ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの意味・解説 

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

原題:THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT
製作国:アメリカ
製作年:2006
配給:UIP
スタッフ
監督:Justin Lin ジャスティン・リン
製作:Neal H. Moritz ニール・モリッツ
製作総指揮:Clayton Townsend クレイトン・タウンゼンド
脚本:Chris Morgan クリス・モーガン
撮影:Stephen F. Windon スティーヴン・ウィンドン
アニメーション監修:土屋圭市 ツチヤ
音楽:Brian Tyler ブライアン・タイラー
プロダクション・デザイン:Ida Random アイダ・ランダム
編集:Fred Raskin フレッド・ラスキン

Kelly Matsumoto ケリー・マツモト
衣装(デザイン):Sanja Milkovic Hays サーニャ・ミルコヴィック・ヘイズ
字幕:菊地浩司 キクチコウジ
技術顧問:Toshi Hayama トシ・ハヤマ
キャスト(役名
Lucas Black ルーカス・ブラック (Sean Boswell
Nathalie Kelley ナタリー・ケリー (Neela)
Bow Wow バウ・ワウ (Twinkie
Brian Tee ブライアン・ティー (Drift King
Sung Kang サン・カン (Han
Leonardo Nam レオナルド・ナム (Morimoto
北川景子 キタガワケイコ (Reiko
千葉真一 チバシンイチ (Kamata)
Brian Goodman ブライアン・グッドマン (Major Boswell
真木よう子 マキヨウコ (Woman at Apartment
柴田理恵 シバタリエ (Math Teacher
妻夫木聡 ツマブキサトシ (Exceedingly Handsome Guy
KONISHIKI コニシキ (Paw Man
土屋圭市 ツチヤ (Old Fisherman
Toshi Hayama トシ・ハヤマ (Toshi at Underground Garage
解説
ストリート・レース懸ける若者たちの姿を描く「ワイルド・スピードシリーズの第3弾。舞台東京移しアメリカ人青年公道高速道路でスピード・バトルを繰り広げる監督台湾出身新鋭ジャスティン・リン出演は「プライド 栄光への絆」のルーカス・ブラック。「間宮兄弟」の北川景子アメリカでも人気千葉真一カメオ出演妻夫木聡など、日本人俳優出演
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
カリフォルニア高校生ショーンルーカス・ブラック)は、衝突事故起こし3度目の逮捕を受ける。このままでは少年院行きになってしまい、ショーン軍人である父を頼って日本へ飛ぶ。日本高校編入し、言葉文化違い戸惑う彼に、同じアメリカからの留学生トウィンキー(BOW WOW)が声をかけるショーンが車好きであることを知った彼は、深夜立体パーキングへ誘う。そこはスピード・フリークが集うアンダーグランドレース場だった。ヤクザつながりを持つ無敵ストリート・レーサー、“ドリフト・キング”ことD.K.に目をつけられ、ショーン勝負を挑まれる。D.K.片腕ハンの車を借りドリフト挑戦したショーンは、カーブ曲がりきれずに完敗を喫し、ボロボロになった車を弁償するためハン借金取立て仕事手伝ハメに。しかし、そのおかげでショーンには仲間ができた。密かにD.K.潰したいと思っているハンは、ショーンのドライビングテクニックを見込んでドリフト練習をさせる。ハン所有する整備工場には、トゥインキーメカニック女の子レイコ北川景子)が集いショーン特訓を見守っていた。D.K.恋人ニーラも、自分と同じような境遇ショーン好意寄せる。D.K.はそんなショーン面白くない。さらに、ハン組織の上がりを着服していることが判明し、ヤクザボスである叔父カマタ責められたD.K.ハン粛清乗り出した。ハンの車はハンドルを切り損ねクラッシュし、炎上する。怒り燃えショーンカマタ直談判し、D.K.とドリフト・レースで決着をつけたいと申し出る勝負の場は、急カーブ断崖が待つ危険なコースである深夜の峠だ。かくしてプライドと自由を賭け戦いが幕を明けのだった

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/15 03:49 UTC 版)

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(原題: The Fast and the Furious: Tokyo Drift )は、ユニバーサル・ピクチャーズ製作、2006年9月16日東宝洋画系で全国公開のアメリカ映画である。今までのシリーズと異なり、アメリカではなく東京が舞台となっている。ストリートレーススポーツコンパクトドリフト走行を題材としたカーアクション映画である。




  1. ^ The Fast and the Furious: Tokyo Drift (2006)”. Box Office Mojo. 2009年11月10日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 110頁
  3. ^ a b 作中では事故のような描写がなされたが、2013年公開の『ワイルド・スピード EURO MISSION』、2015年公開の『ワイルド・スピード SKY MISSION』では、ハンは国際犯罪者で『EURO MISSION』で対峙したオーウェンの兄であるデッカード・ショウに殺害されたことが判明している
  4. ^ a b なお、ドミニクがショーンのもとを訪れた理由とスタート後の展開については『SKY MISSION』で描写されることとなる。同作ではレースシーンの部分はカットされているが、ハンの遺品をもらうシーンの話し合っているところで、ドミニクが勝利したことが分かる。
  5. ^ なお、その資金はカマタに直談判を試みようとしたショーンに託されることとなる。
  6. ^ 本業は「シネバザール」所属の映画プロデューサー。本作品では日本側ラインプロデューサーで参加している。
  7. ^ 劇中では明かされないが、主要登場人物用の車にはある程度の改造内容等についてキャラクター的設定がされていたという。
  8. ^ 原型を留めたままでは面白くないという映画制作側の見解もある。また、サン・カンも「コルベット(C2)のバックウインドウみたいだ」と語っていた。
  9. ^ アメリカの灯火基準ではウインカーとポジションランプが兼用可能であるため、北米仕様車の多くはウインカー部分が常時点灯しているか否かによって見分けることが可能。
  10. ^ ただしブライアンが演じた役は当初妻夫木聡が演じる予定だった(スケジュールの都合により辞退したため、スターターとしてのカメオ出演に留まった)。


「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の関連用語

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS