南部次郎とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 近代日本人の肖像 > 南部次郎の意味・解説 

南部次郎 なんぶ じろう

南部次郎の肖像 その1
天保6年9月17日明治44年3月5日 (1835~1911)

岩手盛岡生まれ盛岡藩士、外交官。父は盛岡藩主の南部氏一門であったが、父と対立して定禄を没収され、南部称することも禁止されて、一時期、東姓を名乗るその後許されて16歳近侍になり、嘉永6年(1853)家老となる。藩内保守派と対立したが、大参事となり戊辰戦争敗戦処理にあたった。後に外務省入り、清の芝罘(現煙台)初代領事となる。明治19年(1886)退官

キーワード 外交官
号・別称 東政図

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

東政図

(南部次郎 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/29 23:52 UTC 版)

東 政図(ひがし まさみち)は、幕末盛岡藩勤皇派家老で盛岡県大参事。後に外務省に入省し外交官となる。興亜会会員であり、そのアジア主義思想は石原莞爾にも影響を与えた。 一般に書籍などでは『東次郎』の表記で紹介される事が多い。




「東政図」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「南部次郎」の関連用語

南部次郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

頭山満

徳川家達

馬場辰猪

松平容保

平沼騏一郎

横井小楠

森鷗外

平沼騏一郎





南部次郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東政図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS