英語アルファベット 文字の出現頻度

英語アルファベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/01 02:15 UTC 版)

文字の出現頻度

英語で最も使われる文字は E であり、最も使われない文字は Z である。

下の表はいくつかの英語の文章のサンプルによる文字の出現頻度である。ただし、頻度は文章の種類によって異なる[3]

N 文字 出現頻度
1 A 8.17%
2 B 1.49%
3 C 2.78%
4 D 4.25%
5 E 12.70%
6 F 2.23%
7 G 2.02%
8 H 6.09%
9 I 6.97%
10 J 0.15%
11 K 0.77%
12 L 4.03%
13 M 2.41%
14 N 6.75%
15 O 7.51%
16 P 1.93%
17 Q 0.10%
18 R 5.99%
19 S 6.33%
20 T 9.06%
21 U 2.76%
22 V 0.98%
23 W 2.36%
24 X 0.15%
25 Y 1.97%
26 Z 0.07%

関連項目




[ヘルプ]
  1. ^ アイルランド英語においてはしばしば。これは、アイルランド語でのこの文字の発音に由来する。
  2. ^ アイルランド英語においてGee /ɡiː/は、陰門の軽蔑的な語である。
  3. ^ アイルランド英語においてはほとんど。オーストラリア英語で時々。
  4. ^ スコットランド英語において
  5. ^ 英語アルファベットでは唯一の、文字名にその文字自体が現れない文字である。かつてはququeといった綴りが使われていたが、16世紀には時代遅れとされていた。
  6. ^ アイルランド英語において
  7. ^ in compounds such as es-hook
  8. ^ 特にアメリカ英語で、くだけた表現では /l/ はしばしば発音されない。一般の口語体の発音は/ˈdʌbəjuː/, /ˈdʌbəjə/, /ˈdʌbjə/のようになり、特にwww.のような用語の中では顕著である。第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュのあだ名は、ミドルネームの"W"から"Dubya"である。
  9. ^ in イギリス英語アイルランド英語イギリス連邦英語英語版において
  10. ^ アメリカ英語において
  11. ^ スコットランド英語において
  1. ^ a b Michael Everson, Evertype, Baldur Sigurðsson, Íslensk Málstöð, On the Status of the Latin Letter Þorn and of its Sorting Order
  2. ^ Apostrophe Definition”. dictionary.com英語版. 2015年6月14日閲覧。
  3. ^ Beker, Henry; Piper, Fred (1982). Cipher Systems: The Protection of Communications. Wiley-Interscience. p. 397.  Table also available from Lewand, Robert (2000). Cryptological Mathematics. The Mathematical Association of America英語版. p. 36. ISBN 978-0883857199. http://books.google.com/books?id=CyCcRAm7eQMC&pg=PA36.  and [1]


「英語アルファベット」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「英語アルファベット」の関連用語





5
8% |||||






英語アルファベットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
1~10位 11~20位 21~30位  
 咲う
 草々
 早々
 アンビバレント
 傭う
 嘲う
 iPad
 Tik Tok
 
 

画像から探す

オリーヴ・ロウズ

知床国立公園

手の骨

脚立

白雪

フレミング

高砂丸

かむろ





英語アルファベットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの英語アルファベット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS