吉田英三とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 吉田英三の意味・解説 

吉田英三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/12 09:47 UTC 版)

吉田 英三(よしだ ひでみ[1]1902年明治35年)3月5日 - 1978年昭和53年)4月24日)は、日本海軍軍人海上自衛官。最終階級は海軍大佐海将


[ヘルプ]
  1. ^ 名字の「吉」の正確な表記は「Tsuchiyoshi.svg」(「土」の下に「口」、つちよし、U+20BB7、「𠮷」)である。また、「英三」(ひでみ)は「えいぞう」とも読まれていたようである。
  2. ^ 憲法調査会 『憲法調査会報告書』 大蔵省印刷局 p.153
  3. ^ 昭和13年11月15日 海軍辞令公報号外(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  4. ^ 昭和14年11月15日 海軍辞令公報(部内限)第402号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  5. ^ 昭和16年8月15日 海軍辞令公報(部内限)第691号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081700 
  6. ^ 昭和16年10月11日 海軍辞令公報(部内限)第726号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082700 
  7. ^ 昭和18年5月1日 海軍辞令公報(部内限)第1103号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090800 
  8. ^ 昭和18年5月1日 海軍辞令公報(部内限)第1106号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090800 
  9. ^ 昭和18年7月10日 海軍辞令公報(部内限)第1169号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092100 
  10. ^ 昭和19年4月1日 海軍辞令公報(部内限)第1401号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097000 
  11. ^ 昭和19年8月8日 海軍辞令公報(部内限)甲 第1557号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100400 
  12. ^ 昭和20年4月28日 海軍辞令公報 甲 第1785号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072104500 
  13. ^ 昭和20年7月6日 海軍辞令公報 甲 第1848号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072105900 
  14. ^ 昭和20年7月19日 海軍辞令公報 甲 第1861号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106200 
  15. ^ 昭和20年12月21日 第二復員省辞令公報 甲 第18号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072162100 
  16. ^ 昭和20年12月8日 第二復員省辞令公報 甲 第7号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072162000 
  17. ^ 昭和22年6月6日 復員庁第二復員局辞令公報 第37号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072160600 
  18. ^ 『官報』本紙第7613号(昭和27年5月27日)
  19. ^ 『官報』本紙第13607号(昭和47年5月4日)
  20. ^ 毎日新聞・1978年(昭和53年)4月25日(火)第23面
  21. ^ 『官報』本紙第15396号(昭和53年5月13日)


「吉田英三」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吉田英三」の関連用語

吉田英三のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉田英三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉田英三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS