叩くとは?

はた・く【×叩く】

[動カ五(四)

打ち払う。ほこりなどをたたいて払う。「障子を—・く」

平たいもので打つ。たたく。「ほおを—・く」「布団を—・く」

持っている金を使い尽くす。「財布の底を—・く」

相撲で、はたきこみの技をかける。「—・かれて土俵にはう」

物の表面に、粉などをたたくようにしてつける。「おしろいを—・く」

興行などで)金銭上の欠損を出す。失敗する

「—・きさうな芝居なり」〈黄・艶気焼〉

つき砕く。砕いて細かくする。

枯れた(しきみ)を抹香に—・かせて」〈浮・新永代蔵

[可能] はたける


たた・く【×叩く/×敲く】

[動カ五(四)

㋐手や道具用いて打つ。また、続けて、あるいは何度も打つ。「ハエを—・く」「肩を—・く」

打って音を出す。「手を—・いて呼ぶ」「太鼓を—・く」

強く打つ。なぐる。ぶつ。「棒で—・く」「尻を—・く」

さかんに当たる。雨・風打ちつける。「窓を—・く

魚肉包丁で打つようにして細かく切ったり柔らかくしたりする。「アジを—・く」

攻撃加え相手負かすやっつける。「敵の精鋭を—・く」「出はなを—・く」

厳し仕込む鍛える。「新弟子のうちに—・いておく」

相手言論文章などを徹底的に批判する。強く非難する。「新聞に—・かれる」

相手考えを聞いたり、ようすを探ったりする。打診する。「先方意向を—・く」

値段をまけさせる。値切る買いたたく。「二束三文に—・いて買う」

すっかり使ってしまう。はたく。「財布の底を—・く」

多く「…口をたたく」の形で)さかんに、またいろいろに言う。「むだ口を—・く」「陰口を—・く」

(「門をたたく」などの形で)教えを請うためにたずねる。「師の門を—・く」

扇子などで演台をたたくところから》講談を演じる。「一席—・く」

10 将棋で、歩(ふ)を打ち捨てる

11鳴き声が戸をたたく音に似ているところから》クイナ鳴く

早苗とるころ、水鶏(くひな)の—・くなど」〈徒然一九

→打つ[用法]

[可能] たたける

[下接句] 頤(おとがい)を叩く・口を叩く・尻(しり)を叩く・底を叩く太鼓を叩く出端(ではな)を叩く・門を叩く


たた・く【叩・敲】

〔他カ五(四)

何度も繰り返して打つ。続けて打つ。→補注。

古事記(712)上・歌謡「栲綱(たくづの)の 白き腕(ただむき) そだたき 多々岐(タタキ)まながり」

大鏡(12C前)五「をのをのたちかへりまいりたまへれば、御あふぎをたたきてわらはせ給に」

② (手などを)打ち合わせて音を出す。

宇津保(970‐999頃)楼上下「さるべきことあらんには、つりどのにて手をたたけ

強く相手を打つ。なぐる。ぶつ。また、打撃与える。やっつける。

天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「イヌワ ウッテモ tataitemo(タタイテモ) クチゴタエモ セズ」

春の城(1952)〈阿川弘之〉一「フィリッピン米空軍立ち上る前に完全に叩かれた」

④ 物を打つようにする。

(イ) 物を打つような動作をする。

書紀720神代上(兼方本訓)「時に鶺鴒(とつきとり)有り飛び来り其の首尾を揺(タタク)(〈別訓〉うこかす、はたらかす)」

(ロ) 風やが物に強くあたる。

千載(1187)春上・二「みむろ山谷にや春の立ぬらん雪の下岩たたくなり〈源国信〉」

(5) 戸などを続けて打つような音を出す。水鶏(くいな)の鳴くのにいう。

蜻蛉(974頃)中「くひなはそこと思ふまでたたく」

徒然草1331頃)一九五月あやめふく比、早苗とるころ、水鶏のたたくなど、心ぼそからぬかは」

(6)多く口をたたく」の形で) しゃべる。

玉塵抄(1563)一一「女はかしまし口をたたく者なり」

(7) 相手考え聞いてみたり、物事の状態を調べたりする。

論語古義(1712)五「叩、発動也。叩両端而竭者、言終本末尽也」

福翁自伝(1899)〈福沢諭吉緒方塾風一歩を進めて当時書生心の底を叩(タタ)いて見れば、自から楽しみがある」

(8) 手きびしく非難する。

百丈清規抄(1462)二「わるい処をたたいて玉成せうとてぞ」

破垣(1901)〈内田魯庵〉二「剔抉(すっぱぬき)を専門とする新聞二三度叩かれた事はあるが」

(9) スポーツ勝負事相手負かす

(10) 相手方の言う値段条件などを引き下げさせる。

真理の春(1930)〈細田民樹コンツェルン一度売物出しては、安値に叩(タタ)かれるし」

(11) 非常に安く売る。たたき売る

浄瑠璃花襷会稽褐布染(1774)七「弟めは捻殺(ねぢころ)し、姉めは胴がらをたたく分ん別」

(12) すっかり使い果たす。「底をたたく

(13) きびしく仕込むたたきあげるたたきこむ

(14) (「手をたたく」から) 売買成立することをいう、酒問屋仲間の語。

洒落本仕懸文庫(1791)二「ちっともいくやつは鍋町かすじけへか来たら門前たたかふとおもひやす〈もんぜんはたたきばなしにうるといふこと たたかふとは手をたたかふといふ事〈略〉〉」

(15)太鼓をたたくところから) 芝居などを興行する。また、巡業する。比喩的に、つくりごとを言ったりしてだましすかすことをもいう。

滑稽本戯場粋言幕の外(1806)下「春狂言が大あたりで、半年の余も曾我たたいた

(16) (「太鼓をたたく」から) 他人の言うことに調子を合わせておべっかを言う。

坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「なある程こりゃ奇絶ですね〈略〉此儘にして置くのはと野だは大にたたく」

(17) 神仏深く信仰する。心底から祈願する。

新猿楽記(1061‐65頃)「叩千社躍、捧百幣走」

(18) 将棋で、歩の手筋の一つ。駒の利きをかえたり駒組みを乱すために直接相手陣の駒の頭に歩を打つ。

(19) 性交する。

雑俳川柳万句合安永七(1778)四「見るはほうらくたたくには五十もん」

(20) 脅迫したり、強盗窃盗を行なったりすることをいう、盗人仲間隠語

いやな感じ196063)〈高見順〉三「俺を何かタタク(おどかす)気か」

[補注]①の「古事記」の例は、「ただく」と読んで「手で抱く」の意とする説もある。


はた・く【叩・砕】

1⃣ 〔他カ五(四)

① 搗(つ)く。砕く。搗き砕く。砕いて粉末にする。粉にする。〔運歩色葉(1548)〕

上杉家文書‐(年月日未詳)(江戸鉄砲一巻之事「毎日はたかせ申事、はたき申者は御足軽衆之内年寄

うち払う。払いのける。ごみやほこりをたたいて落とす。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「敷ぶとんで銭箱の上をはたきながらすはる」

③ たたく。平たいもので打つ。なぐる。

五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉三「空に飛び交ふ赤蜻蜓を撲(ハタ)いて取らうと」

④ すっかりなくしてしまう。財産持ち金知恵などを使い尽くす。払い尽くす。

滑稽本和荘兵衛後篇(1779)二「大の字で食(めし)を五人前づつはたきまするといふたが」

(5) 身に受ける。蒙る

*踊之著慕駒連(1854‐61頃)「衆人中に強恥はたくよ」

(6) しくじる。失敗するやりそこなう損するまた、不評蒙る

浮世草子当世芝居気質(1777)一「我場に成て胸だくだく、どうぞはたかねばよいがと思ふ心を」

(7) 値切る値段安くさせる。まけさせる。

(8) 口に出す。吐く。ほざく。ぬかす。

洒落本・まわし1789)「いいかげんに口をはたきやァがれ」

(9) 相撲で、相手の首や肩を上からたたいて前に倒す技をかける。

相撲講話1919)〈日本青年教育会〉常陸爛熟時代「突勝って進む鼻を、駒ははたいたが、太刀はよく残してつけ入り

2⃣ 〔他カ下二〕 (手や足を)のばしたりひろげたりする。〔日葡辞書(1603‐04)〕


たた(叩)く

ふたつ意味があり、ひとつはレース中気合を入れるために馬にムチを入れること。もうひとつ休み明けレースを使うときに使うが、この場合仕上がり途上のときに用いることが多い。「休み明け一度たたく」といったように使われる。


叩く(タタク)

読み方:たたく

  1. 安値の上安値をつけて売崩す
  2. タタク安値の上安値をつけて売崩すこと。
  3. 僅少売物でなるべく値を安くつけるやうにすること。

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

たたき (曖昧さ回避)

(叩く から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 05:22 UTC 版)

たたき叩き動詞たたく叩く連用形。そこから派生して様々な意味の名詞として用いられる。




「たたき (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

叩く

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:56 UTC 版)

漢字混じり表記

叩く(たたく)

  1. たたく 参照





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「叩く」の関連用語

叩くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



叩くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのたたき (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの叩く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS