温室効果とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 温室効果の意味・解説 

おん しつこうか をん-かうくわ [5] 【温室効果】

ガラス大気中の水蒸気二酸化炭素など,太陽光のような可視光線は通すが赤外線吸収するような物質存在することによって,その内側温度の上昇をもたらすこと。

温室効果(おんしつこうか)

地球は、たえず太陽光線を受けて暖められる。しかしその熱はじきに宇宙空間に出ていく。このため地球温度均衡が保たれている。ところが、最近になって「温室効果」が問題になってきた。これは平均気温上昇するなど、地球暖かくなる状況のことだ。

地球温暖化主な原因二酸化炭素だ。近代以降石油石炭などの化石燃料をたくさん使うようになり、大気中の二酸化炭素増加した。

二酸化炭素は、赤外線吸収して熱を大気中に閉じ込める性質がある。そうすると、入ってきた熱が宇宙に出なくなる。つまり、地球全体巨大温室に覆われたかのようになる。これによって大気温度上昇する。

地球温暖化がすすむと、気候変化して農業生産影響がでてくる。また海面水位上昇すると、低地水没する原因になる。

対策として、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のような国際機関設けられている。これは地球温暖化みんなで勉強し、対策を練ろうというものだ。約1000人にのぼる世界中科学者専門家参加している。

地球温暖化対す対策が始まったのは、ここ最近だ。国際的取り組みとしては、1992年気候変動枠組み条約条約最初だ。この条約には、同年サミット155か国が署名した。

(2000.09.14更新


温室効果

大気中の微量ガス地表面から放出される赤外線吸収して,宇宙空間逃げる熱を地表面に戻すために,気温上昇する現象をいいます。赤外線吸収する気体には,水蒸気二酸化炭素フロンガスなどがあります近年人工源の二酸化炭素などが増加しており,気候温暖化する可能性指摘され,二酸化炭素発生量を減らそうという動きが始まっています。

温室効果 (おんしつこうか)

 地球上の大気は、日射はほとんど透過するが、地表からの赤外放射はその多く部分吸収して地球保温する働きがある。これを温室効果という。地球大気主成分であるN2O2は、赤外放射に対して透明でこの働きがないが、CO2水蒸気その他の微量成分メタンフロン一酸化二窒素(N2O)、オゾンなど)はこの機能をもつ。CO2、その他のガス人為的排出による温室効果による気温改変が、地球環境上大きな問題となっている。

温室効果

本来であれば宇宙空間放出される赤外線を、大気中の気体吸収して気温上昇する現象をいう。赤外線吸収しやすい気体京都議定書温室効果ガスとして排出規制されている。近年温度上昇人類放出している温室効果ガスに因るのではないかとの学説がある。

温室効果 (おんしつこうか)

 大気中に温室効果気体があると、地球温室のようになって気温上がります。この現象を温室効果と呼びます。
 可視光を含む太陽からの短波放射は、大気中を比較妨げられることなく通過して地表達します。一方地表面から放出される赤外放射は、大気中の温室効果気体によってその一部吸収され、その後に放射されます。その結果地表面下層大気は、新たに放射エネルギーを受け取ることになり、温度上昇します。
 地球温暖化は温室効果によるものです。

温室効果 green house effect

地球大気太陽熱エネルギー捕捉して、温室ガラス天井や壁のような働きをすること。地球からの長波長の放射地球大気水蒸気オゾン炭酸ガスによって吸収され、再び地表面に向かって放射されるので、地表面太陽放射で受けるよりも多く放射エネルギーを受けることになる。地球上の人活動、特に、石炭石油などの化石燃料燃焼炭酸ガスいわゆる温室効果ガス大気中に放出してその濃度増加させ、地球全体平均温度上昇させている。太陽系では、金星が温室効果の影響最大に被った惑星である。

温室効果

英訳・(英)同義/類義語:Greenhouse effect

大気二酸化炭素などの温室効果ガス濃度が高まることにより、地球表面からの熱放射抑制されて地表温度上昇する効果
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  延髄反射  黄体化  温覚  温室効果  温点  化学コミュニケーション  化学結合

温室効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/05 07:34 UTC 版)

温室効果(おんしつこうか)(英:Greenhouse effect)とは、大気圏を有する惑星の表面から発せられる放射電磁波により伝達されるエネルギー)が、大気圏外に届く前にその一部が大気中の物質に吸収されることで、そのエネルギーが大気圏より内側に滞留し結果として大気圏内部の気温が上昇する現象。




  1. ^ 田近英一、『地球環境46億年の大変動史』p28ほか、株式会社化学同人、2009年5月30日、ISBN978-4-7598-1324-1



温室効果

出典:『Wiktionary』 (2011/08/29 08:06 UTC 版)

名詞

温室 効果おんしつこうか

  1. 大気を持つ惑星表面から発せられる放射一部温室効果ガス吸収することにより、熱を大気中に留め気温上昇させる現象

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

温室効果に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「温室効果」の関連用語

温室効果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フォレスター

ケンサキイカ

コモングサ

停車可

敷設艦「むろと」型

半潜水型ターレット荷役

利賀ふれあいの森

関西型宮型霊柩車





温室効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2017 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2017 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2017.
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの温室効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの温室効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS