黒執事 黒執事の概要

黒執事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/04 08:18 UTC 版)

黒執事
ジャンル ダーク・ファンタジー
サスペンスアクション
シチュエーション・コメディ
漫画
作者 枢やな
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊Gファンタジー
レーベル Gファンタジーコミックス
発表期間 2006年10月号 -
巻数 既刊20巻(2014年12月現在)
関連作品
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

2007年8月10日ドラマCDが発売。2008年2010年にはテレビアニメが放送。2009年5月には舞台が上演された。2014年1月18日に実写映画公開。アニメ新シリーズが2014年7月より放映開始した。

ストーリー

舞台は19世紀末期のイギリス。名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。彼は日頃の執事としての業務は勿論、全てにおいて完璧。幼い領主シエル・ファントムハイヴと共に裏家業である「女王の番犬」として動く。悪魔であるセバスチャンと契約をしたシエルは暗い過去を持っていた。シエルの過去や因縁、事件などに翻弄されつつ、セバスチャンとシエルは難問を解いていく。

登場人物




注釈

  1. ^ ただし、シエルとセバスチャンがサーカス団を抜け出した後にジョーカーを除く1軍メンバー達が行っていた話し合いで、ピーターが「今回の坊や(シエル)の家は近くに街もないし ロンドンにいるウチにやっちまわないと」と言っていることから、行く先々の街で子供を誘拐していたことが推察される[独自研究?]

出典

  1. ^ 『月刊ガンガンJOKER』2015年1月号、スクウェア・エニックス、377頁。
  2. ^ 『月刊ビッグガンガン』2015年Vol.01、スクウェア・エニックス、471頁。
  3. ^ 舞台版ホームページより [リンク切れ]
  4. ^ 『キネマ旬報』2015年3月下旬号、96P。
  5. ^ 水嶋ヒロ、サプライズに号泣「自分が地球上で一番幸せな人」 - モデルプレス
  6. ^ 福田麗、実写版『黒執事』のストーリーが明らかに!映画オリジナル&舞台は近未来(2013年10月24日)、シネマトゥデイ、2014年2月7日閲覧。
  7. ^ a b 壬生智裕、「『永遠の0』50億円突破でV5!『黒執事』は4位に初登場!【映画週末興行成績】」(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。
  8. ^ 剛力彩芽、水嶋ヒロ俳優復帰作『黒執事』で男装の女主人に!(2013年4月5日)、シネマトゥデイ、2014年5月31日閲覧。
  9. ^ 映画「黒執事」主人役・剛力彩芽はファントムハイヴの末裔(2013年4月5日)、コミックナタリー、2014年2月7日閲覧。
  10. ^ Blu-ray / DVD『黒執事 Collector's Edition』特典DVDのビジュアルコメンタリーより。
  11. ^ 水嶋ヒロ主演の映画「黒執事」ドジなメイド役に山本美月(2013年5月16日)、コミックナタリー、2014年2月7日閲覧。
  12. ^ 映画「黒執事」VISUAL BOOK p.77。
  13. ^ この段落の出典。PRODUCTION NOTE、映画『黒執事』公式サイト、2014年2月8日閲覧。
  14. ^ 水嶋ヒロ、『黒執事』は「一番思い入れが強い」 - ぴあニュース - 朝日新聞デジタル&M”. 朝日新聞社. 2014年1月20日閲覧。[リンク切れ]







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

黒執事に関連した本

黒執事に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「黒執事」の関連用語

黒執事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コーカサスオオカブト

マジェスティC

平棚

電解めっき

WS011SH

西表石垣国立公園

システム照明

モハ2形





黒執事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒執事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS