ゲーマルクとは? わかりやすく解説

ゲーマルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 08:43 UTC 版)

ネオ・ジオンの機動兵器」の記事における「ゲーマルク」の解説

『機動戦士ガンダムΖΖ』登場メカニックデザイン明貴美加ニュータイプ専用の重MSで、ドーベン・ウルフとともに第4世代MS代表格とされるアクシズ側でも開発成功したΖΖガンダム並み火力もたらすメガ・コンデンサーによって機体各所メガ粒子砲搭載しており、死角持たないまた、マザー・ファンネル・システムにより長距離ファンネル攻撃が可能であるが、高度なシステムであるため強化人間にしか扱えない。しかし、サイコガンダムMk-II回収により連邦軍技術吸収したアクシズサイコミュ技術の向上により、キュベレイなど初期ニュータイプ専用MSよりは扱いやすくなっている。 強化人間となったキャラ・スーン搭乗し、常にガズアルとガズエルを付き従えて出撃する実戦参加確認できるのはこの1機だけだが、量産化されたとする資料もある。 武装 マザー・ファンネル / チルド・ファンネル 本機特徴的な武装。マザー・ファンネルは大型ビット兵器で、背部に2基装備独立したジェネレーター内蔵しており、直結式のメガ粒子砲出力5.5メガワット。小型のチルド・ファンネル(出力1.8メガワット)を14基ずつ収納する。 マザー・ファンネルは感応波の中継および増幅装置としても機能する。マザー・ファンネルを前線投入し、さらにそこからチルド・ファンネルを射出することで、既存ファンネル稼働範囲凌駕する長距離攻撃が可能となっている。 2連装ビーム・ランチャー 両肩装備出力2.3メガワット。 ハイパー・メガ粒子砲 胸部中央装備出力30.5メガワットで、メガライダーのメガ・バズーカ・ランチャー匹敵するメガ粒子砲 胸部左右に2連装出力4.5メガワット)、股間部に単装(出力6.2メガワット)、両手指に3連装このため本機の手ミトンになっている出力4メガワット)のものを装備ビーム・ライフル 両手親指装備「ライフル」呼ばれる固定武装である。出力2.3メガワット。 3連装グレネード・ランチャー 両前腕部甲に装備本機唯一の実体弾兵器ビーム・サーベル 本機唯一の携行武装で、両膝装備本機の手合わせてグリップ四角リングになっている出力0.85メガワット。 メガ・ビーム・カノン 両脚装備使用時には上方起き上がり砲身前方スライドする出力3.8メガワット。 このほか、足底変形して強力なクローとなる。また、両肩上面ハードポイントがある。 劇中での活躍 『ΖΖ』第42話で初登場強化人間となったキャラ・スーン搭乗し、常にギーレン兄弟搭乗するガズアルとガズエルを付き従えるサイド3小惑星キケロ近傍ΖΖガンダム交戦するが、ジュドー呼びかけキャラ錯乱しギーレン兄弟なだめられ撤退する。第43話では、サイド3コロニーコア3」でハマーン襲撃するプルツーのキュベレイMk-II交戦し撤退追い込む第45話では、アクシズ占拠したグレミー・トト叛乱軍と交戦ラカン・ダカラン率いスペース・ウルフ隊のドーベン・ウルフを3機撃破する第46話では、入れ替わり現れニュータイプ部隊クィン・マンサ量産型キュベレイファンネル応酬繰り広げるが、ジュドー説得により撤退その後のモウサ近傍戦闘でもプルツーのクィン・マンサ交戦するが、ラカンドーベン・ウルフにガズエルが撃破されたため撤退。第47話では、ハマーンキュベレイΖΖガンダム一騎討ち割って入る量産型キュベレイ部隊交戦バリヤー展開して無数のファンネル斉射跳ね返し次々敵機撃破するが、機体の損傷限界越え敵機道連れ爆散する。 漫画『機動戦士ガンダムΖΖ外伝 ジオンの幻陽』では上記以前の、地球降下作戦ハマーン不在アクシズエゥーゴ奇襲した際に、防衛隊の1機としてキャラ搭乗し2コマのみ登場する。これの原典は『ジ・アニメ1986年10月掲載の「第2回ガンダムΖΖここまで書いたヤバイかな!?」の記述であるが、「新型MS」とのみ記載されていた。

※この「ゲーマルク」の解説は、「ネオ・ジオンの機動兵器」の解説の一部です。
「ゲーマルク」を含む「ネオ・ジオンの機動兵器」の記事については、「ネオ・ジオンの機動兵器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ゲーマルク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲーマルク」の関連用語

ゲーマルクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゲーマルクのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのネオ・ジオンの機動兵器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS