DOS/Cとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > DOS/Cの意味・解説 

DOS/V

(DOS/C から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 17:02 UTC 版)

DOS/Vドスブイ)は、1990年日本アイ・ビー・エムが発表したパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステム通称である。PC/AT互換機上で稼働し、日本語専用のハードウェアを必要とせずに、ソフトウェアだけで日本語表示を可能にした。1991年にはマイクロソフトの日本法人なども発表し、日本でPC/AT互換機が一般に普及する切っ掛けとなった。転じて日本ではPC/AT互換機のことを指して「DOS/V」と呼ばれる場合がある[2][3]


注釈

  1. ^ PS/55はPS/2ベースなので広義ではPC/AT互換機である。
  2. ^ 実際、PC-98以外の国産各社向けWindowsは、PC-98互換機であるセイコーエプソンのEPSON PCシリーズ向けを含めWindows 95で打ち止めになった

出典

  1. ^ 日本アイ・ビー・エム「PS/55に業界最高速モデル登場」『情報科学』第27巻第1号、情報科学研究所、1991年、53-62頁、doi:10.11501/3273712ISSN 0368-3354 
  2. ^ a b 用語解説辞典|NTTPCコミュニケーションズ”. NTTPCコミュニケーションズ. 2012年9月26日閲覧。
  3. ^ a b DOS/Vとは【Disk Operating System/V】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典” (1999年6月1日). 2012年9月26日閲覧。
  4. ^ a b “Special Interview キーマンが語る: 日本IBM情報システム(株) 竹村譲 氏、日本IBM(株) 羽鳥正彦 氏”. The BASIC (技術評論社) 120: 33-40. (1993). 
  5. ^ “戦略研究 パソコンビジネス―日本IBM”. 日経パソコン (日経マグロウヒル) 1986-02-10: 180-184. ISSN 0287-9506. 
  6. ^ 羽鳥, 正彦. “WingBird Lab. by M.hatori: DOS/V”. 2002年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月21日閲覧。
  7. ^ a b “DOS/V 5周年 実録 日本アイ・ビー・エム物語”. ASAHIパソコン (朝日新聞社) 1995-04-01: 142-152. ISSN 0916-0302. 
  8. ^ 羽鳥, 正彦. “DOS/V architecture”. 1999年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月25日閲覧。
  9. ^ 古川享僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史インプレスR&D、2015年。ISBN 978-4-8443-9700-7https://books.google.co.jp/books?id=Vk0pCwAAQBAJ&dq=%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E4%BA%AB%E3%81%AE%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E7%A7%98%E5%8F%B2&hl=ja&source=gbs_navlinks_s 
  10. ^ 「日本IBM、PS/55の新モデル発売」『日本経済新聞』 1990年10月12日朝刊、13面。
  11. ^ 「MIXハイライト:PC AT互換パソコンでDOS/Vが動いた」『日経バイト』 1991年1月号、pp.326-328。
  12. ^ 中沢真也「AX陣営、DOS/V対応に動く―ハード不要の日本語表示を実現へ」『日経バイト』 1991年1月号、pp.128-137。
  13. ^ 『日経バイト』 1991年12月号、p.160.。
  14. ^ 「問:東芝のパソコンはDOS/Vパソコンなの?」『日経パソコン』 1994年1月31日号、pp.202-203。
  15. ^ 成功体験から、産業全体が抜け出せない(8ページ目) | 日経クロステック(xTECH)
  16. ^ DOS/Vパーツ関連 通販  | ビックカメラ.com”. www.biccamera.com. 2023年12月30日閲覧。
  17. ^ DOS/Vパーツ | サンワサプライ株式会社”. www.sanwa.co.jp. 2023年12月30日閲覧。
  18. ^ 株式会社インプレス (2023年12月30日). “【特集】 2023年は「DOS/V」の終焉”. PC Watch. 2023年12月30日閲覧。
  19. ^ a b 小山隆史、柳沢健二 共著『DOS/Vスーパードライバーズ : For the IBM PC and compatibles』ソフトバンク出版事業部〈Softbank books. DOS/V magazineの本〉、1993年5月。ISBN 978-4890523702 
  20. ^ leptonのホームページ - DOS/Vの簡単な歴史(FONTX、DISPVなど)
  21. ^ 小山隆史『DOS/Vスーパードライバーズ32 : For the IBM PC and compatibles』ソフトバンク出版事業部〈Softbank books. DOS/V magazineの本〉、1994年8月。ISBN 978-4890525362 
  22. ^ IBM DOS/V EXTENSION V1.0発表時のプレスリリース
  23. ^ 本間, 健司「バイト・レポート:MSと日本IBMが異なる新DOS/Vを発売へ」『日経バイト』第118巻、日経BP、1993年、94頁、ISSN 0289-6508 
  24. ^ "IBM AS/400 CLIENT ACCESS BRANCHES INTO TWO NEW FAMILIES -- AS/400 CLIENT ACCESS FAMILY FOR WINDOWS"(1997年8月19日)、IBM Corporation、2016年5月28日閲覧。
  25. ^ SurePOS 100 IBM 4613 Point of Sale Terminal Technical Reference” (PDF). IBM Corporation (2007年). 2016年6月18日閲覧。


「DOS/V」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DOS/C」の関連用語

DOS/Cのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DOS/Cのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDOS/V (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS