生成 生成の概要

生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 09:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
画像提供依頼:般若との違いがわかる画像の画像提供をお願いします。2018年9月

角が肉の下で隆起しているだけで[1]、生えかかった短い角が露出している状態を表す[2]。角が本当には生えていないために、「生成」と呼ばれている[1]

常相の女体面の面影をまだ留めているが、般若と異なって大きく口を開いて舌を見せている[2]。『鉄輪』の後ジテなどに用いられている[1]

関連項目


  1. ^ a b c d 戸井田道三「生成」『演劇百科大事典 4』(平凡社、1961年)P280
  2. ^ a b 『岩波講座 能・狂言Ⅳ』(岩波書店、1987年)P224


「生成」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「生成」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生成」の関連用語

生成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS