ぐ犯少年とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ぐ犯少年の意味・解説 

ぐ犯少年

読み方:ぐはんしょうねん
別名:虞犯少年

少年20歳未満の者)のうち、将来犯罪行為をするおそれがあると特に判断される少年少年法第3条の3に定義される少年通称

少年法第3条では「審判付すべき少年」として次のように定義している。
第三条  次に掲げる少年は、これを家庭裁判所審判付する。  一  罪を犯し少年  二  十四歳に満たない刑罰法令触れ行為をした少年  三  次に掲げる事由があつて、その性格又は環境に照して、将来、罪を犯し、又は刑罰法令触れ行為をする虞のある少年   イ   保護者正当な監督に服しない性癖のあること。   ロ   正当の理由がなく家庭寄り附かないこと。   ハ   犯罪性のある人若しくは不道徳な人と交際し、又はいかがわしい場所に出入すること。   ニ   自己又は他人徳性害する行為をする性癖のあること。
一、二、三において定義された区分は、それぞれ、一「犯罪少年」、二「触法少年」、三「ぐ犯少年」の語で指示される。

犯罪少年触法少年、ぐ犯少年は総称して「非行少年」と呼ばれる非行少年には該当しないが警察補導される(飲酒喫煙などの)行為を行った少年は「不良行為少年」と呼ばれる

関連サイト
少年法 - e-Gov

非行少年

(ぐ犯少年 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 02:47 UTC 版)

非行少年(ひこうしょうねん juvenile delinquent)とは、日本の少年保護手続における用語の一つであり、犯罪少年、触法少年及び虞犯少年を併せていう。少年法1条にいう「非行のある少年」も同義である。同法3条は、「審判に付すべき少年」との見出しの下に非行少年を定義しているが(他に、同法6条1項も「審判に付すべき少年」という表現を用いている。)、厳密にいうと、審判に付すべき少年には、非行少年のほかに、強制的措置許可申請(同法6条の7第2項)がなされた少年と、保護観察所の長が虞犯通告(犯罪者予防更生法42条1項)をなした保護観察対象者も含まれる。






「非行少年」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぐ犯少年」の関連用語

ぐ犯少年のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぐ犯少年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非行少年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS