鰐口とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 音具 > 鰐口の意味・解説 

わに ぐち [0][2] 【鰐口】

神社仏閣正面の軒に、布で編んだ縄とともにつるされた円形扁平中空金属製の音具下方が横に長く裂けている。参詣者が縄でたたいて鳴らす。金口金鼓こんく)。
人の、大きな口をあざけっていう語。
がま口
危険な所。鰐の口。 「急ぎ遁るる-や/浄瑠璃重井筒
恐ろしい、人の言葉。噂(うわさ)。 「神にはあらぬ紙様と世の-に乗る斗/浄瑠璃天の網島
鞍の名所の一。前輪後輪しずわ)との磯の下の馬の背にあたる部分。 → 鞍橋くらぼね

鰐口

読み方:ワニグチ(waniguchi)

社寺向拝にかけた金属製の打器。


わにぐち 【鰐口】

金鼓金口打金とも。寺社軒先掛け前面垂れた繩(緒)で打ち鳴らす金属仏具。鈴を平たくたような形で、大きく口を開いているから鰐口という。

鰐口


鰐口


鰐口

主名称: 鰐口
指定番号 2025
枝番 00
指定年月日 1959.12.18(昭和34.12.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書 奥州会津河庄塔寺八幡宮之鰐口、奉鋳大檀那三浦葦名性覚、大工円性至徳二二年〈丁/卯〉十一月十五日の
員数 1口
時代区分 南北朝
年代 至徳4年(1387)
検索年代
解説文: 南北朝時代作品

鰐口


鰐口

主名称: 鰐口
指定番号 2235
枝番 00
指定年月日 1968.04.25(昭和43.04.25)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書 大鷹宮鰐口、正応年三五日の銘がある
員数 1口
時代区分 鎌倉
年代 正応6年(1293)
検索年代
解説文:  鰐口は神社仏閣堂前の廂の下にかけられ打ち鳴らされるもので、金鼓とも呼ばれている。ここにあげた二口は、共に鎌倉時代大形部類属するもので、その形姿特徴は、対照的である。
 前者は、肩が厚く角が強く張り、面は甲盛りが低く、八葉複弁の撞座【つきざ】だけを肉高に鋳出し豪壮な形姿で、その銘文中に「鰐口」と刻銘された初見例でもあって、貴重な資料である。
 後者は、肩が中央に高く鎬【しのぎ】が立ち、面は豊かに甲盛りがつき、八葉複弁の撞座を中心に二条の圏線を三か所に、耳は片面出しで、総体技巧に富んだ大作で、右肩に「浄福寺金口 文永十年云云」の刻銘があり、総体形姿のよい鎌倉時代文永十年一二七三)の典型的優作である。

鰐口

主名称: 鰐口
指定番号 2237
枝番 00
指定年月日 1968.04.25(昭和43.04.25)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書 浄福寺金口文永十年十一月日の銘がある
員数 1口
時代区分 鎌倉
年代 文永10年(1274)
検索年代
解説文:  鰐口は神社仏閣堂前の廂の下にかけられ打ち鳴らされるもので、金鼓とも呼ばれている。ここにあげた二口は、共に鎌倉時代大形部類属するもので、その形姿特徴は、対照的である。
 前者は、肩が厚く角が強く張り、面は甲盛りが低く、八葉複弁の撞座【つきざ】だけを肉高に鋳出し豪壮な形姿で、その銘文中に「鰐口」と刻銘された初見例でもあって、貴重な資料である。
 後者は、肩が中央に高く鎬【しのぎ】が立ち、面は豊かに甲盛りがつき、八葉複弁の撞座を中心に二条の圏線を三か所に、耳は片面出しで、総体技巧に富んだ大作で、右肩に「浄福寺金口 文永十年云云」の刻銘があり、総体形姿のよい鎌倉時代文永十年一二七三)の典型的優作である。

鰐口

主名称: 鰐口
指定番号 2474
枝番 00
指定年月日 1981.06.09(昭和56.06.09)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書 弘安六年十月十八日大工西善の刻銘がある
員数 1口
時代区分 鎌倉
年代 弘安6年(1283)
検索年代
解説文:  鰐口は始め金鼓【きんこ】、金口【ごんぐ】と称され、堂前につるして打鳴らすのである。これは肩が厚く、甲盛【こうもり】が高く、中央八葉複弁の撞座を鋳出し大形の鰐口である。鎌倉時代以前の鰐口は少ないが、それらの中でも製作が優れ様式鎌倉時代特色がよく示された優品である。
重要文化財のほかの用語一覧
工芸品:  鰐口  鰐口  鰐口  鰐口  鳳凰円文螺鈿唐櫃  鳳凰沈金経箱  鳳凰鎗金経箱

鰐口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/27 07:20 UTC 版)

鰐口(わにぐち)とは仏堂の正面軒先に吊り下げられた仏具の一種である。神社社殿で使われることもある。金口、金鼓とも呼ばれ「鰐口」の初見は正応6年(1293年)銘をもつ宮城県柴田郡大河原町にある大高山神社のもの(東京国立博物館所蔵)。




「鰐口」の続きの解説一覧



鰐口と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鰐口」の関連用語

鰐口のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鰐口のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鰐口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS