山崎甚五郎とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 山崎甚五郎の意味・解説 

山崎甚五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/04 06:20 UTC 版)

山崎 甚五郎(やまざき じんごろう、1882年明治15年)7月2日 - 1927年昭和2年)6月19日)は日本の電気化学者、教育者。兵庫県多紀郡丸山村(現丹波篠山市)で誕生。苛性ソーダ電解法による製造方法を開発し大規模工業化への飛躍的な途を拓いた。粘土などからアルミナ酸化アルミニウム)を製造する方法を発明した。山梨高等工業学校(現山梨大学工学部)の初代校長。




「山崎甚五郎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山崎甚五郎」の関連用語

山崎甚五郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山崎甚五郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山崎甚五郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS