チオ硫酸塩とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > チオ硫酸塩の意味・解説 

チオ硫酸塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/24 13:55 UTC 版)

チオ硫酸塩(チオりゅうさんえん、: thiosulfate)は、硫黄オキソアニオンチオ硫酸イオン S2O32- を含むである。接頭辞「チオ」は、硫酸イオン酸素原子が硫黄原子で置換されたものであることを示している。チオ硫酸塩は自然に存在し、ある特定の生化学的プロセスによって生成される。銀鉱石の精錬、皮革製品の製造、繊維への染料の定着などに使われる。また、チオ硫酸ナトリウムは写真撮影においてハイポと呼ばれ、現像後の白黒ネガの定着剤として用いられた。今は3〜4倍速く反応する「迅速定着剤」としてチオ硫酸アンモニウムが使われている[1]。いくつかのバクテリアはチオ硫酸塩を代謝することができる[2]




「チオ硫酸塩」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チオ硫酸塩」の関連用語

チオ硫酸塩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チオ硫酸塩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチオ硫酸塩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS