きららとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > きららの意味・解説 

きらら【雲母】

雲母(うんも)のこと。きら。


きら‐ら【煌━】

〔副〕 (「と」を伴って用いることもある) きらきら輝いているさまにいう語。

浄瑠璃文武五人男(1694)名所尽し「ゆふひあさひのうつろひに、きららとみゆるきららざか


きらら【雲母】

〔名〕 (きらめくところから)

① 雲母(うんも)をいう。きら。きらいし。〔十巻本和名抄(934頃)〕

昆虫「しみ(衣魚)」の異名

雑草園山口青邨〉(1934)昭和四年「ひもとける金槐集きららかな」

中国産するという美しい石の名。玫瑰(まいかい)。


900系

901-902号車車体色メ ープルレッド)
903-904号車車体色メ ープルオレンジ)
これまでの叡山電車車両とは違う乗るだけで旅気分を味わえるそんな車両です。車内から景色を十分に楽しんで頂ける大きな窓そして、その景色展望できるように座席配置特色持たせています。
また、連結部分にはチャットコーナーと名付けられたテーブルコーナーがあります
形式 デオ900形
車両番号 901903 902・904
車種 Mc
両数(両)
定員(人) 8529
自重( t ) 30.4
最大寸法 長さ(m) 15.7
(m) 2.69
高さ(m) 4.12
ブレーキ方式 電気指令式空気ブレーキ発電ブレーキ直通予備ブレーキ
制御方式 抵抗制御・直並列制御・弱界磁制御
主電動機形式 TDK-8565-B
主電動機出力kW 53×4
主電動機歯車比 4.94
台車形式 KD-232
台車固定軸距 (mm) 1900
台車ボギー台車中心間隔(mm) 10200
台車車輪径(mm) 760
駆動方式 カルダン
補助電源装置 出力kVA 44
方式 静止型インバーター
空気圧縮機 形式 HB-1500
出力容量kW
列車無線
冷房装置
連結器 自動密着永久連結面は棒連結器
製造初年年月 平成9年10月
デットマン装置
備考 車椅子スペース設置
ワンマン仕様
ワンマン仕様

きらら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/15 03:16 UTC 版)

本項目ではきららキララ雲母、その他「きらら」と読むものについて列挙する。




「きらら」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きらら」の関連用語

きららのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きららのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
叡山電鉄叡山電鉄
Copyright(C)1997-2021 Eizan Electric Railway Co.,Ltd.All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきらら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS