大航海時代以前とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 大航海時代以前の意味・解説 

大航海時代以前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 00:51 UTC 版)

海戦」の記事における「大航海時代以前」の解説

ガレー船時代の海戦戦術」も参照 海軍古代地中海で生まれた考えられている。これは、中国などはあくまで陸上で戦闘中心であったに対しヨーロッパ周辺では地中海舞台とした海上交易早くから始まったため、その制海権確保することが重要だったことに起因する紀元前15世紀からフェニキア地中海制しその後古代ギリシア海軍地中海制した古代海戦ガレー船中心で、船上控えた兵士が弓や剣で敵船斬り込んで戦闘行った紀元前1178年頃 - 古代エジプトラムセス3世デルタの戦い「海の民」連合軍勝利する紀元前480年サラミスの海戦三段櫂船擁しテミストクレス率いギリシア艦隊が艦数で勝るペルシア艦隊撃破した紀元前31年アクティウムの海戦では、ローマ艦隊アントニウス率いカタパルト装備したエジプト艦船に対して火矢と火壺を投擲して勝利を収めている1538年プレヴェザの海戦オスマン帝国宿敵アンドレア・ドーリア軍(スペイン)を撃破し地中海制圧スペイン勢力地中海から締め出しイスラム教徒覇権確立する1571年起きたレパントの海戦ガレー船同士海戦頂点であり、ガレアス船投入など艦載砲使用されたが、依然として接舷しての移乗攻撃決定的な役割果たした

※この「大航海時代以前」の解説は、「海戦」の解説の一部です。
「大航海時代以前」を含む「海戦」の記事については、「海戦」の概要を参照ください。


大航海時代以前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 15:31 UTC 版)

ホンジュラスの歴史」の記事における「大航海時代以前」の解説

詳細は「コパンを参照 史前時代ホンジュラス考古学により多民族社会であることが証明されているこの時代文明ホンジュラス西部グアテマラとの国境地帯にあるコパン周辺見つかっているマヤ文明重要でありコパン文明150年頃に繁栄しはじめ、古典期後期にあたる700年から850年にその頂点達した。この文明多くの銘刻と石碑を残している。コパン王国5世紀から9世紀まで続きその前身は少なくとも2世紀までたどることができる。 マヤ文明9世紀より大幅な人口減見られたが、少なくとも1200年まではコパンとのその周辺人間居住していた証拠見つかっている。コパンスペインホンジュラス発見するまでに密林化しており、生き残ったチョルティ族西方にいた同じチョルティ語を話す他部族隔絶していた。一方マヤ人属しないレンカ人ホンジュラス西部支配した

※この「大航海時代以前」の解説は、「ホンジュラスの歴史」の解説の一部です。
「大航海時代以前」を含む「ホンジュラスの歴史」の記事については、「ホンジュラスの歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大航海時代以前」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大航海時代以前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大航海時代以前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海戦 (改訂履歴)、ホンジュラスの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS