算盤の書とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 算盤の書の意味・解説 

算盤の書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/13 16:38 UTC 版)

算盤の書(そろばんのしょ、Liber Abaci)は、1202年フィボナッチによって書かれた算術に関する歴史的な本である。計算の書(けいさんのしょ)とも。この作品においてフィボナッチはアラビア数学ヨーロッパに紹介した。これらの知識はフィボナッチが父親のグリエルモ・ボナッチオと共に北アフリカに住んでいた時、アラブ人と学んだものである。




「算盤の書」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「算盤の書」の関連用語

算盤の書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

斜め包み

オーストラリアンフットボール

結婚祝い

痩男

リーンウィズ

能登半島国定公園

小物用

エピヌス





算盤の書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの算盤の書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS