特定規模電気事業者とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 特定規模電気事業者の意味・解説 

特定規模電気事業者

読み方:とくていきぼでんきじぎょうしゃ
英語:power producer and supplierPPS

電力供給事業とする会社のうち、一般電気事業者には該当せず、50kW以上の高圧電力を必要とする需要家対象電力小売り供給を行う事業者

特定規模電気事業者は一般電気事業者電線網を借り受け特定の需要家電力供給を行っている。電力供給相手先、および供給対象となる場所ごとに、届出行い経済産業大臣許可を受ける必要がある

特定規模電気事業者は、いわゆる電力自由化」によって可能となった業態である。他にも、電力会社に対して電気販売を行う「独立発電事業者」(IPP)などがある。

関連サイト
電気事業の概要 - 経済産業省関東経済産業局
特定規模電気事業 - 経済産業省北海道経済産業局

新電力

読み方:しんでんりょく
別名:新規の電力販売事業者新規電力販売事業者、特定規模電気事業者
英語:Power Producer and SupplierPower Producer & SupplierPPS

一定規模高圧電力需要特定規模需要)を持つ需要家対す電力供給を、東京電力関西電力などの「一般電気事業者」の送電インフラ通じて行う電気事業者1999年電気事業法改正において、電力小売事業自由化推進を図るために導入された。2010年半ば時点で最も新参事業区分となっている。

新電力が供給対象とする需要家は、工場はじめとする大規模施設である。施行当初は500kW以上の需要家対象とされた。これは2000年代半ばに50kW以上までに引き下げられ、商店なども供給対象含まれるようになったが、住宅などは新電力の供給対象に含まれない。

新電力は法令上は「特定規模電気事業者」と呼ばれるが、これと似た電気事業区分に「特定電気事業者」がある。特定電気事業者は、特定の供給地点における電力需要にのみ対応し、自前設備用いて発電送電を行う事業者を指す。JR東日本などは特定電気事業者該当する。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特定規模電気事業者」の関連用語

特定規模電気事業者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



特定規模電気事業者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS