水鶏とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 水鶏 > 水鶏の意味・解説 

くいな くひな [0][1] 【〈水鶏〉・〈秧鶏〉】

ツル目クイナ科鳥の総称日本古来鳴き声を「叩(たた)く」と表現されたのは夏鳥であるヒクイナ[季] 夏。 「早苗とるころ、-のたたくなど、心ぼそからぬかは/徒然 19
クイナ科全長30センチメートル 内外で、尾が短く、足の指が長い。背は茶褐色黒褐色の細かい斑があり、顔から胸にかけ青灰色湿地水辺草むらにすむ。日本では北海道東北一部繁殖し、本州中部以南では冬鳥フユクイナ

すい けい [0] 【水鶏】


水鶏

読み方:スイケイ(suikei)

ツル目クイナ科鳥の総称


水鶏

読み方:クイナ(kuina)

クイナ科

学名 Rallus aquaticus


水鶏

読み方:クイナ(kuina)

クイナ科水辺にすむ

季節

分類 動物


水鶏

読み方:クイナ(kuina)

作者 井伏鱒二

初出 昭和7年

ジャンル 随筆


クイナ

(水鶏 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/11 16:33 UTC 版)

クイナ(水鶏[1]、秧鶏[1]、水雉[2]Rallus aquaticus)は、ツル目 クイナ科 クイナ属に分類される鳥類。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 広辞苑 第5版』 岩波書店、「くいな」
  2. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、134-135頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、58頁。
  4. ^ a b c d e f 環境庁 『日本産鳥類の繁殖分布』、大蔵省印刷局1981年
  5. ^ a b c d e f g 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、165頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥I』、平凡社1986年、185頁。
  7. ^ a b c d e f g h 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、199頁。
  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2009. Rallus aquaticus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.


「クイナ」の続きの解説一覧



水鶏と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水鶏」の関連用語

水鶏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水鶏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクイナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS