左手デバイスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 左手デバイスの意味・解説 

左手デバイス

読み方ひだりてデバイス
別名:左手用デバイス左手補助デバイス左手入力用デバイス
【英】left-hand controller

左手デバイスとは、右利きの人が左手使用して入力操作を行えるようにするための補助的入力装置通称である。

左手デバイスは、利き手ペンを持ったりゲーム操作を行ったりしながら補助的操作を行う際に用いられる。複数ショートカットキーポインティングデバイスなどが搭載されており、利き手でない左手で簡単に、かつ豊富な操作ができるように工夫されている。用途機能多種多様であり、様々な形状機能のものが発売されている。


入力機器

(左手デバイス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/21 04:53 UTC 版)

入力機器(にゅうりょくきき、英語: Input device)とは、コンピュータ情報機器などの情報処理システムへデータと制御信号を入力するために使われる周辺機器ハードウェア機器の一部)である。入力機器の例としては、キーボードマウスイメージスキャナデジタルカメラジョイスティックなどが挙げられる。






「入力機器」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

左手デバイスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



左手デバイスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ左手デバイスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入力機器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS