的にも国内的にも大きな発展を遂げながらも、同時に混迷の度を深めて転換の時代」を迎えていた。日本は「アジア民族の信を得ないばかりか、近年にいたって再び独善偏狭に傾くおそれ」の方向に向かいつつある。三たび装を改めたのは、「新世紀につながる時代に対応する」ことを願ってのことである[8]

1982年(昭和57年)からの新刊・重版は、赤版・青版も含めてカバーがかけられるようになり、今までの表紙・裏表紙の装丁はカバーに引き継がれた。

新赤版へ

1988年(昭和63年)1月に、岩波新書創刊50年・総刊総数1,500点をもって新赤版に改められた。1990年代中盤までは新赤版の裏カバーは赤地一色であったが、この頃裏カバーのデザインが白地に変更され、中心には赤い線でナンテンのマークが描かれるようになった。また、これまで細字だった書名と著書名が太字に改められた。

新赤版のリニューアル

2006年(平成18年)3月で新赤版の刊行が1,000点を迎え、同年4月の1,001点目の刊行となった柄谷行人世界共和国へ』から、装幀がリニューアルされた。書名と著書名を横書きから縦書きに改め、右上に風神Notusをあしらい、左下に「岩波新書 数字で何点目」、つや消しにするなど、長く用いられた児島喜久雄のデザインが改められ、「21世紀の教養新書」[注 2]として新たに出発することとなった。キャッチコピーは「変わりますが、変わりません」であった。この時、裏カバーのバーコード、ISBNコード、定価の下にランプのマークが描かれるようになった。

2014年(平成26年)9月19日、岩波新書は通算で刊行3,000点を突破した[9]

分類

岩波新書の赤版(初代)、青版、黄版、新赤版の4種類の分類は以下の通り[10][11]

岩波新書の分類[10][11]
種類 発行期間 発行点数 分類
赤版(初代) 1938年11月20日-1946年10月10日 101点 R
青版 1949年4月5日-1977年4月22日 1000点 A=政治・法律
B=経済・社会
C=思想・心理・言語・教育・宗教
D=世界史・日本史
E=文学・芸術
F=記録・随筆
G=理・工・医・科学史
黄版 1977年5月20日-1987年12月21日 396点
新赤版 1988年1月20日-2006年3月22日 1000点
8点 別冊
2006年4月20日-現在 21世紀の教養新書(リニューアル)

注釈

  1. ^ 表紙の装いは、上から横書きで著者名・書名・ランプ・新書名・数字で何点目、裏表紙は左側に縦に白色の波形が入りその他の部分は青で左下に水差しのカットに「イワナミ」を入れており、扉表紙は表紙の装いからランプを外したもので、周りを風神で囲んでいる。
  2. ^ 創刊の辞にも「道義の精神に則らない日本の行動を憂慮し、批判的精神と良心的行動の欠如を戒めつつ、に現代人の現代的教養を刊行の目的とする」と謳っている。(「岩波新書赤版1000点に際して」より)

出典

  1. ^ 必死の1年 - 新書・今月の編集長便り 新潮社
  2. ^ 新潮新書創刊三周年によせて 松田哲夫、「波」2006年5月号、新潮社
  3. ^ 「岩波新書創刊50年、新版の発足に際して」(1988年1月)岩波新書〈新赤版〉の各新書より。
  4. ^ 鴨下重雄他編 『矢内原忠雄』 学生社 2011年 4ページ
  5. ^ a b 「岩波新書新版の発足に際して」1977年5月から
  6. ^ 1949年(昭和24年)3月の「岩波新書の再出発に際して」。
  7. ^ 「岩波新書の再出発に際して」(1949年3月)より
  8. ^ 「岩波新書創刊五十年・新版の発足に際して」より
  9. ^ “【手帖】岩波新書、刊行3000点を突破”. 産経新聞. (2014年9月28日). https://www.sankei.com/life/news/140928/lif1409280023-n1.html 2019年3月4日閲覧。 
  10. ^ a b 岩波新書Q&A
  11. ^ a b 鹿野 2006, pp. i–ii
  12. ^ a b 鹿野 2006, pp. 16f
  13. ^ 中島 1997, pp. 106–109
  14. ^ a b 「岩波新書 ロングセラーの宝庫」『読売新聞』2008年6月3日付朝刊、19頁。
  15. ^ 鹿野 2006, p. 247


「岩波新書」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岩波新書」の関連用語

岩波新書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



岩波新書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩波新書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS