大航海時代と北西航路の探求とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 大航海時代と北西航路の探求の意味・解説 

大航海時代と北西航路の探求

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 07:50 UTC 版)

北アメリカの探検」の記事における「大航海時代と北西航路の探求」の解説

詳細は「ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化を参照 ヴァイキング航海旧世界において一般的な知識はならず1492年に続く最初の数十年まで、ヨーロッパ人アメリカ全体存在知らないままだった。 シルクロードよりも短い中国への交易ルート確立するため、東アジア(または「インディーズ地域呼ばれる)への北西航路求めてヨーロッパ諸国から多くの探検開始された。コンスタンティノープルの陥落により、そうした交易ルート是が非でも必要とされていたのであるまた、カスティーリャ王国アフリカ回ってインドおよび東アジアへと向かポルトガル管理していた東側海上交易ルートに代わるものを必要としていた。 1492年8月3日クリストファー・コロンブスイサベル1世 (カスティーリャ女王)からの出資を受けてウエルバ県にあるパロス・デ・ラ・フロンテーラの港から出航したバハマキューバイスパニョーラ島発見というコロンブス初航海における手紙は、そのニュースをたちまちヨーロッパ中に広めた2回目航海コロンブス小アンティル諸島再発見してその大半探索し3回目航海では南アメリカ北部沿岸通りながらトリニダード・トバゴ発見した彼の4回目航海中央アメリカ海岸詳細調査費やされた。クリストファー・コロンブス航海新世界開いたイタリア航海士探検家ジョヴァンニ・カボートは、ヘンリー7世 (イングランド王)嘱託の下、1497年6月24日北アメリカ大陸発見したとされている彼の発見正確な位置には議論が残るも、カナダおよびイギリス政府の公式見解では彼はニューファンドランド島上陸した。ジョヴァンニ・カボート(の航海を通じイングランド存在は、1500年のフアン・デ・ラ・コサ(英語版)の地図示された1499年ジョアン・フェルナンデス・ラヴラドールマヌエル1世 (ポルトガル王)による権利許諾を受け、ペロ・デ・バルセロスと共同でグリーンランド到着しレイフ・エリクソン以来初めラブラドル半島 (これは彼ラヴラドールにちなん名付けられた)を発見することとなった帰国後、彼はイングランドの名において航海をするためブリストル赴いた可能性があるほぼ同じ頃、1499年から1502年間にガスパルミゲルコルテレアル兄弟グリーンランドラブラドールニューファンドランド命名され海岸探検して探索した北アメリカ海岸を「Terra Verde」と名付けた。どちらの探査1502年のカンティーノ平面天球図(英語版)に記載された。 コロンブスアジア到達していなかったことはすぐに理解されたが、それはむしろヨーロッパ人にとって新世界なるもの発見であり、その地は1507年マルティン・ヴァルトゼーミュラー地図上で恐らくはアメリゴ・ヴェスプッチにちなんで「アメリカ」と名付けられた。

※この「大航海時代と北西航路の探求」の解説は、「北アメリカの探検」の解説の一部です。
「大航海時代と北西航路の探求」を含む「北アメリカの探検」の記事については、「北アメリカの探検」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大航海時代と北西航路の探求」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大航海時代と北西航路の探求」の関連用語

大航海時代と北西航路の探求のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大航海時代と北西航路の探求のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの北アメリカの探検 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS