ディスクジョッキー ディスクジョッキーの概要

ディスクジョッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 19:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ラジオDJ

かつてワシントン ペンシルベニア州に存在していたラジオ局、WKZVで働くラジオパーソナリティ。

ラジオDJ(トークが中心の者も含めた場合、ラジオパーソナリティ)は主にラジオ放送局ラジオ番組で、本人の選曲やリクエスト曲を流す人物・司会者を指す。著名なラジオDJには、ウルフマン・ジャック[1]ジョン・ピール[2]チャーリー・ギレット(英語: Charlie Gillett[3]、ジョン・ピューター[4]ウォルト・ラブ(英語: Walt Love[5]、ドン・トレイシー[6](Don Tracy)、チャーリー・ツナ(英語: Charlie Tuna[7]糸居五郎小林克也ピーター・バラカン八木誠、石田豊[8]大橋巨泉[9]赤坂泰彦 らがいる。

DJのマレイ・ザ・K(英語: Murray the Kは、ビートルズのマネージャーであるブライアンエプスタインに招待され、バンドと一緒に旅行した後、「フィフスビートル」と呼ばれるようになった。著名な米国のラジオ・ディスクジョッキーは、アラン・フリードケイシー・ケイサム英国の海賊ラジオのDJには、BBCブライアン・マシュー(英語: Brian Matthewアラン・フリーマン(英語: Alan Freeman、ラジオ・ロンドンのジョン・ピール、ラジオ・ルクセンブルクのジミー・サヴィルらがいた。

アラン・フリードは、1950年代初頭に彼が音楽を宣伝し、ラジオでロックンロールという用語を導入したことから、一般に「ロックンロールの父」と呼ばれている。フリードはまた、彼のラジオ番組で白人アーティストのカバーバージョンではなく、アフリカ系アメリカ人のアーティストによる音楽を発表する習慣をつけました。フリードのキャリアは、当時非常に物議を醸した慣行であるペイオラを受け入れたことが示され、その結果WABCでの仕事から解雇されたときに終了した。

12月28日はディスクジョッキーの日として一般社団法人 日本記念日協会に登録されている[10]ニッポン放送をキー局としていた番組、オールナイトジョッキーのラジオDJとして貢献した糸居五郎命日でもある[11]

ラジオ・ホストのドン・アイマス2007年4月4日の放送にてラトガース大学女子バスケットボールへの差別発言をした事により局から解雇された[12][13]

ヒップホップDJ

1973年ニューヨークブロンクス区でサウンドシステム活動を開始したジャマイカ移民であるクール・ハークがヒップホップDJの普及者として知られる。クール・ハークが発見したブレイクビーツスクラッチなどの技法が開発され、ヒップホップDJの独自性が高まっていった。他にグランドマスター・フラッシュ、アフリカ・バンバータらがいる。


  1. ^ Wolfman Jack Biography” (英語). IMDb. Amazon.com. 2020年1月27日閲覧。
  2. ^ イギリスの主流から外れた音楽をかけ続けた有名DJ
  3. ^ ルーツミュージックを中心としたイギリス人のDJ
  4. ^ アメリカのオールディーズ番組を担当した
  5. ^ Walt Love.com”. 2020年8月17日閲覧。
  6. ^ FENソウル番組のDJ
  7. ^ FENで朝の番組を担当した
  8. ^ NHKFMの「リスエスト・コーナー」を長く担当した
  9. ^ 「ポップスNO1」ほかの番組を担当した
  10. ^ www.kinenbi.gr.jpにて「ディスクジョッキー」とキーワード検索した結果に表示される記事。ディスクジョッキーの日” (日本語). 一般社団法人 日本記念日協会. 2021年1月5日閲覧。
  11. ^ 伝説のDJ・糸居五郎の初出し秘蔵音源で綴る、珠玉の洋楽ヒット曲集が発売決定!” (日本語). ニッポン放送 NEWS ONLINE. 株式会社ニッポン放送 (2017年11月8日). 2021年1月5日閲覧。
  12. ^ 「アイムス氏は私たちの栄光の瞬間を奪い取った」ラドガーズ大学の女子バスケットボールチームがドン・アイマスの発言を批判」『デモクラシー・ナウ!』、2007年4月11日。
  13. ^ 大人気の毒舌家を没落させた一言」『日経トップリーダー』、2007年4月23日。2021年1月5日閲覧。オリジナルの2010-04-17時点におけるアーカイブ。
  14. ^ Dennis Alcapone『Forever Version』 ライナーノーツ 2007年、Heartbeat
  15. ^ 社名変更のお知らせ” (日本語). AlphaTheta株式会社 (2019年12月27日). 2021年1月5日閲覧。
  16. ^ 商標照会” (日本語). 特許情報プラットフォーム. 2021年1月5日閲覧。 “登録番号 第5449038号”
  17. ^ 012082079 - CDJ” (英語). WIPO Global Brand Database. 世界知的所有権機関. 2020年1月27日閲覧。 “Serial number of the application : 012082079”
  18. ^ 英警官の副業率、生活苦で増加 ウーバー運転手、美容師、映画プロデューサーも」『The Telegraph』、2019年5月11日。2021年1月5日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ DJ Qbertとは、どんなDJ?” (日本語). Red Bull (2015年9月15日). 2021年1月5日閲覧。
  20. ^ DMC World DJ Championships” (英語). Disco Mix Club. 2020年1月27日閲覧。
  21. ^ Red Bull 3Style” (英語). Red Bull. 2020年1月27日閲覧。
  22. ^ ターンテーブリズムと世界一のDJを決定する大会「DMC」について。彼らの想いとJapanファイナル” (日本語). Playatuner. Steezy株式会社 (2017年8月23日). 2021年1月5日閲覧。
  23. ^ 初心者DJ道場 ミキサーを知ろう” (日本語). OTAIRECORD. 2021年1月5日閲覧。
  24. ^ DJミキサー:進化の歴史” (日本語). Red Bull Music Academy (2019年6月14日). 2021年1月5日閲覧。
  25. ^ アナログレコード入門 オーディオ用とDJ用の違い”. カートリッジナビ. 株式会社オーディオテクニカ. 2021年1月5日閲覧。
  26. ^ ダイレクトドライブ デジタルターンテーブル SL-DZ1200(生産終了)” (日本語). パナソニック. 2021年1月5日閲覧。
  27. ^ 松下電器、テクニクスブランドのDJ用CDプレーヤー” (日本語). AV Watch. インプレス (2004年4月9日). 2021年1月5日閲覧。


「ディスクジョッキー」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ディスクジョッキーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディスクジョッキーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディスクジョッキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS