vasopressinとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > vasopressinの意味・解説 

バソプレッシン [4] 【vasopressin】

利尿こうりにようホルモン

バソプレッシン

分子式C43H55N12O12S2
その他の名称:バソプレッシン、Vasopressin、バソプレシン
体系名:Cys(1)-Tyr-Phe-Glu(NH2)-Asp(NH2)-Cys(1)-Pro-Xaa-Gly-NH2


バソプレッシン

同義/類義語:バソプレシン, 抗利尿ホルモン
英訳・(英)同義/類義語:vasopressin, VP

ヒトホルモンで、脳下垂体後葉分泌する血圧上昇ホルモンで抗利尿作用を持つため、抗利尿ホルモンともよばれる
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  ニコチン酸  ネオン  ノルアドレナリン  バソプレッシン  ヒスタミン  ヒドロキシ基  ヒビテン

バソプレッシン

(vasopressin から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/13 06:19 UTC 版)

バソプレシン(: Vasopressin)とは、ヒトを含む多くの動物で見られるペプチドホルモンである。ヒトでは視床下部で合成され、脳下垂体後葉から分泌される。片仮名表記ではバゾプレシン(: Vasopressin)などと書かれることもあり、抗利尿ホルモン(: Antidiuretic hormone:ADH)、血圧上昇ホルモンとも呼ばれる。多くの動物ではアルギニンバソプレッシン(: Arginine vasopressin:VP)だが、ではリシンバソプレッシン鳥類ではアルギニンバゾトシンである。




  1. ^ 利尿を抑えるホルモン"バソプレシン"の脳の中の新たな作用を発見
  2. ^ 赤松繁、小澤修「救急蘇生とバソプレシン -バソプレシンの血管平滑筋細胞における作用および細胞内情報伝達機構と心肺蘇生時における有用性-」、『蘇生』第22巻第1号、日本蘇生学会、 1-7頁、 doi:10.11414/jjreanimatology1983.22.1


「バソプレッシン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「vasopressin」の関連用語

vasopressinのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



vasopressinのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバソプレッシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS