木槌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 木槌の意味・解説 

木槌

木槌
木槌
金属板を打ち出したり、木臼に焼鈍(しょうどん)した金属板を打ち込むのに使用します。木製なので金属に傷がつかず、切ったり削ったりも楽に行えます。
また、物の絞りに用いたり、厚みをつけて絞りたいときに使用したりします。
[ 撞木シュモク] 元来鐘を打ち鳴らす道具でしたが、打ち出し打ち込み使います。
[ 掛矢カケヤ]  の木でできた一番大きな木当金のぶったてを木台立て時に使います。


木槌

作者高橋揆一郎

収載図書悪党のトマト
出版社河出書房新社
刊行年月1990.1


木槌

読み方:さいづち

  1. (一)他人にの上らぬ者をいふ、木槌の頭の重き喩ふ。(二)「-頭」。頭の形木槌に似たるもの。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/27 14:18 UTC 版)

(木槌 から転送)

(つち)とは、物を打ち付けたり、潰したりする工具の総称。英語でハンマー。漢字では、打撃部分が製のハンマーを、打撃部分が金属製のハンマーをと書く。「かなづち」はもっぱら「鎚」の方を意味する[1]




  1. ^ 漢字の意味「鎚と槌」
  2. ^ ヴィトルト・リプチンスキ『ねじとねじ回し』春日井昌子訳、株式会社早川書房、2003年10月31日5版発行、17~19頁。Witold Rybczynski 『ONE GOOD TURN (A Natural History of the Screwdriver and the Screw)』
  3. ^ THOMAS DUTTON 『THE HAND TOOLS MANUAL』p133、2007年発行、TSTC Publishing ISBN 978-1-934302-36-1
  4. ^ 茨城工専技術支援センターHP用語集
  5. ^ 大辞泉
  6. ^ 語源由来辞典
  7. ^ a b c 『DIY工具選びと使い方』2008年11月1日発行。ナツメ社。『作業工具のツカイカタ』2002年8月25日13版発行。大河出版。『DIY道具の便利帳』2010年9月11日初版発行。大泉書店。
  8. ^ 法廷画家のお仕事・法廷雑学
  9. ^ 弁護士吉成安友のブログ2011-04-17 22:48:08
  10. ^ 大辞泉


「槌」の続きの解説一覧





木槌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

木槌に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「木槌」の関連用語

木槌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鏨

ノギス

荒し鎚

当盤

砂袋

ヤスリ

金鋸

長手片口





木槌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2016 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの槌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS