排除の論理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 排除の論理の意味・解説 

排除の論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 09:34 UTC 版)

民主党 (日本 1996-1998)」の記事における「排除の論理」の解説

鳩山由紀夫菅直人両名民主党設立する際、新党さきがけ前代武村正義元蔵相や旧日本社会党1996年1月から社会民主党)の村山富市元首相土井たか子らの旧所属政党負のイメージが強い幹部らの入党拒否した。『新党さきがけ』のほぼ全員社民党からは『民主党結党参加した岡崎トミ子らに続き、党所属していた半数上から入党希望発生して当時両院現職国会議員57名と旧社会党支持母体労組で『民主党』は結党された。武村は『新党さきがけ』として丸ごと合流希望したが、『新党さきがけ代表幹事だった鳩山由紀夫幅広い勢力結集目指す個人参加」の新党主張して自身の所属していた『新党さきがけ』の負のイメージ長い間表だった武村ひとりに押し付けた後の10月解散排除され社民党と『さきがけ』は弱小政党転落するが、旧社会党など左派的な議員多数含んでいた民主党はほぼ横ばい52議席獲得して第三極政党になる。排除され武村一度落選後に旧社会党幹部とは違って2001年には民主党へ入党認められる1996年一連の鳩山由紀夫菅直人の手法を指す言葉として排除の論理は使われ年末の「日本新語・流行語大賞」では、鳩山由紀夫唱える友愛と共に1996年の流行語大賞選ばれた社民党村山から土井党首変えたが、第一野党だった時代日本社会党所属していた横路赤松広隆輿石東鉢呂吉雄らや社民党での新人当選者含めた半数以上の35名が党から移籍をした。1998年参院選社民党からは福島みずほらが立候補・当選するが党は野党第一党としての自民党批判票支持母体多数失って低迷した2017年民主党の後続である民進党事実上解体され小池百合子代表による希望の党に合流する際、『排除の論理』が民進党議員適用された。1996年旧社会党などの幹部議員排除したであった菅直人らが、今度排除される側となり、「皮肉な歴史巡り合わせ」と報道された。同年10月2日には民進党内のリベラル議員中心に立憲民主党結成され1998年第2次民主党結成以来続いた旧社会党系と旧民社党系の同居状態は解消された。

※この「排除の論理」の解説は、「民主党 (日本 1996-1998)」の解説の一部です。
「排除の論理」を含む「民主党 (日本 1996-1998)」の記事については、「民主党 (日本 1996-1998)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「排除の論理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「排除の論理」の関連用語

排除の論理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



排除の論理のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの民主党 (日本 1996-1998) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS