まさとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > まさの意味・解説 

マサ【(スペイン)masa】

読み方:まさ

ゆでたトウモロコシをひいて、こねた生地メキシコで、主食料の原材料となり、代表的なトルティーヤは、薄いせんべい状にのばして焼いたもの。


まさ【×柾】

読み方:まさ

《「正(まさ)」と同語源》

柾目」の略。「—の下駄

柾目紙」の略。


まさ【正】

読み方:まさ

[名・形動確かなこと。正しいこと。また、そのさま。→正(まさ)に

法印様はほんに見通しであり、—な事を言ひなんすから」〈人・恩愛二葉草


MASA

MASAの画像 MASAの画像
芸名MASA
芸名フリガナまさ
性別男性
URLhttps://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6378
プロフィールダンスパントマイム融合させた「DANCEMime Comedy」ガベジ。小さな子供からお年寄りまで、また国籍をも問わず誰にでも分かり易く楽しめる、単純 × 明快!なフィジカルコメディ。テレビから飛び出てたような二人キャラクター巻き込まれ会場中は、笑い驚きと、叫び!?空間早変わり近年海外での舞台公演多く2018年には中国での単独公演数が100回を突破、さらに2019年ニュージーランドに1か月23公演にわたる舞台大成功収めた。?
代表作品1ショーGABEZ公演GET A LIFE』(東京)』
代表作品2年2017
代表作品2ショーGABEZ Show(北京)』
代表作品3年2018
代表作品3ショーGABEZ THEATRE 2018 (東京)』
職種音楽

» タレントデータバンクはこちら

マサ

読み方:まさ

  1. 菜刀ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・三重県
  2. 刀ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・静岡県
  3. 菜刀ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・静岡県
  4. 切、野菜庖丁。〔第六類 器具食物

分類 三重県静岡県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

真砂

読み方
真砂まさ

読み方
まさ

読み方
まさ

読み方
まさ

読み方
まさ

マサ (曖昧さ回避)

(まさ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 10:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

マサまさ



まさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 16:01 UTC 版)

熱血高校ドッジボール部 強敵!闘球戦士の巻」の記事における「まさ」の解説

サングラスをかけている。『熱血高校ドッジボール部 サッカー編』と『熱血高校サッカー部 ワールドカップ編』に登場する熱血高校サッカー部主将のまさとは、別人

※この「まさ」の解説は、「熱血高校ドッジボール部 強敵!闘球戦士の巻」の解説の一部です。
「まさ」を含む「熱血高校ドッジボール部 強敵!闘球戦士の巻」の記事については、「熱血高校ドッジボール部 強敵!闘球戦士の巻」の概要を参照ください。


まさ(声:小林俊夫(CDサッカー編))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 22:38 UTC 版)

くにおくんシリーズ」の記事における「まさ(声:小林俊夫(CDサッカー編))」の解説

熱血高校サッカー部主将ポジションMFで、部の精神的支柱弱小だった熱血高校サッカー部悲願全国大会キップ手にしたことを祝って寿司パーティー繰り出す食中毒見舞われ全国大会出場危ぶまれるが、ドッジボール部の奮戦により窮地救われることになる。『WC編』でも引き続き登場している。キャラクタードットは『熱血物語』で登場した汎用敵キャラクターのものが流用されている

※この「まさ(声:小林俊夫(CDサッカー編))」の解説は、「くにおくんシリーズ」の解説の一部です。
「まさ(声:小林俊夫(CDサッカー編))」を含む「くにおくんシリーズ」の記事については、「くにおくんシリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「まさ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「まさ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



まさと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

まさのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



まさのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマサ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの熱血高校ドッジボール部 強敵!闘球戦士の巻 (改訂履歴)、くにおくんシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS