pentobarbitalとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > pentobarbitalの意味・解説 

(−)‐ペントバルビタール

分子式C11H18N2O3
その他の名称:(-)-ペントバルビタール(-)-Pentobarbital、(-)-Pentobarbitone、(-)-ペントバルビトン、(-)-5-Ethyl-5-[(S)-1-methylbutyl]barbituric acid(-)-5-Ethyl-5-[(S)-1-methylbutyl]-2,4,6(1H,3H,5H)-pyrimidinetrione
体系名:5-エチル-5-[(S)-1-メチルブチル]バルビツル酸、5-エチル-5-[(S)-1-メチルブチル]ピリミジン-2,4,6(1H,3H,5H)-トリオン、5-エチル-5-[[S,(-)]-1-メチルブチル]バルビツル酸(-)-5-エチル-5-[(S)-1-メチルブチル]バルビツル酸(-)-5-エチル-5-[(S)-1-メチルブチル]-2,4,6(1H,3H,5H)-ピリミジントリオン


(+)‐ペントバルビタール

分子式C11H18N2O3
その他の名称:(+)-ペントバルビトン、(+)-Pentobarbitone、(+)-ペントバルビタール、(+)-Pentobarbital、(+)-5-Ethyl-5-[(R)-1-methylbutyl]barbituric acid、(+)-5-Ethyl-5-[(R)-1-methylbutyl]-2,4,6(1H,3H,5H)-pyrimidinetrione
体系名:5-エチル-5-[(R)-1-メチルブチル]バルビツル酸、5-エチル-5-[(R)-1-メチルブチル]ピリミジン-2,4,6(1H,3H,5H)-トリオン、5-エチル-5-[[R,(+)]-1-メチルブチル]バルビツル酸、(+)-5-エチル-5-[(R)-1-メチルブチル]バルビツル酸、(+)-5-エチル-5-[(R)-1-メチルブチル]-2,4,6(1H,3H,5H)-ピリミジントリオン


ペントバルビタール

分子式C11H18N2O3
その他の名称:ネンブタール、ドルシタール、ペントバルビタール、Dorsital、Nembutal、Pentobarbital、5-Ethyl-5-(1-methylbutyl)barbituric acid、5-Ethyl-5-(1-methylbutyl)-2,4,6(1H,3H,5H)-pyrimidinetrione、Pentobarbitone、ペントバルビトン
体系名:5-(1-メチルブチル)-5-エチルバルビツル酸、5-エチル-5-(1-メチルブチル)ピリミジン-2,4,6(1H,3H,5H)-トリオン、5-エチル-5-(1-メチルブチル)-2,4,6(1H,3H,5H)-ピリミジントリオン、5-エチル-5-(1-メチルブチル)バルビツル酸


ペントバルビタール

薬物ペントバルビタール
英名pentobarbital
化合物名or商品名ネンブタール
分子式C11H18N2O3
分子データ
用途鎮静剤催眠薬(抗痙攣麻酔作用)
副作用
胎,授乳児への影響安全度
備考
融点
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ペントバルビタール

(pentobarbital から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/13 01:57 UTC 版)

ペントバルビタール (Pentobarbital) は、短-中時間作用型のバルビツール酸系の鎮静催眠薬である。錠剤型の商品ラボナが販売されている。




  1. ^ a b 日本うつ病学会; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2012-07-26) (pdf). 日本うつ病学会治療ガイドライン II.大うつ病性障害2012 Ver.1 (Report) (2012 Ver.1 ed.). 日本うつ病学会、気分障害のガイドライン作成委員会. pp. 16-17、37. http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf 2013年1月1日閲覧。. 
  2. ^ a b 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2013年6月25日初版) (pdf). 睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドラインー出口を見据えた不眠医療マニュアル (Report) (2013年10月22日改訂版(医療従事者向けの記述が削除された版) ed.). 日本うつ病学会、気分障害のガイドライン作成委員会. http://www.jssr.jp/data/pdf/suiminyaku-guideline.pdf 2014年3月20日閲覧。. 
  3. ^ a b c d 引地, 和歌子、奥村, 泰之、松本, 俊彦「過量服薬による致死性の高い精神科治療薬の同定 : 東京都監察医務院事例と処方データを用いた症例対照研究」、『精神神経学雑誌』第118巻第1号、2016年、 3-13頁、 NAID 40020721720 抄録
  4. ^ a b 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長, “催眠鎮静薬、抗不安薬及び抗てんかん薬の「使用上の注意」改訂の周知について (薬生安発0321第2号)” (pdf) (プレスリリース), https://www.pmda.go.jp/files/000217230.pdf 2017年3月25日閲覧。 、および、使用上の注意改訂情報(平成29年3月21日指示分)”. 医薬品医療機器総合機構 (2017年3月21日). 2017年3月25日閲覧。
  5. ^ “ネンブタール注射液 販売中止のご案内” (pdf) (プレスリリース), 大日本住友製薬, (2007年1月), https://ds-pharma.jp/product/kaitei/pdf/hanbaityuusi/2007/nembutal_inj_kaitei_0701.pdf 2016年6月30日閲覧。 
  6. ^ a b “動物安楽死用の薬品で死刑執行 オクラホマ州”. CNN.co.jp. (2010年12月17日). オリジナル2010年12月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101221023853/http://www.cnn.co.jp/usa/30001264.html 2016年6月9日閲覧。 
  7. ^ Ed Pilkington (20 December, 2011). “Europe moves to block trade in medical drugs used in US executions”. Guardian. https://www.theguardian.com/world/2011/dec/20/death-penalty-drugs-european-commission 2016年6月9日閲覧。 
  8. ^ アメリカ精神医学会 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』 医学書院2004年、623-627頁。ISBN 978-0890420256
  9. ^ 医薬品医療機器総合機構 (2017年2月28日), “調査結果報告書” (pdf) (プレスリリース), 医薬品医療機器総合機構, http://www.pmda.go.jp/files/000217061.pdf 2017年3月25日閲覧。 


「ペントバルビタール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

pentobarbitalに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「pentobarbital」の関連用語

pentobarbitalのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウミトラノオ

パリーオオクワガタ

田井ノ浜海水浴場

ウオータージャケット

伊勢志摩の海女の磯笛

キリンソウ

部埼灯台

SAAB340B フルフライトシミュレーター





pentobarbitalのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペントバルビタール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS