叩くとは?

はた・く【×叩く】

[動カ五(四)]

打ち払う。ほこりなどをたたいて払う。「障子を―・く」

平たいもので打つ。たたく。「ほおを―・く」「布団を―・く」

持っている金を使い尽くす。「財布の底を―・く」

相撲で、はたきこみの技をかける。「―・かれて土俵にはう」

物の表面に、粉などをたたくようにしてつける。「おしろいを―・く」

興行などで)金銭上の欠損を出す。失敗する

「―・きさうな芝居なり」〈黄・艶気焼〉

つき砕く。砕いて細かくする。

枯れた(しきみ)を抹香に―・かせて」〈浮・新永代蔵

[可能] はたける


たた・く【×叩く/×敲く】

[動カ五(四)]

㋐手や道具用いて打つ。また、続けて、あるいは何度も打つ。「ハエを―・く」「肩を―・く」

打って音を出す。「手を―・いて呼ぶ」「太鼓を―・く」

強く打つ。なぐる。ぶつ。「棒で―・く」「尻を―・く」

さかんに当たる。雨・風打ちつける。「窓を―・く

魚肉包丁で打つようにして細かく切ったり柔らかくしたりする。「アジを―・く」

攻撃加えて相手負かすやっつける。「敵の精鋭を―・く」「出はなを―・く」

厳し仕込む鍛える。「新弟子のうちに―・いておく」

相手言論文章などを徹底的に批判する。強く非難する。「新聞に―・かれる」

相手考えを聞いたり、ようすを探ったりする。打診する。「先方意向を―・く」

値段をまけさせる。値切る。買いたたく。「二束三文に―・いて買う」

すっかり使ってしまう。はたく。「財布の底を―・く」

多く「…口をたたく」の形で)さかんに、またいろいろに言う。「むだ口を―・く」「陰口を―・く」

(「門をたたく」などの形で)教えを請うためにたずねる。「師の門を―・く」

扇子などで演台をたたくところから》講談を演じる。「一席―・く」

10 将棋で、歩(ふ)を打ち捨てる

11鳴き声が戸をたたく音に似ているところから》クイナ鳴く

早苗とるころ、水鶏(くひな)の―・くなど」〈徒然一九

→打つ[用法]

[可能] たたける

[下接句] 頤(おとがい)を叩く・口を叩く・尻(しり)を叩く・底を叩く太鼓を叩く出端(ではな)を叩く・門を叩く


たた(叩)く

ふたつ意味があり、ひとつはレース中気合を入れるために馬にムチを入れること。もうひとつ休み明けレースを使うときに使うが、この場合仕上がり途上のときに用いることが多い。「休み明け一度たたく」といったように使われる。


叩く(タタク)

読み方:たたく

  1. 安値の上安値をつけて売崩す
  2. タタク安値の上安値をつけて売崩すこと。
  3. 僅少売物でなるべく値を安くつけるやうにすること。

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

叩く

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:56 UTC 版)

漢字混じり表記

叩く(たたく)

  1. たたく 参照





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「叩く」の関連用語

叩くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



叩くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2020 Japan Racing Association.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの叩く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS