溜池山王とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 駅名 > 溜池山王の意味・解説 

溜池山王

読み方:タメイケサンノウ(tameikesannou)

所在 東京都(東京地下鉄銀座線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

溜池山王駅

(溜池山王 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 05:50 UTC 版)

溜池山王駅(ためいけさんのうえき)は、東京都千代田区永田町二丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)のである。


記事本文

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 佐藤公一(帝都高速度交通営団運輸本部運輸部運転課)「平成9年9月30日、都心ネットワークがさらに充実! 営団地下鉄南北線 四ツ谷-溜池山王間延伸開業」『鉄道ファン』第37巻第12号(通巻440号)、交友社、1997年12月1日、 69 - 71頁。
  2. ^ a b c d e “人にやさしい、より便利な地下鉄を目指して 平成9年9月30日(火)南北線四ツ谷・溜池山王間 銀座線溜池山王駅が開業いたします。” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (1997年9月1日), オリジナルの1998年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/19980630203213/http://www.tokyometro.go.jp/news/97-17.html 2020年5月2日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  4. ^ 関田崇(東京地下鉄経営企画本部経営管理部)「総説:東京メトロ」『鉄道ピクトリアル』第66巻第12号(通巻926号)、電気車研究会、2016年12月10日、 17頁、 ISSN 0040-4047
  5. ^ a b “人にやさしい、より便利な地下鉄を目指して 南北線四ツ谷・溜池間、本年9月末開業へ。南北線四ツ谷・溜池間、駅名決まる。銀座線虎ノ門・赤坂見附間、新駅の駅名決まる。” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (1997年3月19日), オリジナルの1998年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/19980630203045/http://www.tokyometro.go.jp/news/97-03.html 2022年3月13日閲覧。 
  6. ^ a b “新駅名は溜池山王 地下鉄南北・銀座線”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 31. (1997年3月20日) 
  7. ^ a b “人にやさしい、より親しまれる地下鉄をめざして 「関東の駅百選」に溜池山王駅が選定されました。” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (1998年10月8日), オリジナルの2004年2月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040205203215/http://www.tokyometro.go.jp/news/98-28.html 2020年5月2日閲覧。 
  8. ^ (監修)「鉄道の日」関東実行委員会 『駅の旅物語 関東の駅百選』(初版)人文社、2000年10月14日、38 - 39・227頁頁。ISBN 4795912807 
  9. ^ “平成12年9月26日 営団南北線 溜池山王・目黒間、都営三田線 三田・目黒間開業 東急目黒線との相互直通運転開始 開業区間の運賃及び相互直通運転に伴う運行形態を決定” (日本語) (プレスリリース), 帝都高速度交通営団/東京急行電鉄/東京都交通局, (2000年8月30日), オリジナルの2004年2月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040205175209/http://www.tokyometro.go.jp/news/2000-s02.html 2020年5月2日閲覧。 
  10. ^ “営団南北線 都営三田線 9月26日に目黒延伸開業/都心の新動脈完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2000年2月9日) 
  11. ^ “「営団地下鉄」から「東京メトロ」へ” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (2004年1月27日), オリジナルの2006年7月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060708164650/https://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-06.html 2020年3月25日閲覧。 
  12. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月5日閲覧。 
  13. ^ a b “〜街にゆかりのあるメロディがホームを彩ります〜 銀座線の4駅に街のイメージに合った発車合図メロディを導入します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2012年10月24日), オリジナルの2019年5月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190511235621/https://www.tokyometro.jp/news/2012/pdf/metroNews20121024_ginzamelody.pdf 2020年3月7日閲覧。 
  14. ^ a b “南北線の発車メロディをリニューアル! 各駅に新しい発車メロディを導入します。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2015年3月2日), オリジナルの2019年5月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190510120512/https://www.tokyometro.jp/news/2015/article_pdf/metroNews20150302_21.pdf 2020年3月25日閲覧。 
  15. ^ “東京メトロ×サントリーコーヒー「BOSS」 昭和・平成を走り続けた地下鉄の車両が自販機に再就職!?「THE VENDING TRAIN」〜2月22日(金)より東京メトロ銀座線溜池山王駅に設置開始〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄/サントリー, (2019年2月22日), オリジナルの2020年3月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200329093147/https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews2019022_g10.pdf 2020年3月29日閲覧。 
  16. ^ a b c d 東京地下鉄道南北線建設史、pp.516 - 520。
  17. ^ 東京地下鉄道南北線建設史、pp.333 - 336。
  18. ^ 東京地下鉄 『パンフレットで読み解く 東京メトロ 建設と開業の歴史』実業之日本社、2014年3月28日、198頁。ISBN 978-4-408-11060-8 
  19. ^ a b c 「線路略図」『鉄道ピクトリアル』第66巻第12号(通巻第926号)、電気車研究会、2016年12月10日、 巻末、 ISSN 0040-4047
  20. ^ 音楽制作”. エピキュラス. 2016年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月31日閲覧。
  21. ^ 「南北線」曲目リスト (PDF)”. 東京メトロ「南北線」が新駅メロディ採用 制作:株式会社スイッチ. スイッチ (2015年3月2日). 2019年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月28日閲覧。
  22. ^ 都バス路線案内図、1997年9月発行、東京都交通局

利用状況

  1. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  2. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  3. ^ 行政資料集 - 港区
  4. ^ 行政基礎資料集 - 千代田区


「溜池山王駅」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

溜池山王のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溜池山王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溜池山王駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS