礼真琴 主な舞台

礼真琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 09:32 UTC 版)

主な舞台

初舞台

星組時代

星組トップスター時代




出典

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、100頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i 星組新トップ・礼真琴“新しい星の時代”切り開く「羽根の重みの意味、何かが感じられるはず」スポーツ報知
  3. ^ 「To The Future」『宝塚GRAPH』2011年8月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、69頁
  4. ^ a b c d e f 次期星組トップスターに礼真琴、トップ娘役に舞空瞳日刊スポーツ
  5. ^ a b c d e f g h i j k 「笑」「率」「歌」魅力あふれる三個の礼/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2017年8月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 礼真琴「ロックオペラ モーツァルト」で憧れの念を抱く天才音楽家の生きざまを劇団屈指の豊かな歌声で表現”. スポーツ報知. 2019年11月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 星組次期トップ全国ツアー初主演/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2019年5月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i 星組新トップは考えすぎず「ノンストップ」/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2019年11月14日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 「雪の女王」エルサやりたい/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2014年5月15日閲覧。
  10. ^ a b c 故・大豊氏の娘ら2世勢揃いの新人公演”. デイリースポーツ. 2015年2月24日閲覧。
  11. ^ a b c d e f 女役経験生かし今年は星男/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2016年1月21日閲覧。
  12. ^ 宝塚星組公演開幕!第102期生が春を告げる初舞台ロケットスポーツ報知[リンク切れ]
  13. ^ a b 宝塚星組新トップの紅ゆずる、役作りに珍アピールデイリースポーツ
  14. ^ a b エンターテイメント性に溢れた礼真琴の初東上主演作品!宝塚星組公演『ATERUI-阿弖流為-』 宝塚ジャーナル
  15. ^ a b 凪七瑠海のバウホール公演決定、月組トップコンビの退団日・今後のスケジュールも明らかにステージナタリー
  16. ^ 仙台銘菓「萩の月」 新CMのご案内

注釈

  1. ^ 美弥るりか休演に伴う配役変更で、8/20〜23は壱城あずさの代役としてボールソ役を演じる。


「礼真琴」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「礼真琴」の関連用語

礼真琴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



礼真琴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの礼真琴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS