独立発電事業者とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 独立発電事業者の意味・解説 

独立系発電事業者

(独立発電事業者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/02 05:23 UTC 版)

独立系発電事業者(英語: Independent Power Producer、IPP)は公益事業に分類されない、売電のための発電設備を保有している事業者のこと[1]非電気事業者(英語: Non-utility generator)とも呼ばれる。非電気事業者は小口のエネルギー生産者など私有の施設、企業、共同体で、エネルギー産業上の懸念がなく、電力系統に余剰なエネルギーを供給する企業である[2]


  1. ^ Independent Power Producer (IPP) - Americas Generators”. Gopower.com. 2012年2月8日閲覧。
  2. ^ a b independent power producer (IPP), non-utility generator (NUG)”. Energyvortex.com. 2012年2月8日閲覧。
  3. ^ 当該の発電能力保有のために公益事業が払うはずだった金額
  4. ^ [1][リンク切れ]


「独立系発電事業者」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「独立発電事業者」の関連用語

独立発電事業者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



独立発電事業者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独立系発電事業者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS