サザン (列車)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > サザン (列車)の意味・解説 

サザン (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/06 13:29 UTC 版)

サザン英語: SOUTHERN)は、南海電気鉄道が、難波駅 - 和歌山市駅和歌山港駅間を南海本線和歌山港線経由で運行する特急列車である。指定席車両と自由席車両の両方を連結して運行している。


注釈

  1. ^ ラピートこうや・りんかん泉北ライナーに乗り継ぐ場合は別料金となる。
  2. ^ 南海電鉄公式サイトのこちらのページでは、「特急サザン指定券」の表現を用いている。
  3. ^ 行楽期にはみさき公園駅停車の全車両座席指定・臨時「サザン」が運転されていた。
  4. ^ 空港線との連絡で両側のドアを開閉するようになったため。
  5. ^ 上りは指定席側に2名、下りは指定席側・自由席側に1名ずつ乗務する。

出典

  1. ^ 南海 和歌山港駅 時刻表” (PDF). 南海電気鉄道 (2019年4月6日). 2020年2月3日閲覧。
  2. ^ イカロス出版「私鉄特急年鑑」2011-2012
  3. ^ 電気車研究会鉄道ピクトリアル」2015年12月号(No.911)、「南海電気鉄道8300系」87ページ。
  4. ^ 新型特急「サザン」12000系が9月1日から営業運転開始 (PDF) - 南海電気鉄道ニュースリリース 2011年5月30日
  5. ^ a b 泉北・南海双方の12000系を交換して運用します。 - 泉北高速鉄道 2018年8月17日
  6. ^ 南海9000系と12000系が併結される - railf.jp
  7. ^ 南海電気鉄道『南海二世紀に入って十年の歩み』1995年、69,106頁。 
  8. ^ a b c d 南海電気鉄道『南海二世紀に入って十年の歩み』1995年、71頁。 
  9. ^ 藤井信夫『車両発達史シリーズ 6 南海電気鉄道 下巻』関西鉄道研究会、1998年12月、110頁。 
  10. ^ “南海「サザン」ニューモデル登場”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1992年4月11日) 
  11. ^ 藤井信夫『車両発達史シリーズ 6 南海電気鉄道 下巻』関西鉄道研究会、1998年12月、110-111頁。 
  12. ^ 10月18日(土)から南海線・空港線のダイヤを変更します” (PDF). 南海電気鉄道 (2014年9月2日). 2016年6月27日閲覧。
  13. ^ 「さようなら7000系 最後の懐かしの緑色サザン8両編成に乗って住之江車庫で撮影しよう!」 (PDF) - 南海電気鉄道 2015年9月8日
  14. ^ 南海電鉄創業130周年&さようなら7000系記念企画”. 南海電鉄. 2015年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月9日閲覧。
  15. ^ 住ノ江検車区で南海7000系の引退記念撮影会開催”. 『鉄道ファン』鉄道ニュース(交友社) (2015年10月4日). 2015年10月4日閲覧。
  16. ^ 南海9000系と12000系が併結運転される - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2015年12月11日
  17. ^ 台風の影響による列車の運休区間・運転再開について - 南海電気鉄道、2017年11月1日
  18. ^ 南海線の上下線運転再開・高野線の運休区間について - 南海電気鉄道、2017年11月21日閲覧
  19. ^ 電気車研究会鉄道ピクトリアル」2015年12月号(No.911)、「南海電気鉄道8300系」87ページ


「サザン (列車)」の続きの解説一覧

「サザン (列車)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サザン (列車)」の関連用語

サザン (列車)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サザン (列車)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサザン (列車) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS